1. トップ
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 歴代サッカー選手ランキング
  5. カチャピンさんのランキング

ランキング結果をSNSでシェアしよう

あなたもランキングを作りませんか?

自分のランキングを作って投票

カチャピンさんのランキング詳細・コメント

1ディエゴ・アルマンド・マラドーナ(Diego Armando Maradona)

神の子を越えるのは神の子しかいない

20世紀を代表するスーパースターの中のスーパースター
技術、カリスマ性、そしてスキャンダルも含めどれも超一流!
それはメッシとてマラドーナの領域には到達していない

2ジネディーヌ・ジダン(Zinedine Zidane)

トリコロール、銀河系白い巨人のリーダー

フランスを悲願のワールドカップ初優勝に導いた一番の立役者!
1990年代後半~2000年代前半を代表するプレイヤー

3ローター・ヘルベルト・マテウス(Lothar Herbert Matthäus)

マラドーナも認めたピッチの闘将

ドイツ代表(西ドイツ時代含む)150試合、ワールドカップ5大会連続出場、ワールドカップ出場試合数25試合はいずれも最多記録
代表、バイエルン、インテルなどでキャプテンを務め多くのタイトルを獲得した
マラドーナに「自分が対峙した中で最高の選手」と言わしめる程だった

4三浦知良

三浦知良

引用元: Amazon

三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手、元フットサル選手。J1リーグ・横浜FC所属。ポジションは左ウイング、センターフォワード(日本帰国後)。妻はタレント・ファッションモデ...

もっと見る

言わずと知れた日本サッカー界のキング

まだJリーグがスタートするすこし前、ブラジルから読売クラブ(現東京ヴェルディ)に移籍したカズが低迷する日本サッカー界を盛り上げてくれた
正に日本サッカー界の希望の光だった!
そして瞬く間に代表のエースに君臨し、Jリーグ開幕後はブームを牽引
初のセリエAの日本人選手となり日本人選手のイタリアへの門戸を開いた
近代、日本のサッカーが急速発展を遂げた一番の立役者

5中田英寿

中田 英寿(なかた ひでとし、1977年1月22日 - )は、山梨県甲府市出身の元サッカー選手。元日本代表。愛称は「ヒデ」。国際サッカー評議会(IFAB)諮問委員。株式会社東ハト執行役員。一般財団法人「TAKE ACTION FOUN...

もっと見る

日本が生んだ孤高の天才

カズが日本人初のセリエA選手ならば中田英寿はセリエAで初めて実力が認められた日本人であろう
特に当時のセリエAは世界最高のリーグだった事を考えれば当時は快挙に近かった

6マヌエル・ノイアー(Manuel Neuer)

GK大国ドイツの中でも歴代最高のキーパー

ショットストッパーとしての反応の速さ、1対1の強さ、的確な判断能力、キックの精度などあらゆる面で世界トップレベルであり現代サッカーで必要とされるゴールキーパーの能力を全て兼ね備えている
数々の名ゴールキーパーを生んだドイツでも歴代最高の呼び声は高い

7ロベルト・バッジョ(Roberto Baggio)

アズーリの最高傑作

「ファンタジスタ」という名が相応しい
いや「ファンタジスタ」という言葉はこの選手の為に付けられたのかもしれない
創造性に溢れ、観るものを魅了するテクニックは惚れ惚れするものであった

8中村俊輔

中村俊輔

引用元: Amazon

中村 俊輔(なかむら しゅんすけ、1978年6月24日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身の日本のプロサッカー選手である。ポジションはミッドフィールダー。J1リーグ・横浜FC所属。元日本代表。 2000年と2013年にJリーグMVP...

もっと見る

日本最高のレフティ

俊輔はテクニック、バス精度の高さとなんと言っても左足からのフリーキックであろう
UEFAチャンピオンズリーグのマンチェスターU戦での2発のFK弾は日本のみならずグラスゴーでも伝説として扱われている

9アンドレス・イニエスタ(Andres Iniesta)

アンドレス・イニエスタ(Andres Iniesta)

引用元: Amazon

アンドレス・イニエスタ・ルハン(Andrés Iniesta Luján, 1984年5月11日 - )は、スペイン・カスティーリャ・ラ・マンチャ州アルバセテ県フエンテアルビージャ出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。...

もっと見る

ラ・マシアが生んだ奇術師

もしバルサに彼がいなかったらメッシはこれ程活躍できていたのだろうか?
彼がスペイン人じゃなかったらスペインはワールドカップで優勝出来ただろうか?
それほどの影響力を持つ選手がJでプレーしている現実が夢のようである

10小野伸二

小野伸二

引用元: Amazon

小野 伸二(おの しんじ、1979年9月27日 - )は、静岡県沼津市出身のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。Jリーグ・FC琉球所属。元日本代表。 FIFAワールドユース準優勝、FIFAコンフェデレーションズカップ2...

もっと見る

天才の中の天才

浦和でデビューした頃も衝撃だったが
フェイエノールトでも凄かった
当時オランダ代表のファン・ペルシは「セードルフより彼と出会った時の方が衝撃だった」
カイトも同様の事を言っていたのを思い出す
怪我さえなければもっと活躍できていたと思う

11ロナウド(Ronaldo)

世紀末怪物伝説

とにかく凄まじいゴール量産機だった
セレソン史上最高のストライカーだと思います
2002年日韓ワールドカップでの大五郎カットも忘れられません

12フランコ・バレージ(Franco Baresi)

ロッソネリ歴代最高のリベロ

体はさほど大きくないけど、先を読んで相手ボールを奪う能力がとてつもなく高かった
個人的にはセンターバック歴代1位だと思います

13イアン・ラッシュ

1980年代欧州最強だったリヴァプールの絶対エース

リヴァプールのレジェンドであるケニー・ダルグリッシュ引退後、同クラブの絶対エースとして君臨した
ウェールズ代表のエースとしても活躍したがワールドカップの舞台には一度も立てなかった

14ミシェル・プラティニ

華麗なるテクニックを持つサッカー界のナポレオン

ジダンと並ぶ、フランスの国民的英雄
フランス代表とセリエA・ユベントスの「将軍」として1980年代マラドーナ、ジーコ、ルンメニゲと並ぶスーパースターでした
ブラジルのジーコ、ソクラテス、トニーニョ・セレーゾ、ファルカンの中盤の「黄金のカルテット」に対してフランスのプラティニ、ジレス、ティガナ、ジャンジニ(フェルナンデス)の中盤は「四銃士」と呼ばれ、両チーム共に多くの優秀なタレントを抱えていたにも関わらず彼らのチームはワールドカップで優勝出来ませんでした
ユベントスの一員でトヨタカップで来日し、試合でのスーパーゴールがオフサイドで取り消された直後に肘立て枕で横たわり呆れ顔で無言の抗議をしていた姿は今でも忘れられないシーンです

このランキングに共感できましたか?

1 共感!総合ランキングをみる
マイランキング
作成・投票