みんなのランキング

歴代最強の遊撃手ランキング!みんなの投票で決定!

松井稼頭央坂本勇人井端弘和高橋慶彦

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数10
投票参加者数53
投票数115

最終更新日: 2021/10/05

このお題はんげーさんが作成

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1坂本勇人

坂本勇人

引用元: Amazon

坂本 勇人(さかもと はやと、1988年12月14日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 2016年にセントラル・リーグの遊撃手史上初となる首位打者を獲得。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

2松井稼頭央

松井稼頭央

引用元: Amazon

松井 稼頭央(まつい かずお、本名:松井 和夫(読み同じ)、1975年10月23日 - )は、大阪府東大阪市出身の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投両打)・コーチ。現在は埼玉西武ライオンズの二軍監督。 1994年にNPBの西武ライオンズに入団。1997年に石毛宏典が着用していた背番号「7」を着用し、2003年に西武を退団するまでの7年間でチームの中心選手として3度のリーグ優勝に貢献したことで「(二代目)ミスターレオ」と呼ばれた。 2004年にMLBのニューヨーク・メッツに移籍して日本人初の内野手メジャーリーガーとなり、MLBでは7年間プレーした。2011年から東北楽天ゴールデンイーグルスに入団して日本球界に復帰し、2013年のチーム初のリーグ優勝・日本一に貢献。楽天には2017年まで7年間在籍し、2018年には古巣の西武に復帰。同年は西武で自身5度目、西武在籍時では自身4度目となるリーグ優勝を経験し、この年限りで現役を引退した。 シーズン長打NPB記録保持者。妻はタレントの松井美緒。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

3井端弘和

井端弘和

引用元: Amazon

井端 弘和(いばた ひろかず、1975年5月12日 - )は、神奈川県川崎市川崎区出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)。現在は野球日本代表コーチ、野球解説者、野球評論家、YouTuber。 中日ドラゴンズ時代は同僚の荒木雅博と共に「アライバコンビ」の愛称で親しまれた。妻は元テレビ朝日アナウンサーの河野明子。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

5高橋慶彦

高橋慶彦

引用元: Amazon

高橋 慶彦(たかはし よしひこ、1957年3月13日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手、外野手)、野球指導者・解説者・評論家である。現在のマネジメント契約は日本電波制作社。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

6宮本慎也

宮本慎也

引用元: Amazon

宮本 慎也(みやもと しんや、1970年11月5日 - )は、大阪府吹田市出身の元プロ野球選手(内野手)、プロ野球コーチ。元日本プロ野球選手会会長。 現役時代は一貫して、ヤクルトスワローズ→東京ヤクルトスワローズに在籍。アテネオリンピック野球日本代表(2004年)・北京オリンピック野球日本代表(2008年)ではキャプテンを務め、2009年から現役最終年の2013年までは、一軍打撃コーチも兼務した。2014年からは、日刊スポーツの野球評論家やNHKの野球解説者として活動し、2018年と2019年は東京ヤクルトスワローズの一軍ヘッドコーチに就任していた。 シーズン67犠打の日本記録保持者。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

9山下大輔

生年月日 / 星座 / 干支1952年3月5日 / うお座 / 辰年
プロフィール1974年、大洋ホエールズ入団(ドラフト1位)。1977年~1978年、連続守備機会無失策日本記録(322)を記録する。1988年、現役引退。以降、横浜ベイスターズ監督、東北楽天ゴールデンイーグルスヘッドコーチを経て、2009年よりメジャーリーグのロサンゼルス・ドジャース傘下ルーキーリーグチームの守備コーチに就任。その他、野球解説、TV番組コメンテーター、野球教室などイベント、講演会などでも活躍する。
代表作品TBSラジオ『エキサイトベースボール』
NHK『プロ野球』
評論『日刊スポーツ』

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ