みんなのランキング

ここが辛いよ国際恋愛ランキング!みんなの投票で決定!

No ImageNo ImageNo ImageNo ImageNo Image

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数5
投票参加者数1
投票数5

最終更新日: 2020/10/26

このお題はEri オーストラリアさんが作成

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

これがいちばん大問題

食文化が違うというのは楽しめるうちは良いですが、つもり積もると大きなストレスです。
特にお米、オーストラリア人はサラダと思ってる人も多いです(笑)し、うちはラーメンや鍋を嫌がるので悲しいです。

Eri オーストラリア

オーストラリアマイスター

Eri オーストラリアさん

1位に評価

お国柄なのか性格なのか分からない時も

食もですが、衛生面や生活スタイルなど全てにおいて違うので、どちらかが合わせる必要があります。
うちも食器用スポンジでコンロを掃除しないで!裸足で外を歩かないで!などあげたらキリがありません。あとギリギリまで予定を決めないとか。
「この感覚を分かって欲しいのに通じない…!」とヤキモキする事も。
でも、オージーギャグはちょっと分かってきました…。

Eri オーストラリア

オーストラリアマイスター

Eri オーストラリアさん

2位に評価

当たり前だけど言語が違う

長年一緒にいると「アレ」とか「ソレ」とかで通じてしまうとはいえ、喧嘩した時とかいざと言う時にハンデはあると思います。

Eri オーストラリア

オーストラリアマイスター

Eri オーストラリアさん

3位に評価

あまりに多いと疲れます

オーストラリアではカップル (夫婦) 同伴のパーティも多く、一人で行って欲しいと思っても付き合わないといけないことも多いです。
あまりにもしょっちゅうだと、ちょっと疲れます。

Eri オーストラリア

オーストラリアマイスター

Eri オーストラリアさん

4位に評価

生まれ故郷が違うと大変な事も

現在、コロナの影響で引き離されてしまっている国際恋愛カップルもたくさんいますが、生まれた国が違うというのは不便な時もありますよね。
また、どちらかの国に住むと片方が親や親戚に会いに行きにくくなるし、飛行機代もバカになりません。

Eri オーストラリア

オーストラリアマイスター

Eri オーストラリアさん

5位に評価

このランキングに参加したユーザー

  1. 1No Image

    食の違い

  2. 2No Image

    感覚が違いすぎる

  3. 3No Image

    言葉の壁

  4. 4No Image

    カップル同伴が多い

詳細を見る
Eri オーストラリア

オーストラリアマイスター

Eri オーストラリアさんの評価


4

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

ページ内ジャンプ