みんなのランキング

大江健三郎の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は? 大江健三郎おすすめ作品

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数2
投票参加者数1
投票数2

日本を代表する作家として活躍し続けている大江健三郎。過去には、芥川龍之介賞やノーベル文学賞を含む、多くの賞を受賞しています。そこで今回は、彼の執筆する本に注目し「大江健三郎の書籍人気ランキング」をみんなの投票で決定します!芥川賞にノミネートされたデビュー作『死者の奢り』をはじめ、『見るまえに跳べ』、『万延元年のフットボール』など代表作はランクインしたのか!あなたがおすすめしたい作品も教えてください。

最終更新日: 2020/11/06

ランキングの前に

1分でわかる「大江健三郎」

最年少で芥川賞を受賞した、大江健三郎

1935年、愛媛県出身の大江健三郎。1957年、東京大学新聞に掲載された小説『奇妙な仕事』が脚光を浴びたことを機に、文芸雑誌「文學界」に『死者の奢り』を発表し、作家デビューを果たします。翌1958年には短編小説『飼育』で芥川賞を23歳で受賞。これは当時最年少での受賞となり注目を集めました。その後は、秀作10編から構成される短編集『見るまえに跳べ』(1958年)や、戦後の日本文学を代表する作品のひとつとして上げられる『万延元年のフットボール』(1967年)など、豊富な外国文学の読書経験で練り上げた独自の文体で描かれた作品を発表。彼の作品は、海外でも高い評価を得ています。また、民主主義者として社会・政治問題についても積極的に発言しており、評論や随筆も数多く手がけています。

大江健三郎の受賞歴

前項で述べた芥川賞のほかにも多彩な賞を数多く受賞している大江健三郎。1994年には、日本人として2人目となるノベール文学賞を受賞し注目を集めました。1964年には『個人的な体験』で第11回新潮社文学賞、1973年には『洪水はわが魂に及び』で第26回野間文芸賞を獲得するなど、現代日本文学を代表する作家の一人として高い評価を得ています。

関連するおすすめのランキング

ほかの作家のランキングも必見!

太宰治の書籍ランキング

三島由紀夫の書籍ランキング

谷崎潤一郎の書籍ランキング

このランキングの投票ルール

本ランキングにおける大江健三郎の書籍の投票範囲は、彼が手がける作品です。共著や評論、エッセイなどの作品にも投票が可能です。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

ほかの作家のランキングも必見!

太宰治の書籍ランキング

三島由紀夫の書籍ランキング

谷崎潤一郎の書籍ランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ