1. トップ
  2. スポーツ
  3. 格闘技
  4. プロレスラー最強ランキング
  5. 高木 三四郎さんのランキング

ランキングの前に高木三四郎さんへインタビュー

ポーズをとる高木 三四郎さん

ランキング結果をお届けする前に、DDTプロレスリング の「大社長」高木三四郎さんにインタビュー。高木さんが思う「理想のプロレスラー像」をサクッと語ってもらいました!

いまのプロレスには豪快さが足りない

――単刀直入にお聞きします。高木さんにとって強いプロレスラーとは何でしょう。

個人的には体が大きい者同士がバンバンぶつかりあうプロレスが好きですね。パワーでガンガン当たっていくみたいな。迫力あるじゃないですか。

――その点でいうと現在のプロレスは?

我々もそうですが、テクニックや選手のキャラクターを重視する傾向になっていると思います。「いい試合」とか「面白い試合」はあっても、昔のような「豪快な試合」は少ない気がしていて。

最強のプロレスラーについて語る高木 三四郎さん

だから強いプロレスラーというと、僕が子供のころ、1980~90年代の新日本プロレスとか全日本プロレスで活躍していた巨漢の外国人レスラーが思い浮かびます。

――高木さんが選んだ「最強プロレスラーランキング」TOP3はこちらです!

ランキング結果をSNSでシェアしよう

あなたもランキングを作りませんか?

自分のランキングを作って投票

高木 三四郎さんのランキング詳細・コメント

1スタン・ハンセン(Stan Hansen)

スタン・ハンセン(Stan Hansen)

引用元: Amazon

生年月日1949年8月29日
出身地アメリカ
身長 / 体重195cm / 140kg
所属WWWF、全日本プロレス
公式SNS-

もっと見る

暴れまわる姿に大興奮

僕の子供のころの強さの象徴といえば、間違いなく「スタン・ハンセン」でした。リング上を暴れまわって「ウエスタン・ラリアット」で相手をばたばたとなぎ倒していく……力強さみたいなものをひしひしと感じましたね。まさに「不沈艦」「ブレーキの壊れたダンプカー」というキャッチフレーズに相応しい戦いっぷりでした!

2ビッグバン・ベイダー(Big Van Vader)

ビッグバン・ベイダー(Big Van Vader)

引用元: Amazon

生年月日1955年5月14日
出身地アメリカ
身長190cm
所属UWFインターナショナル
公式SNS-

もっと見る

デカいのに動ける

「ビッグバン・ベイダー」も昭和を代表する外国人レスラー。身長190cm・体重170kgという体格だけで手ごわそうです。それでいて、トップロープから華麗にムーンサルトプレスを繰り出すっていうんだからスゴイ。あんな巨体が降ってきたらお手上げです。

3テリー・ゴディ(Terry Gordy)

テリー・ゴディ(Terry Gordy)
生年月日1961年4月23日
出身地アメリカ
身長195cm
所属UWF、全日本プロレス
公式SNS-

もっと見る

パワーだけでなくテクニックもあった

「人間魚雷」の異名を持った「テリー・ゴディ」も身長が195cmで大きくてゴツい選手でした。彼は「パワーボム」を広めたレスラーでもあり、ただ大きいだけでなくてテクニックもありました。

このランキングに共感できましたか?

51 共感!総合ランキングをみる

あわせて読みたいランキング

武藤敬司

スポーツ > 格闘技

歴代プロレスラーランキング

歴代プロレスラーであなたが好きなのは?

豊田真奈美

スポーツ > 格闘技

女子プロレスラーランキング

あなたが好きな女子プロレスラーは?

逆水平チョップ

スポーツ > 格闘技

掛けられたくないプロレス技ランキング

あなたが掛けられたくないプロレス技は?

おすすめのランキング

マイランキング
作成・投票