みんなのランキング

内田康夫の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

鐘死者の木霊平家伝説殺人事件後鳥羽伝説殺人事件

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数4
投票参加者数1
投票数4

今回はそんな『内田康夫の人気作品ランキング」を決定!日本を代表する旅情ミステリー作家として知られ、多くの作品がドラマ化されている内田康夫。その名を世に知らしめた大人気シリーズ『浅見光彦』の第1作目で、自身の商業デビュー作である『後鳥羽伝説殺人事件』や、光彦とヒロインが唯一恋に焦がれる名作『平家伝説殺人事件』など、数多くの人気作があるなかから1位に選ばれるのは?あなたがおすすめする内田康夫の作品を教えてください!

最終更新日: 2021/02/22

ランキングの前に

1分でわかる「内田康夫」

浅見光彦シリーズの生みの親「内田康夫」

孤道

孤道
(引用元: Amazon)

1934年生まれ、東京都出身の「内田康夫」。1980年にデビュー作にして、「信濃のコロンボ」シリーズの第1作目『死者の木霊』を執筆します。この『死者の木霊』が新聞に掲載されたことをきっかけに、内田康夫は世間から注目され始めました。そして1985年には大人気シリーズ浅見光彦作品の第1作目『後鳥羽伝説殺人事件』を発表。のちに浅見光彦シリーズはテレビドラマ化され、人気サスペンスドラマとしてお茶の間に広く浸透します。さらに浅見光彦シリーズは、映画化された『天河伝説殺人事件』やファンが多いと言われる『平家伝説殺人事件』、浅見光彦シリーズの最後の事件で内田の遺作『孤道』などの名作が世に送り出されました。

遺作の続きを一般公募

浅見光彦シリーズ最後の事件で内田康夫の遺作『孤道』。この作品を連載中に内田は脳梗塞で執筆が困難な状況になりました。そこで一旦『孤道』の途中までを単行本として出版。その続きを公募するというプロジェクトが実施されました。残念ながら内田康夫は完結編を見られることなく、旅立ってしまいます。しかし、作者本人が熱望した作品の完結を、長年内田を支え続けたファンが助けた形になりました。

関連するおすすめのランキング

内田康夫の作品は何位にランクイン?

サスペンス・ミステリー小説ランキング

他の人気作家のランキングはこちら

宮部みゆきおすすめ作品

アガサ・クリスティの書籍ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは内田康夫が手掛けたすべての作品が投票対象です。短編やエッセイ、共著にも投票可能です。あなたの好きな内田康夫の作品に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1平家伝説殺人事件

平家伝説殺人事件

引用元: Amazon

銀座のホステス萌子は、三年間で一億五千万になる仕事という言葉に誘われ、偽装結婚をするが、周囲の男たちが次々と不審死を遂げ……シリーズ一のヒロイン、佐和が登場する代表作。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

2死者の木霊

死者の木霊

引用元: Amazon

すべてはここから始まった。国民的推理作家が誕生した衝撃デビュー作! 信州の松川ダムでばらばら死体が見つかる。借金がらみの単純な殺人事件と見えたが…。警視庁の切れ者岡部警部と信濃のコロンボ竹村警部が共演した衝撃のデビュー作。 (引用元: Amazon)

もっと見る

3後鳥羽伝説殺人事件

後鳥羽伝説殺人事件

引用元: Amazon

芸備線の三次駅で若い女の絞殺死体が発見された。 被害者は“後鳥羽伝説”のti地を訪ね終え、尾道から東京へ帰る予定だった。 その彼女がなぜ三次で殺されたのか? 名探偵・浅見光彦が初めて登場し大活躍する本作は、著者自ら会心の作と言い切る記念碑的作品!(引用元: Amazon)

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ