みんなのランキング

metereさんの「長崎観光地ランキング」

00
更新日: 2020/05/23

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1長崎原爆資料館

長崎原爆資料館

nagasaki atomic bomb museum by Fredrik Rubensson / CC BY

長崎原爆資料館(ながさきげんばくしりょうかん)は、長崎市への原子爆弾投下に関する資料を取り扱った長崎市立の資料館である。長崎県長崎市平野町7番8号に所在し(長崎市平和会館・国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館と同じ)、平和公園の一角をなす。

平和公園とセットで見ます

平和公園とセットで3回行きました。
原爆投下の写真やその後の写真もあり解説もあります。
当時の貴重な物も。
涙が出ます。
戦争は本当に残酷な行為だと改めて思います。
いつか子供と行きたいと思っています。

2平和公園

平和公園

Peace Park Nagasaki Japan by Gary Bembridge / CC BY

平和公園(へいわこうえん、英: Peace Park)は、長崎県長崎市松山町に位置する公園。「平和記念(祈念)公園」と呼称する場合もあるが、正確には誤りである。 1945年(昭和20年)8月9日に投下された原子爆弾落下中心地(爆心地)と、その北側の丘の上とを含めた地域に、平和を祈って設けられ、3つ(5つ)のゾーンから構成されている。

日本人なら一度はぜひ行っておきたい

3回行ってますがいついっても心が辛くなります。この像を見ると胸が締め付けられます。
原爆が落とされた事は風化してはいけません。
平和について考えさせられ、今の生活に感謝します。

日本三大夜景

真冬に行きましたが本当にキレイな夜景でした。
絵に書いたような夜景で素晴らしかったです。
また行きたいです。

4大浦天主堂

大浦天主堂

大浦天主堂(おおうら てんしゅどう)は、長崎県長崎市にあるカトリックの教会堂である。江戸時代幕末の開国後、1865年(元治2年)に建立された。日本に現存するキリスト教建築物としては最古である。正式名は日本二十六聖殉教者天主堂。その名のとおり日本二十六聖人に捧げられた教会堂で、殉教地である長崎市西坂に向けて建てられている。

九州の教会といえばこれ

昔から異文化があった長崎ですが、
この大浦天主堂は歴史も古く、デザインがとてもいいです。
昼間もいいですが夜も素敵。
そのままグラバー園に行けるのもいいですね。

5グラバー園

グラバー園

Glover Garden by travel oriented / CC BY

グラバー園(グラバーえん)は、長崎県長崎市南山手町8-1にある観光施設である。1859年(安政6年)の長崎開港後に長崎に来住したイギリス人商人グラバー、リンガー、オルトの旧邸があった敷地に、長崎市内に残っていた歴史的建造物を移築し、野外博物館の状態を呈している。

キレイな建物

グラバー園は綺麗な建物や庭があり、家の中が博物館になっています。

大浦天主堂とセットで見るといいと思います。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング