みんなのランキング

hiさんの「男子バレー選手イケメンランキング」

60
更新日: 2020/11/11

ランキング結果

1川合俊一

生年月日 / 星座 / 干支1963年2月3日 / みずがめ座 / 卯年
出身地新潟県
プロフィール中学入学時に父のすすめでバレーボールを始める。中学・高校の6年間で身長が33㎝伸び高校卒業時には193㎝に。日本体育大学時代から全日本代表入り。1984年大学4年生時にはロサンゼルス五輪に出場。「バレーボール界のプリンス」として注目を集め、空前の男子バレー人気に火をつけた。1988年、ソウル五輪 出場。翌年には全日本キャプテンも務めた。1990年、現役引退。その後、訪れたロサンゼルスのビーチでビーチバレーと出会う。一瞬でその奥深さに惹かれ、日本人初のプロビーチバレー選手としてアメリカのツアートーナメントに出場。2008年、ビーチバレーにとって大切な環境活動にも力を入れている。ゴア元副大統領の映画「不都合な真実」を鑑賞し衝撃をうけ、自らゴア氏にアプローチし日本へ招聘。早稲田大学にて講演を開催した。日本ビーチバレーボール連盟会長として競技の普及・強化に全身全霊をかける一方、バレーボールの裾野を広げるため各所でコーチングを行い、日本バレーボール協会 強化事業本部 顧問へ就任。バレーボール解説者、タレントとして活躍。その他、財団法人 日本ビーチバレーボール連盟 会長、トヨタ自動車ビーチバレーボール部 ゼネラルマネージャー、糸魚川市ジオパーク大使、奄美大島観光大使。
代表作品フジテレビ『こたえてちょーだい!』
読売テレビ『あさパラ!』
フジテレビ『みんなのKEIBA』

カッコいいのにおもしろい

全日本の選手だった頃は、純粋に外見や動きがカッコいい選手というイメージでした。引退後、テレビのバラエティ番組に出るようになってからは、そのカッコよさを打ち消すかのように、トークがおもしろくて、ますます好きになりました。いや、見た目がカッコいいだけではなくて、人を笑わせるユーモアがあるからこそ、本当の意味でカッコいい人なのだと思います。とは言っても、現役時代の彼のプレーは今見ても華麗です。

2中垣内祐一

中垣内祐一

引用元: Amazon

中垣内 祐一(なかがいち ゆういち、1967年11月2日 - )は、日本の元バレーボール選手(元全日本主将)、指導者。バレーボール全日本男子監督。福井県福井市出身。筑波大学卒業。

3朝日健太郎

朝日健太郎

公式動画: Youtube

朝日 健太郎(あさひ けんたろう、1975年9月19日 - )は、日本の政治家、元・男子バレーボール、ビーチバレー選手。熊本県熊本市北区出身。身長199cm、体重95kg、血液型A型。自由民主党所属の参議院議員(1期)。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる