みんなのランキング

吉本ばななの人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数0
投票参加者数0
投票数0

みんなの投票で「吉本ばななの人気書籍ランキング」を決定!国内外問わずに愛されるベストセラー作家・吉本ばなな。デビュー作の大ヒット短編集『キッチン』(1987年)、年間ベストセラー1位に輝いた代表作『TSUGUMI』(1989年)、映画化もされた個性的なタイトルの『アルゼンチンババア』(2002年)など、数多くの人気作があるなかから1位に選ばれるのは?あなたがおすすめする吉本ばななの作品を教えてください!

最終更新日: 2021/07/09

ランキングの前に

1分でわかる「吉本ばななの人気書籍」

作家・吉本ばななの魅力

キッチン

キッチン
(引用元: Amazon)

吉本ばななは1964年7月24日生まれ、東京都出身の小説家。大学卒業後に執筆した短編集『キッチン』(1987年)でデビューを果たします。その後、数々の小説やエッセイでヒットを飛ばし、"ばなな現象"と呼ばれる社会現象を巻き起こしました。女性らしい詩的な表現と読み終えたあとの心温まる作風は、女性を中心に多くのファンに愛されています。現在、彼女の手掛ける著作は世界20ヵ国語以上に翻訳され、海外でも高い評価を得ている人気作家です。

吉本ばななの書籍

吉本ばななの作品には、天涯孤独となった主人公と青年との奇妙な居候生活を描いた『キッチン』(1987年)、つぐみという印象的な少女と主人公の思い出を描いた青春小説『TSUGUMI』(1989年)、特徴的なタイトルと真の幸福を描いたストーリーが魅力の『アルゼンチンババア』(2002年)など。どれも彼女の独特な世界詩観を堪能できる作品ばかりです!

関連するおすすめのランキング

吉本ばななの作品は何位にランクイン?

恋愛小説ランキング

短編集ランキングもチェック!

短編小説ランキング

このランキングの投票ルール

本ランキングにおける吉本ばななの書籍の投票範囲は、彼女が手がける作品です。共編著や髄筆、共著などの作品に投票OK。あなたのおすすめ作品に投票お待ちしています!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

候補デッドエンドの思い出

デッドエンドの思い出

引用元: Amazon

『デッドエンドの思い出』(デッドエンドのおもいで)は、よしもとばななの短編小説、およびそれを表題作とする短編集。映画化作品が2019年に公開された。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

候補キッチン

キッチン

引用元: Amazon

『キッチン』は、吉本ばななの短編小説、およびそれを表題作とする短編集。1989年と1997年にそれぞれ映画化されている。 短編集『キッチン』は1988年1月30日、福武書店から刊行された。1991年10月、福武文庫として文庫化。1998年6月、角川文庫として文庫化。2002年7月、新潮文庫として文庫化。2013年10月26日、電子書籍版が幻冬舎より発売された(引用元: Wikipedia)

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ