みんなのランキング

宮本信子に関するランキングとコメント・評判

性別女性
生年月日 / 星座 / 干支1945年3月27日 / おひつじ座 / 酉年
血液型O型
出身地北海道
身長157cm
靴のサイズ23cm
URL宮本 信子 オフィシャルサイト
事務所URL
プロフィール1963年、文学座付属演劇研究所所属。1964年、劇団青芸在籍時に別役実作『三日月の影』で初舞台。1967年、劇団青俳で木村光一作演出『地の群れ』、今井正演出『神通川』に出演。1972年よりフリーになり、伊丹十三氏と結婚・出産後、二児の育児に専念。1984年、映画『お葬式』以降、全伊丹監督作品に出演。1988年『マルサの女』ではシカゴ国際映画祭最優秀主演女優賞、第11回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、キネマ旬報報道主演女優賞など同年の映画賞を多数受賞。日本を代表する女優となる。以降舞台・TVにも活動の場を広げ、2000年からはJAZZ LIVEの活動も始めている。10年振りの映画出演となった2007年映画『眉山』では、第31回日本アカデミー賞優秀助演賞を受賞。また同年、NHK『連続テレビ小説「どんど晴れ」』、舞台『眉山』にも出演。2009年、NHK『大河ドラマ「天地人」』ではナレーションを担当。2011年「阪急電車 片道15分の奇跡」(東宝)では、第36回報知映画賞助演女優賞、第35回日本アカデミー賞優秀助演女優賞、第21回日本映画批評家大賞助演女優賞を受賞。2013年は、連続テレビ小説「あまちゃん」にヒロインの祖母役(NHK)で出演。現在、映画「かぐや姫の物語」(東宝)が公開中。
デビュー年1964年
代表作品NHK『連続テレビ小説「あまちゃん」』(2013)
WOWOW『連続ドラマW「私という運命について」』
映画『かぐや姫の物語』(2013)
デビュー作舞台『三日月の影』
職種タレント・俳優・女優
趣味・特技小唄/ジャズダンス

コメント・評判

全 1 件を表示

脇役女優ランキングでのコメント・評判

別格

「マルサの女」を始め、主役を張った映画作品もたくさんある宮本信子さんを脇役と呼ぶのは失礼かもしれませんが、最近では脇役と呼ばれるポジションに付かれることが多いですよね。

朝ドラ「あまちゃん」では、存在感から、話し方から、他の女優さんとは全然違いました。どこが違うかわからないけど肌で感じてしまう、別格です。
「脇役」ってちょっとした役という意味で使われることもありますが、本来は主役の脇を固める訳で、能年玲奈さんや小泉今日子さんがあそこまで輝けたのは「脇」に宮本信子さんがいたからだと思います。

もこ

もこさん(女性・40代)

2位に評価

関連しているアイテム

関連しているタグ