みんなのランキング

プロ野球解説者人気ランキング!みんなの投票で決定!

古田敦也里崎智也野村克也落合博満

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数39
投票参加者数378
投票数1,328

最終更新日: 2024/04/20

このお題は森野かんなさんが作成

このランキングの投票ルール

<p>好きなプロ野球の解説者は誰ですか?
現在、監督やコーチ職で解説休業中や、故人の解説者も含みます。</p>

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1藤川球児

(109人が評価)

野球のルールをわかりやすく説明できる

自分が解説を聞いている中でナンバーワンです。
多分、近い将来コーチなどでユニフォームを着ると思います。
的確に選手に合わせた指導が出来ていて日ハムの吉田投手
がいい例です。  

シュガーハートさん

1位の評価

報告

配球が手に取るように分かる

引退仕立てなので配球が手に取るように分かるみたいです。投手の心情なども説明するような、独特な解説をしてくださる方です

ももはる

ももはるさん

1位の評価

報告

解説が深い

プロにしかわからないような深い解説が聞ける。
この人が解説ってだけで見たくなる。

ポンティアックさん

1位の評価

報告
コメントをもっと読む

wbcの解説で

相手国にも『ナイスプレー』って称賛してて、好感が持てた

てんさん

1位の評価

報告

言葉使いがちょっと

解説自体は好きですが、人のことを「コイツ」とか言うのが解説者としてどうかと思う。

ゲストさん

3位の評価

報告

3里崎智也

(124人が評価)
生年月日 / 干支1976年5月20日 / 辰年
出身地徳島県
プロフィール鳴門工業高校から帝京大学を経て、98年のドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団。2005年、10年には日本一を経験。2006年のWBCでは正捕手として日本を世界一に導く。2014年に現役引退し、2015年1月より、千葉ロッテマリーンズのスペシャルアドバイザーに就任。
代表作品ニッポン放送『ショーアップナイター』(2015)
著書『非常識のすすめ』(2015)
テレビ朝日『グッド!モーニング』(2015)
SNSアカウント

里崎智也セカンドチャンネル enjoy Life(登録者数6348位)

Satozaki Channel(登録者数861位)

里崎智也(YouTuber)(フォロワー数701位)

(フォロワー数位)

里崎智也(フォロワー数813位)

もっと見る

おーいいですね

元捕手と言う事なのでピッチャーの配球、まとめ方などをポイントに解説をしてくれるのでとても分かりやすく面白いです。(声も面白いです)(笑)

村上 宗隆さん

1位の評価

報告

的確な解説

 「厳しすぎる」など異論を言う人も少数いるが、細かいところまで見たうえで的確な解説をしてくれるので、分かりやすい。好きな解説者の1人です。

ミノカロさん

1位の評価

報告

捕手目線からの解説が的確で、ハッキリ物言いする

捕手だったこともあり、配球の読みも鋭い。解説者に致命的な黙りな時間が全くない。お喋り上手なところも好評価

ももはる

ももはるさん

2位の評価

報告
コメントをもっと読む

4野村克也

(56人が評価)
野村克也

引用元: Amazon

野村 克也(のむら かつや、1935年〈昭和10年〉6月29日 ‐ 2020年〈令和2年〉2月11日)は、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ・監督、野球解説者・野球評論家。愛称は「ノムさん」「ムース」「ノムカツ」。血液型はB型。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

6真中満

(61人が評価)
真中満

引用元: Amazon

新着・注目

まだまだ採点・コメントが少ない候補です。ご存知の場合はぜひ採点をお願いします!

言葉使いが優しい

阪神ファンですが、穏やかな口調でわかりやすい。
広島と阪神両方からのファンが多いと思いました。
実況では、アナウンサーと協力しながら前に出すぎない感じが
好感もてます。

シュガーハートさん

2位の評価

報告

クリーンな解説者

メチャクチャ丁寧な解説で、選手を批判することは全くないクリーンな解説者

ももはる

ももはるさん

4位の評価

報告

言葉使いが丁寧

解説者の中で群を抜いて言葉使いが丁寧なところが好感持てます。声でわからなくても言葉使いで新井貴浩さんとすぐわかります。

ゲストさん

1位の評価

報告

10山本昌

(36人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1965年8月11日 / しし座 / 巳年
出身地神奈川県
プロフィール「球界のレジェンド」の異名を持ち数々の大記録を達成してきた名投手で、現役32年間を中日ドラゴンズ一筋で活躍してきたフランチャイズプレイヤー。1984年に日本大学藤沢高校からドラフト5位で入団。入団4年目のアメリカ留学を機に才能が開花し、シーズン途中に帰国するとすぐさま1軍に定着し、無傷の5連勝でリーグ優勝に貢献する。その後はチームのエースに成長。3度の最多勝に輝き、1994年には沢村賞を受賞。2006年には史上最年長41歳でのノーヒットノーランも達成し、以降も数々の歴代最年長記録を樹立してきた。2008年には通算200勝を歴代最年長の42歳で達成。2015年に史上初の50歳での登板を最後に現役を引退した。50歳での現役、プロ生活32年、実働29年はいずれも歴代最長で、プロ通算219勝のうち半分以上の140勝を30歳以降に記録。また40歳以降でも46勝を挙げた記録にも記憶にも残る名投手として知られる。引退後は野球解説者・スポーツコメンテーター、企業や学生向け講演の講師としてはもちろん、ラジコン、クワガタのブリーダー、競馬やスイーツなど多彩な分野で活躍中。通算成績:581試合 219勝165敗5セーブ 防御率3.45
代表作品日本テレビ『NEWS ZERO』(野球解説)
フジテレビONE『山本昌のラジ魂道場』
日本テレビ『アナザースカイ』
SNSアカウント

(フォロワー数位)

山本昌(フォロワー数1766位)

もっと見る

11大野豊

(23人が評価)

12桑田真澄

(40人が評価)
桑田真澄

引用元: Amazon

桑田 真澄(くわた ますみ、1968年4月1日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者・野球評論家、野球指導者。弟は桑田泉。長男は桑田真樹。次男はMatt。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

13赤星憲広

(54人が評価)
赤星憲広

引用元: Amazon

赤星 憲広(あかほし のりひろ、1976年4月10日 - )は、愛知県刈谷市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者、野球評論家、タレント。血液型はA型。現在のマネジメント契約はオフィスS.I.Cである。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

いまいち

コメントが的を得てないことが多い

タイガースファンさん

2位の評価

報告

実況との言葉のキャッチボールができていない

もう少し端的に話しましょう
プレー時にはできるだけしゃべるのをやめ、実況の人にしゃべらせてあげましょう

通りすがりさん

1位の評価

報告

15福本豊

(24人が評価)
福本豊

引用元: Amazon

福本 豊(ふくもと ゆたか、1947年11月7日 - )は、大阪府大阪市生野区出身で東大阪市育ちの元プロ野球選手(外野手)、野球指導者。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

よき古き時代のスーパースター

日本プロ野球でベストナインを選んだら多分センターは福本さんです。
大阪弁で面白おかしく、しかしポイントはきっちり抑えています。
(川藤なんかとは次元が違います)
「阪神の選手て盗塁は赤星一人がするものと勘違いしてるんちゃう」には爆笑でした。

リンリンランランさん

1位の評価

報告

おもろすぎる

9回までずっと両チーム0の時の言葉↓
「たこやきみたいやね」
これ名言

・・・( ^ω^)小4さん

1位の評価

報告

16達川光男

(23人が評価)
達川光男

引用元: Amazon

達川 光男(たつかわ みつお、1955年7月13日 - )は、日本の元プロ野球選手(捕手)・監督、野球解説者。 広島東洋カープの正捕手として、1980年代に活躍。広島の一軍監督を務めた1998年から2000年までは、達川 晃豊(本名と読みが同じ)という登録名を用いていた。監督辞任後は本名で活動。フジテレビ・テレビ新広島・ニッポン放送などの解説者、スポーツ報知評論家。 福岡ダイエーホークス・阪神タイガース・中日ドラゴンズ・福岡ソフトバンクホークスのコーチを歴任している。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

18掛布雅之

(22人が評価)

全然あり

打者の感覚であったり、自身の経験を語ってくれるので、こういう解説者も全然ありだと。

タイガースファンさん

1位の評価

報告

19野村弘樹

(21人が評価)

20梨田昌孝

(10人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1953年8月4日 / しし座 / 巳年
出身地島根県
プロフィール1972年、近鉄バファローズ入団(ドラフト2位)。1988年、現役引退。1989年からNHKの野球解説や日刊スポーツの野球評論家として活動。1993年~1994年近鉄バファローズ作戦バッテリーコーチ、1995~1996年近鉄バファローズバッテリーコーチ、1996年~1999年大阪近鉄バファローズ二軍監督を務める。2000年~2004年、大阪近鉄バファローズ監督となり、2001年にはリーグ優勝を果たす。2005年~2007年、NHK野球解説や日刊スポーツ野球評論を担当。2006年から、学校法人大阪産業大学の客員教授となる。2008年、北海道日本ハムファイターズの監督に就任。2009年、リーグ優勝へ導く。そのほか、スポーツ番組、講演会、執筆、CMやアニメへ出演するなど多方面で活躍。現役時代の実働年数は17年。通算成績1323試合、3444打数・874安打・113本塁打・打率.254。初出場は1972年7月2日の対阪急戦。
代表作品著書『戦術眼』

もっと見る

21

21位~39位を見る

このランキングに関連しているタグ

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ