みんなのランキング

好きなプロ野球解説者ランキング!みんなの投票で決定!

里崎智也落合博満古田敦也野村克也井端弘和

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数35
投票参加者数82
投票数362

最終更新日: 2021/09/24

このお題はマエジーニョさんが作成

このランキングの投票ルール

<p>好きなプロ野球の解説者は誰ですか?<br>
現在、監督やコーチ職で解説休業中や、故人の解説者も含みます。</p>

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1古田敦也

古田敦也

引用元: Amazon

古田 敦也(ふるた あつや、1965年8月6日 - )は、兵庫県川西市出身の元プロ野球選手(捕手)・監督で、現在は野球解説者、タレント、スポーツキャスター。日本プロ野球名球会副理事長。芸能プロダクションは株式会社エーポイント所属。マネジメントは株式会社ビッグベンと業務提携。妻は元フジテレビアナウンサーの中井美穂。選手として東京ヤクルトスワローズ一筋で現役を過ごし、名捕手として一時代を築いた。史上14位タイの8度の年間打率3割達成者。 シーズン盗塁阻止率.644と通算盗塁阻止率.462は日本記録。

もっと見る

2落合博満

落合博満

引用元: Amazon

落合 博満(おちあい ひろみつ、1953年12月9日 - )は、秋田県南秋田郡若美町(現:男鹿市)出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・監督、野球解説者。 選手時代は1979年から1998年にかけてロッテオリオンズ・中日ドラゴンズ・読売ジャイアンツ(巨人)・日本ハムファイターズの計4球団に在籍。ロッテ時代には史上4人目の三冠王を達成したほか、日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王も達成している。 2004年から2011年まで中日の監督として指揮を執り、全ての年でAクラス入りを果たし、4度のリーグ優勝・1度の日本シリーズ優勝を達成。2013年シーズンオフから2017年1月までは中日のゼネラルマネージャーを務めた。

もっと見る

3野村克也

野村克也

引用元: Amazon

野村 克也(のむら かつや、1935年〈昭和10年〉6月29日 ‐ 2020年〈令和2年〉2月11日)は、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ・監督、野球解説者・野球評論家。愛称は「ノムさん」「ムース」「ノムカツ」。血液型はB型。

もっと見る

4里崎智也

生年月日 / 干支1976年5月20日 / 辰年
出身地徳島県
プロフィール鳴門工業高校から帝京大学を経て、98年のドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団。2005年、10年には日本一を経験。2006年のWBCでは正捕手として日本を世界一に導く。2014年に現役引退し、2015年1月より、千葉ロッテマリーンズのスペシャルアドバイザーに就任。
代表作品ニッポン放送『ショーアップナイター』(2015)
著書『非常識のすすめ』(2015)
テレビ朝日『グッド!モーニング』(2015)
チャンネルURLSatozaki Channel
公式SNSTwitter
Instagram

もっと見る

5井端弘和

井端弘和

引用元: Amazon

井端 弘和(いばた ひろかず、1975年5月12日 - )は、神奈川県川崎市川崎区出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)。現在は野球日本代表コーチ、野球解説者、野球評論家、YouTuber。 中日ドラゴンズ時代は同僚の荒木雅博と共に「アライバコンビ」の愛称で親しまれた。妻は元テレビ朝日アナウンサーの河野明子。

もっと見る

9桑田真澄

桑田真澄

引用元: Amazon

桑田 真澄(くわた ますみ、1968年4月1日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者・野球評論家、野球指導者。弟は桑田泉。長男は桑田真樹。次男はMatt。

もっと見る

10新井貴浩

新井貴浩

引用元: Amazon

新井 貴浩(あらい たかひろ、1977年1月30日 - )は、広島県広島市中区江波出身の元プロ野球選手(内野手)。右投右打。野球解説者、野球評論家。 第7代日本プロ野球選手会会長。マネジメントはエイベックス・マネジメント。中日ドラゴンズ、阪神タイガースに所属していた新井良太は弟。

もっと見る

11赤星憲広

赤星憲広

引用元: Amazon

赤星 憲広(あかほし のりひろ、1976年4月10日 - )は、愛知県刈谷市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者、野球評論家、タレント。血液型はA型。現在のマネジメント契約はオフィスS.I.Cである。

もっと見る

12山本昌

生年月日 / 星座 / 干支1965年8月11日 / しし座 / 巳年
出身地神奈川県
プロフィール「球界のレジェンド」の異名を持ち数々の大記録を達成してきた名投手で、現役32年間を中日ドラゴンズ一筋で活躍してきたフランチャイズプレイヤー。1984年に日本大学藤沢高校からドラフト5位で入団。入団4年目のアメリカ留学を機に才能が開花し、シーズン途中に帰国するとすぐさま1軍に定着し、無傷の5連勝でリーグ優勝に貢献する。その後はチームのエースに成長。3度の最多勝に輝き、1994年には沢村賞を受賞。2006年には史上最年長41歳でのノーヒットノーランも達成し、以降も数々の歴代最年長記録を樹立してきた。2008年には通算200勝を歴代最年長の42歳で達成。2015年に史上初の50歳での登板を最後に現役を引退した。50歳での現役、プロ生活32年、実働29年はいずれも歴代最長で、プロ通算219勝のうち半分以上の140勝を30歳以降に記録。また40歳以降でも46勝を挙げた記録にも記憶にも残る名投手として知られる。引退後は野球解説者・スポーツコメンテーター、企業や学生向け講演の講師としてはもちろん、ラジコン、クワガタのブリーダー、競馬やスイーツなど多彩な分野で活躍中。通算成績:581試合 219勝165敗5セーブ 防御率3.45
代表作品日本テレビ『NEWS ZERO』(野球解説)
フジテレビONE『山本昌のラジ魂道場』
日本テレビ『アナザースカイ』
チャンネルURL山本昌チャンネル34
公式SNSTwitter
Instagram

もっと見る

13谷繁元信

谷繁元信

引用元: Amazon

谷繁 元信(たにしげ もとのぶ、1970年12月21日 - )は、広島県比婆郡東城町(現:庄原市)出身の元プロ野球選手(捕手、右投右打)、監督、野球解説者。2014年シーズンより中日ドラゴンズ選手兼任監督、2016年シーズンは専任監督を務めた。通算3021試合出場は日本プロ野球記録。

もっと見る

14岩本勉

生年月日 / 星座 / 干支1971年5月11日 / おうし座 / 亥年
出身地大阪府
プロフィール野球解説者・スポーツコメンテーター。元北海道日本ハムファイターズ投手。1998年から2年連続2ケタ勝利を挙げ人気・実力ともにチームのエースとして活躍。2005年に引退し、その後スポーツコメンテーター・野球解説者としての活動を中心にテレビ・ラジオなどで活躍。また、執筆活動や全国での少年野球教室・講演会、マスターズリーグ札幌アンビシャスでの参戦など幅広く活動している。「ガンちゃん」の愛称で親しまれている。
代表作品読売テレビ『情報ライブ!ミヤネ屋』
著書『2012年版 ガンちゃんのファイターズの応援が100倍楽しくなる本』
HTB『イチオシ!モーニング』月曜日コメンテーター

もっと見る

『まいど!』が好きです。

この人の『まいど!』が好きです。

百瀬 崇裕さん

1位に評価

19黒田博樹

生年月日 / 星座 / 干支1975年2月10日 / みずがめ座 / 卯年
出身地大阪府
プロフィール専修大学から1996年ドラフト逆指名2位で広島東洋カープに入団。プロ1年目から先発を担いエースに成長。04年、アテネ五輪では中継ぎとして銅メダル獲得に貢献。05年に最多勝、06年に最優秀防御率に輝く。07年、MLBロサンゼルス・ドジャースと契約。実績が高く評価され、12年、名門ニューヨーク・ヤンキースに移籍。安定した投球でローテーションを守り、地区優勝に導いた。14年、MLBで日本人初となる5年連続二桁勝利を達成。15年にはMLBの球団から巨額なオファーを受けるも古巣広島に復帰。16年に悲願のリーグ優勝を果たし引退。背番号15はカープ史上3人目の永久欠番となった。プロ20年間、NPBとMLBの経験者としては歴代最高の日米通算203勝、日米通算イニング数3340.2を記録している。

もっと見る

21

21位~35位を見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ