みんなのランキング

ユバさんの「日本人プロ野球選手ランキング」

20
更新日: 2020/11/30

ランキング結果

1落合博満

落合博満

引用元: Amazon

落合 博満(おちあい ひろみつ、1953年12月9日 - )は、秋田県南秋田郡若美町(現:男鹿市)出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・監督、野球解説者。 選手時代は1979年から1998年にかけてロッテオリオンズ・中日ドラゴンズ・読売ジャイアンツ(巨人)・日本ハムファイターズの計4球団に在籍。ロッテ時代には史上4人目の三冠王を達成したほか、日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王も達成している。 2004年から2011年まで中日の監督として指揮を執り、全ての年でAクラス入りを果たし、4度のリーグ優勝・1度の日本シリーズ優勝を達成。2013年シーズンオフから2017年1月までは中日のゼネラルマネージャーを務めた。

俺流!

「俺流」を象徴する選手!プロ野球の、今までの常識を覆した人!「コーチが全部正しい」っていうことを覆し、「個に応じた」という概念をプロ野球界に入れた。東洋大でプロボウラーを目指したり、やっぱり社会人野球をはじめたり、色んなことをした上でのプロ野球選手。あのくらい自己流を通せたのもすごい。結果を出し続けた落合本人もすごいが、あの時代に落合のそういう自己流を、認め続けた球団もすごい。環境にも恵まれていたと思う。

2衣笠祥雄

衣笠祥雄

引用元: Amazon

衣笠 祥雄(きぬがさ さちお、1947年1月18日 - 2018年4月23日)は、日本のプロ野球選手(捕手、内野手、外野手)。引退後は野球解説者・野球評論家・タレント。所属事務所はキャスト・プラス。広島東洋カープオーナー付スタッフ。京都府京都市東山区馬町出身。旧名は衣笠 幸雄。愛称は「鉄人」。国民栄誉賞受賞者。息子は元俳優の衣笠友章。

元祖達人

金本よりすごい。骨折しても試合に出ていた。デッドボールを受けても、何事もなかったように一塁に向かう姿。投手に、「気にすんな」といっているかのようなあの姿。

3イチロー

イチロー

引用元: Amazon

イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日[3] - )は平成期のプロ野球選手。2019年3月引退。愛知県西春日井郡豊山町出身 。MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)であり、プロ野球における通算安打世界記録保持者(NPB/MLB通算4257安打でギネス世界記録に認定)、最多試合出場記録保持者(NPB/MLB通算3604試合出場) である。

5松井秀喜

松井秀喜

引用元: Amazon

松井 秀喜(まつい ひでき、1974年(昭和49年)6月12日 - )は、石川県能美郡根上町(現・能美市)出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。現役引退後はニューヨーク・ヤンキースGM特別アドバイザーを務める。血液型はO型。 1990年代から2000年代の球界を代表する長距離打者で、日本プロ野球(以下:NPB)では読売ジャイアンツ、メジャーリーグベースボール(以下:MLB)ではニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した。2009年のニューヨーク・ヤンキース時代にワールドシリーズ優勝を経験している。同年、アジア人初のワールドシリーズMVPを受賞した。2013年には国民栄誉賞を受賞。愛称は「ゴジラ」。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる