みんなのランキング

ラウドロック人気曲ランキング!みんなのおすすめは?

Maybe Memories / The UsedAnemone / a crowd of rebellionNumb / Linkin ParkFantasista / Dragon AshM1917 / a crowd of rebellion

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数34
投票参加者数19
投票数66

ヘヴィメタルやハードコアなどに近い音楽ジャンルが「ラウドロック」。ギターの音を際立たせたうるさい(=ラウド)サウンドで、エモい(=エモーショナル)ことが特徴です。今回は、みなさんの人気投票をもとに「ラウドロック名曲おすすめランキング」を作りたいと思います。「ラウドロック」は和製英語ということもあって、日本人バンドがたくさんランクインすることが予想されます。あなたのイチオシ曲もぜひ教えてください。投票お待ちしています!

最終更新日: 2021/08/30

ランキングの前に

ランキングの前に…1分でわかる「ラウドロック」

若者を中心に圧倒的人気を誇る「ラウドロック」

フェスに必要不可欠な“エモい”楽曲を多く輩出しているロックのサブジャンルのひとつ「ラウドロック」。従来のヘヴィメタルやハードコアにラップ・グロウル・スクリームなど新たな要素を取り入れ、テクニカルな楽器演奏に加えてさらに“重めのサウンド”、より“複雑化”されているのが特徴です。しかし、“ラウドロック”という呼び方は日本特有の言葉で、ほかの類似するジャンルとの線引は曖昧。邦楽バンドだと「マキシマムザホルモン」や初期の「ONE OK ROCK(ワンオク)」、「Fear, and Loathing in Las Vegas(ベガス)」が例に挙げられ、海外バンドだと「SLIPKNOT(スリップノット)」や「LINKIN PARK(リンキンパーク)」など、ヘヴィメタルやニューメタル、オルタナティブメタルに匹敵するアーティストを指す場合が多いです。また、ラウドロック界のアイドルと名高い「BAND-MAID」といった女性メンバーで構築されるバンドにも注目が集まっています。

本ランキングにおける「ラウドロック」の定義

ラウドロックは、一般的にはヘヴィメタルやハードコアと境界線が曖昧で、厳密な定義はないです。そのため、投票にあたってとくに制限は設けません。あなたなりのラウドロック人気曲ランキングを作って投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

色々な要素が詰め込まれていて最高

まずは、イントロ電子音的なフレーズから炸裂するギターサウンドが格好良いです。
そして、なんといってもヴォーカルのチャスターによる歌が最高で、メロディアスな感じから絶叫シャウトまで、凄まじすぎて素晴らしいと思います。

めっちゃ怒ってる

大人しく誰かに言われるがままに生きてきた人が
ついにブチ切れたかのような曲www

ソフトな歌い出しから段々感情が乗ってきて
絞り出し、叫ぶような感情の高まったサビが素敵

ゲストさん

1位に評価

2Anemone / a crowd of rebellion

Anemone / a crowd of rebellion

公式動画: Youtube

アーティストa crowd of rebellion
作詞・作曲宮田大作、小林亮輔 / 丸山漠
リリース2019年6月19日『Black_24:』
収録アルバム『Black_24:』
タイアップ-

もっと見る

最高のバンドの最高の一曲

もともとファンで何度も聞いていたのですが、去年の年末のライブで聞いた時は衝撃が走りました。
キーの高めのボーカルの声にガンガン入ってくるセカンドボーカルのデスボイス!
この音源が間違いなく一番であると言えます。

3Fantasista / Dragon Ash

Fantasista / Dragon Ash

公式動画: Youtube

アーティストDragon Ash
作詞・作曲Kj
リリース2002年3月6日『FANTASISTA』
収録アルバム『LILY OF DA VALLEY』
『LOUD & PEACE』ほか
タイアップ日本テレビ系列『2002 FIFAワールドカップ』テーマソング

もっと見る

やる気MAX! テンション上げたいときに!

やる気・元気を出したいときに絶対聞きたい曲です。
人力ドラムンベースのビート、スピード感が圧倒的です!
サビは大きな声で一緒に歌ってしまいます。
サッカーの番組で使われていたこともあり、スポーツの場面にもおすすめです!

シャウトアンドエモ

THE USEDのファーストアルバムの一曲目。こんなに度肝を抜かれた曲は初めてでした。
垢抜けないトゲのあるバンドサウンドにヴォーカルの切なくも激しいシャウトが重なり会う、これ以上ない一曲。cメロに向かうアコースティックギターのエモさも大好きな点のひとつ。

15Bring Me To Life / Evanescence

Bring Me To Life / Evanescence

公式動画: Youtube

アーティストエヴァネッセンス(Evanescence)
作詞・作曲エイミー・リー(Amy Lee)、ベンジャミン・ムーディー(Benjamin Moody)、デヴィッド・ホッジス(David Hodges)
リリース2003年4月22日『Bring Me To Life』
収録アルバム-
タイアップ-

もっと見る

21

21位~34位を見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ