みんなのランキング

PITTSさんの「歴代プロレスラーランキング」

170
更新日: 2020/02/26

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1武藤敬司

生年月日 / 星座 / 干支1962年12月23日 / やぎ座 / 寅年
出身地山梨県
プロフィール自他ともに認める、プロレス界の象徴。新日本プロレスでは長きに渡ってトップレスラーとして君臨し、数々のタイトルを獲得。2002年に全日本プロレス移籍後はレスラーとしてだけでなく、社長として様々なコラボ興行を実現、成功させるなどして団体をけん引してきた。また、海外マットでもリビングレジェンドとして多くのレスラーからリスペクトされている。2013年9月8日、新団体WRESTLE-1を旗揚げ。現在は限定出場ではあるが、ジェフ・ジャレットや藤波辰爾との合体など、リングに上がれば大きな存在感を発揮する。自身のデビュー30周年記念大会で河野真幸が保持するWRESTLE-1チャンピオンシップに挑戦、勝利し第2代WRESTLE-1チャンピオンシップ王者となった。
代表作品日本テレビ『アナザースカイ』(2015)
映画『天地明察』(2012)
映画『光る女』(1987)
公式SNSTwitter

ジーニアス

プロレスは魅せるもの、という信念を貫いているプロレスラーであり、今でも現役で活躍していることに印象を強く感じるため選びました。
私自身は全日本プロレスの社長をしている当時の武藤選手をリアルタイムで見ることから始まりましたが、新日本時代の武藤選手・グレートムタ選手の映像などもよく見ています。新日本出身でありながら純プロレスを体現している所が好きです。

2蝶野正洋

生年月日 / 星座 / 干支1963年9月17日 / おとめ座 / 卯年
出身地東京都(アメリカ合衆国 シアトル生まれ)
プロフィール1984年、新日プロレス入門。87年3月に海外遠征に出発。89年10月に帰国後、91年8月、第1回G1クライマックスに優勝し大躍進を遂げる。G1は前人未到のV5を達成し、「夏男」と称される。92年8月には第75代NWAヘビー級王座を奪取。96年にはnWoジャパンを設立して一大ムーブメントを起こし、その後、TEAM2000を結成するなど、黒のカリスマとしてプロレス界に君臨。2010年2月に新日本プロレスを離れてフリーとなったが、いまなお絶対的な存在感を放ち続けている。2013年に闘魂三銃士結成25周年を迎え、2014年10月にプロレスデビュー30周年を迎える。現在はリング以外にも活動の幅を広げ、サントリー缶チューハイ『-196℃ストロングゼロ』のCMやP&G『Gillette Fusion PROGLIDE』のWEB・CM二出演。大晦日恒例『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』では欠かせない存在になるなど、テレビ、ラジオ、イベントにも出演。また、講演活動やビジネス本『会社に負けない喧嘩の仕方』を執筆するなど、多方面で活躍している。1999年12月にはマルティーナ夫人と二人三脚のブランド「ARISTRIST(アリストリスト)」を設立。デザインコンセプトはブラックを基調とし、「ストリート・フォーマル・ファッション」をキーワードにアパレル以外にもサングラスから靴までトータルデザインを手掛けている。近年は救急救命啓発活動に力を入れており、2014年7月には救急救命の啓発活動を主とした、一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会を設立。また、継続的に、障害者通所施設を訪問する社会福祉活動、東日本大震災の復興支援活動にも取り組んでいる。2010年9月には東京消防庁から救急医療活動への協力が評価され、消防総監感謝状を受け取り受領。2011年度の春の少年非行防止ポスターに起用され、警視庁生活安全部からは少年の健康育成や非行防止への協力的な活動を評価され、感謝状の贈呈を受けている。
代表作品NHK Eテレ『Let's 天才てれびくん』(2014~)
TOKYO MX『バラいろダンディ』メインMC(2015~)
インターネットTV『AbemaTV「原宿アベニュー」』(2016~)
公式SNSTwitter

カリスマ

ヒールでありながら、カリスマ的人気を博していた所に心を打たれます。
スタイリッシュなヒール像を確立し、現在のプロレス界のヒールの在り方にも多大な影響を与えていると考えます。
また、トラディショナルなレスリングスタイルがその根底にあり、ベーシックな技で試合を組み立ててお客さんに魅せることができる数少ないレスラーだと思います。
現在は試合への出場はないようですが、セコンドでの登場を見ることができるのは嬉しい限りです。

3CIMA

No Image

ドラゲーのカリスマ

闘龍門・ドラゴンゲートの象徴である選手。
従来のプロレスの常識を覆すエンターテイメント性、マイクパフォーマンス、オリジナリティ溢れる技の数々に魅了されます。
今はドラゲーを離れ、中国などでもプロレスを定着させる活動をしているということで、目が離せません。

4内藤哲也

内藤哲也

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1982年6月22日 / かに座 / 戌年
出身地東京都
公式SNSTwitter

逆転の内藤

華麗なベビーフェイスとして活躍していたが、なかなか新日本の頂点(IWGP)へ立つことができずにもがいていた過去を払拭するように、自分で思っていることを発信して、ベビーフェイス・ヒールを超えて支持されるようになった経緯に感動します。

5力道山

力道山
生年月日 / 星座 / 干支1924年11月14日 / さそり座 / 子年
出身地-
公式SNS-

プロレスの父

日本でプロレスを確立した偉大な人物という印象を強く持ちます。
もちろんリアルタイムで試合を見たことはありませんが、日本人レスラー対外国人レスラーの構図の中で、戦後の日本人に元気を与えていたことは紛れもない事実だと思います。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる