みんなのランキング

クイーカが良い味を出している歌謡曲ランキング!みんなの投票で決定!

おれはジャイアンさまだ!/ たてかべ和也まぼろしのブルース / 佐久間浩二

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数5
投票参加者数1
投票数5

最終更新日: 2020/10/26

このお題はももち@昭和歌謡大好き院生さんが作成

このランキングの投票ルール

<p>ウホホホホホ……という独特の音を出すブラジル楽器・クイーカ。</p>
<p>そんなクイーカを使った歌を大特集~!!</p>
<p>クイーカが少しでも使われていれば何でも可!</p>

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

クイーカの裏打ちが不気味なリズムを創り出す。

1970年発売。『断絶のブルース』という歌のB面曲。
歌っているのは1949年生まれの歌手・佐久間浩二さん。矢吹健さんと同じ感じの、情念たっぷり系男子。
作詞・作曲・編曲は藤本卓也さん!この人はクイーカアレンジの第一人者なので、クイーカファンならぜひ押さえておきたい音楽家!

イントロから、「、ウッ、ウッ、ウッ、ウッ」とクイーカが裏打ちで使われている。なんか不気味~(笑)でもその不気味さがこの歌の持ち味なんだよね~。そしてこのクイーカが紡ぎ出すリズム、ずっと聴いてると癖になるよ!
Aメロではクイーカの音は無くなるけど、サビになるとクイ[続きを読む]

ももち@昭和歌謡大好き院生

昭和歌謡マイスター

ももち@昭和歌謡大好き院生さん

1位に評価

報告

抑えめながら印象的。クイーカが出過ぎていない妖艶曲。

1970年発売。歌っているのは操洋子(みさおようこ)さんという大人な女性。
作曲・編曲は藤本卓也さん!さすが、クイーカアレンジ王!

とある日の夜、男性と嵐のように激しく燃えた。そんな夜は一回きりで二度と来ないわねぇ、という内容。

この曲は確かにクイーカは使われているんだけど、他の曲と比べて若干音は小さめ。つまり、主張し過ぎていないんだよね。でもそれでいてアレンジ面でしっかりと音楽を支えている。だからこの曲は聴きやすいのかも。


ちなみにこの曲のB面曲のタイトルは、『お願い入れて』。
あ、勘違いしないでよねっ!!「雨降ってずぶ濡れ[続きを読む]

ももち@昭和歌謡大好き院生

昭和歌謡マイスター

ももち@昭和歌謡大好き院生さん

2位に評価

報告

クイーカこそ、カルト歌謡曲のシンボル。

俳優の梅宮辰夫さんが1970年に歌った歌。
作曲・編曲は藤本卓也さん!またかよ(笑)

「男のシンボル」について高らかに歌い上げている歌。…何のことかは分かるでしょ?…というか、なかなか歌詞すごいよ(笑)男のシンボルを使って女を泣かせて金を儲けるって言ってるんだから(笑)その歌詞の過激さゆえ、放送自粛されることが多かったんだよね。でも近年は、「ダウンタウンDX」で梅宮辰夫さんがゲストの回でこの曲が「ネタ曲」としてしばしば使われることがあった!

Aメロではクイーカが使われていないけど、サビになるとクイーカが動き出す…!こういう歌だから[続きを読む]

ももち@昭和歌謡大好き院生

昭和歌謡マイスター

ももち@昭和歌謡大好き院生さん

3位に評価

報告

クイーカによる、ジャイアンの「ウホウホ」感。

「お~れはジャイア~ン♪ガキ大将~♪」ってやつですね!実はこの歌もクイーカが使われていたんすよ!!!
作詞はジャイアン本人で、作曲・編曲は菊池俊輔さん!

クイーカの音を言語化すれば「ウホウホ」になるけど、ジャイアンってまさに「ウホウホ」なキャラクターだと思うんだ。見た目がゴリラっぽいし、のび太やスネ夫らの上に立ち、ウホウホと独裁政権を確立している。
だからジャイアンとクイーカって相性が良いのかもしれないね!!

余談だけど、ジャイアンって歌が下手だけど実は凄いと思う。だって自ら曲を作って、メイク・衣装・リサイタルポスター・チケットも[続きを読む]

ももち@昭和歌謡大好き院生

昭和歌謡マイスター

ももち@昭和歌謡大好き院生さん

4位に評価

報告

サックスとクイーカの融合で醸し出される大人の世界。

1969年発売。
歌っているのは佐久間浩二さんで、作詞・作曲・編曲は藤本卓也さん。さっきの『女はそれを待っている』と一緒だ(笑)

聴きどころはイントロ。サックスの音から始まり、続けてクイーカも参戦。そして歌い出し直前の「ウ~~ン」という気を失ったかのようなクイーカが絶妙に気色悪い(褒めてます)。
このクイーカの音の直後に「あーーーーー」という佐久間さんの歌唱。イントロから歌への入りが絶妙です。


だいたい藤本卓也さんが手掛けるクイーカ歌謡曲は、
イントロ(クイーカあり)
Aメロ(クイーカなし)[続きを読む]

ももち@昭和歌謡大好き院生

昭和歌謡マイスター

ももち@昭和歌謡大好き院生さん

5位に評価

報告

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ