みんなのランキング

Eri オーストラリアさんの「ワーホリの就く仕事ランキング」

123
更新日: 2020/10/26
Eri オーストラリア

オーストラリアマイスター

Eri オーストラリア

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

何だかんだ言っていちばん多いと思う

ジャパレスとは日本食レストランの事。
最近は SNS の影響もあり、大きな声でジャパレスで働いていますと言いにくい雰囲気がありますが、何だかんだ言っていちばん多いと思います。

オーストラリアを感じれる仕事

もともとファームの人手不足のために十数年前に作られたセカンドビザが始まったのを皮切りに、ファームの仕事は一気に知名度が上がり、一時期は稼げる仕事の代名詞のように言われていました。
現在コロナの影響で人手不足なので、ワーカーは貴重な存在です。

怪しい募集もあるので注意

数年前からオーストラリアではマッサージ店が増え始め、ワーホリの人でも働ける仕事のひとつに入りました。
ただ、一見普通そうな募集に見えても怪しいお店も多いので要注意。オーストラリアの資格がない人が働こうと思ったら、それなりにリスクもあるんです。
また、アジア人がマッサージの仕事をしている=怪しい仕事とイメージしてしまうオーストラリア人も多いので、職業を言う時も注意。

こちらも人気

子供のお世話や家事をする仕事オーペアも人気があります。
オーストラリアの生活スタイルも学べて良いかもしれませんね。

憧れの職業

コーヒー文化が根付いているオーストラリアでは、ローカルカフェで働くことは一種の憧れの職業でもあります。
ワーホリでローカルを狙うのはそれなりにハードルがありますが、いるところにはいるものです。

競争率が高い?

英語力がなくても時給が悪くないクリーナーはわりと人気で競争率が高いイメージです。
無料で働く代わりに住む場所を提供してもらったり、インターシップでエージェントにお金を払って紹介してもらったり、色んなパターンがあります。

今も多いのかは謎

一昔前のワーホリが就く仕事はジャパレスかお土産屋さんの2択というイメージがありましたが、最近は働いているという話をさっぱり聞きませんし募集も見ません。クイーンズランド州はまだ多いのかな?

あとがき

10年以上ワーホリの人達の動きを見てきましたが、やはり時代によって職種や考え方などが変わってきているように感じます。

今はインターネットの普及によって、情報も取りやすくなっているので、上手く活用していきたいものですね。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる