みんなのランキング

レストランで役に立つフランス語ランキング!みんなの投票で決定!

肉の焼き加減「cuisson キュイソン」シャンパンの注文「une coupe s'il vous plait ユンヌ・クープ・シルヴプレ」乾杯をする「on trinque オン・トランク」注文を聞かれる「Dites-moi tout ディット・モア・トゥ」注文を聞かれる「Qu'est qui vous ferait plaisir ケスキヴフレプレジール?」

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数7
投票参加者数2
投票数13

最終更新日: 2020/10/19

このお題はSakurakoさんが作成

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

乾杯をする時の「サンテ」以外の言い方

乾杯するは、フランス語で
「santé」「à la votre」「à la tienne」
それぞれ、
「サンテ」、「ア・ラ・ヴォートル」、「ア・ラ・チエンヌ」
と言って、あなたの健康を祝してという言い方がメジャーです。
その他に、「on trinque オン・トランク」があります。
これは、テープルでグラスを軽くぶつけて交わすことです。
フランスでは、この「トランク」をして、アペリティフを飲み、それからウエーターさんが注文を取りにきます。
まだ、トランクしていないと言えば、ウエーターさんは出直して来ます😊。

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

1位に評価

シャンパンの注文は「une coupe ユンヌ・クープ」

レストランでの食事は、何かと食前酒から始めます。

シャンパンの注文は、「une coupe s'il vous plait ユンヌ・クープ・シルヴプレ」です。

この、「une coupe ユンヌ・クープ」は平べったいグラスです。

背が高いグラスは、「flute」といいます。

シャンパンを入れているグラスの形は、レストランで違います。
それでも、どのグラスの形であっても、シャンパンの注文は、
une coupe でします。

2杯であれば、deux coupes ドゥ・クープです。
また、注文では、
Une coupe de champagne(ユンヌ・クープ・ドゥ・シャンパ―ニュ) とシャンパ―ニュとは付けないでいいます。

このクープは、シャンパンのときしか使いませんので、つけないのですね😊

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

2位に評価

愛の告白ではありません。

アペリティフを飲みながら、注文を決めて、そろそろウエーターさんが注文を取りに来ます。
というときに、「決まりましたか?」聞かれ、
「はい」というと、
「Dites-moi tout ディット・モア・トゥ」
とウエーターさんが言います。
直訳は、「私に全てを言ってください。」という意味です。
最初にこの言い方を聞いた時はびっくりしましたが、愛とは全く関係なく、「注文を言ってください。」という意味で~す😊

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

3位に評価

焼加減の言い方にある、「ブルー」

メニューの注文で、オーダーが決まり、肉を注文すると、
焼き加減はどうしますかと聞いてきます。
「レア」「ミディアム」「ウエルダン」の3種類はしられていますが、
フランス語では、
「Saignante セニャントゥ」「À pointア・ポワン」「Bien cuite ビアン・キュイット」
になります。
そして、更にほぼ両面がさっと炙っただけのようなほぼ生にようなのを、「Bleue ブルー」と言います。
レストランにより、この焼き加減が良いからと、美味しく食べるように、レアを薦められる場合があります。しかし、ブルーはかなり生に近いです。😊

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

4位に評価

プレゼントに何が良いかと聞かれているわけではないのです。

これも、誕生日に何を贈ろうかと考えて、「何がいい?」と聞いてきているわけではありません。

ウエーターさんが注文を取りに来て、「決まりましたか?」の次には、
「Qu'est qui vous ferait plaisir ケ・ス・キ・ヴ・フレ・プレジール?」
とウエーターさんが言ってきたら、「何を食べたらうれしいですか」。
という意味です。

この言い方も、プレゼントに何が欲しいかと、聞いているわではありません。

そうしたら、「○○にします」と注文をしていきます。
アペリティフにシャンパンにするとか、色々注文をしちゃいましょう😊

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

5位に評価

文字通りの意味ではなく、謝罪がない時は

一通り食事も終わり、料理も美味しくいただいて、最後にお勘定の時に、計算が間違っているのを発見して、

「間違っています」というと、


「チェックしてきます」などと言って、再計算をしたのをもってきて、
「Vous avez bien fait」と言われたりします。

日本でなら、不手際ですみませんでした、
ですが、
そういう言い方をするレストランはないです。
それで、
「あなたが指摘したのは良いことだ」とか、「指摘したのはいいことだ」と言われます。

気の使い方が違いますね~😊😊。
これぞ、フランススタイルって感じです。

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

6位に評価

ややこしくしないで、シンプルに注文する場合

レストランで注文をする場合に、
「○○にします」
というのは、

「Je vais prendre ○○」

と言います。

ただ、これをいうのが面倒な場合は、シンプルに、

「○○ s'il vous plaît シルヴプレ」

といえば通じます。

1つなら、「un アン」
2つなら、「deux ドゥ」
です。

アンと、ドゥを忘れたら、指で1つ、2つとか合図をすればOKです。

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

7位に評価

このランキングに参加したユーザー

  1. 1乾杯をする「on trinque オン・トランク」

    乾杯をする「on trinque オン・トランク」

  2. 2シャンパンの注文「une coupe s'il vous plait ユンヌ・クープ・シルヴプレ」

    シャンパンの注文「une coupe s'il vous plait ユンヌ・クープ・シルヴプレ」

  3. 3注文を聞かれる「Dites-moi tout ディット・モア・トゥ」

    注文を聞かれる「Dites-moi tout ディット・モア・トゥ」

  4. 4肉の焼き加減「cuisson キュイソン」

    肉の焼き加減「cuisson キュイソン」

詳細を見る
Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさんの評価


2

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

ページ内ジャンプ