みんなのランキング

【人気投票 1~176位】小説ランキング!全ジャンル総合でおすすめの名作は?

夢をかなえるゾウ君の膵臓をたべたい(小説)図書館戦争(小説)ぼくらの七日間戦争(小説)阪急電車

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数176
投票参加者数446
投票数1,107

みんなの投票で「【全ジャンル総合】小説人気ランキング」を決定!甘酸っぱい青春時代の恋愛模様を描いた作品やファンタジー作品、怪奇的な事件の渦に巻き込まれていくミステリー作品、命について考えさせられる感動作品など、多くのジャンルで人々を魅了する「小説」。世代を超えて語り継がれる名作や、話題の新作ベストセラー作品があるなか、最も人気があるのは?あなたがおすすめする小説・書籍を教えてください!

最終更新日: 2022/06/30

注目のユーザー

ランキングの前に

1分でわかる「小説」

多種多様なジャンル作品が存在する、小説

作者が自由な方法とスタイルで、社会や人間模様を描いた書籍「小説」。感動の青春小説や恋愛小説から、ビジネス・経済小説、衝撃のどんでん返しが待ち構えるミステリー作品やファンタジー、時代小説まで、ジャンルのラインアップも豊富です。毎年、多くの作品が出版され、長きにわたって愛される名作から話題の新作まで名を連ねています。小説には、ときに読者の価値観や世界観をがらりと変えてしまうほどの影響力があり、読んだときに感じるさまざまな感情は、人生をより豊かなのものにしてくれます。

小説の定番ジャンルを紹介

ミステリー小説

大衆文学(エンタメ小説)の定番ともいえるのが、ミステリー小説。事件や事故などによって生じた謎が主題となり、その謎解きをメインに物語が進行します。ハラハラとした緊張感のある作品は、ミステリー・サスペンス小説として扱われることも。名門の「江戸川乱歩賞」をはじめ、「小説推理新人賞」や「このミステリーがすごい!大賞」など新人賞が盛り上がりを見せている注目のジャンルです。

推理小説ランキングはこちら!

サスペンス・ミステリー小説ランキング

恋愛・ロマンス小説

登場人物同士のラブストーリーを題材とした、恋愛小説(ロマンス小説)。ピュアな恋を描く純愛ものから、ドロドロの三角関係や不倫を描くものまで多岐にわたります。普遍なテーマであるがゆえに普段読書しない層からも受け入れられやすく、巨額の広告費用がつぎ込まれるとさらなるヒットを記録するのも大きな特徴です。

人気の恋愛小説をチェック!

恋愛小説ランキング

時代小説・歴史小説

歴史上の出来事や偉人をテーマにしたのが、時代小説や歴史小説です。どちらも似たような言葉ですが、過去を忠実に描いたものが歴史小説、昔を舞台としながらもフィクションを織り交ぜた作品を時代小説と区別するのが一般的。現在は年配男性を中心とした根強いファンによって支えられているものの、大衆文学が誕生した大正時代はポピュラーなジャンルでした。

ファンタジー小説

魔法や異世界など、現実にはないワクワクした世界観が魅力のファンタジー。多くのトップ作家を輩出した新人賞「日本ファンタジーノベル大賞」が盛り上がりをみせているように、児童文学を読む子どもだけでなく大人からも親しまれています。そして、ライトノベルとの親和性が高いのもファンタジーの特徴。近年では、Web小説投稿サイト「小説家になろう」でゲーム的なファンタジー世界を題材とした作品が人気を博し、“なろう系”と呼ばれるジャンルも新たに誕生しています。

ファンタジー小説ランキングはこちら!

ファンタジー小説ランキング

SF小説

架空の科学技術や未来世界などが舞台のSF(サイエンス・フィクション)。最新の物理学的や天文学的な知識に基づいた科学的な作品をハードSF、宇宙空間で繰り広げられる活劇をスペース・オペラに分類したりと、ひとくちにSFといってもジャンルはさまざまです。現代の文明とはかけ離れた時間や世界で繰り広げられるストーリーは、想像力を刺激をしてくれます。

SF小説好きは必見!

SF小説ランキング

ホラー小説

読者の恐怖を煽ることを目的に描かれた、ホラー小説。小説だけでなく映画やゲームでも人気高いジャンルです。ホラー小説も時代とともにジャンルが多様化しており、幽霊やオカルト的な現象がテーマのものから、人間の狂気に重点を置いたサイコホラー(サイコスリラー)まで、思わずゾッとする怖い作品が数多く存在します。ベストセラー作家を生み出す新人賞では「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」が有名です。

怖い小説をチェック!

ホラー小説ランキング

関連するおすすめのランキング

ジャンル別人気の小説ランキングはこちら!

サスペンス・ミステリー小説ランキング

恋愛小説ランキング

ホラー小説ランキング

SF小説ランキング

ノンフィクション本ランキング

歴史・時代小説ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、ジャンルを問わずすべての小説に投票できます。長編・短編、自伝的物語・自叙伝にあたる作品にも投票OK。純文学から大衆文学まで、あなたがおすすめしたい名作に投票してください!

ユーザーのバッジについて

小説を1000冊以上読んだことがある

小説を500冊以上読んだことがある

小説を300冊以上読んだことがある

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

壮大な中の細やかなストーリー。


有川浩さんの作品の中では、珍しい壮大な設定のストーリー。
それでも丁寧な心理描写が細かく散りばめられていて、登場人物に、しっかりと感情移入ができる良い作品。
新しい一面を感じさせられた可能性あふれる作品でした。

報告

疾走する主人公たちが面白い!

図書館戦争は図書隊が検閲からすべての本を守ろうとする話です。その主人公の笠原はとにかくパワフルで終盤まで止まることなく疾走し続けます。有川浩さんの作品は登場人物が走りまくりますが、この作品はとくにもの凄い速度で走ります。登場人物のやり取りやストーリーの展開など、一時も目を話すことができません。設定が深いのですぐに飲み込まれてしまいます。笠原とその上司である堂上とのやりとりが面白く、思わず声をあげて笑ってしまいます。また、それぞれの登場人物の恋心にも着目すると面白いです。どんな人でもキュンキュンしてしまうこと間違いなしです。恋愛小説が苦[続きを読む]

報告

笑いが止まらない

主人公の郁は、かつて助けてもらった人を王子様と慕い、追いかけて図書隊に入隊したが、彼の顔を覚えていないから、嫌っている厳しい上官が王子様だと気がつかない。漫画を読んでいるかのようなコミカルさ。小説でこんなに笑ったのはこれぐらいかも。

報告
コメントをもっと読む

2君の膵臓をたべたい(小説)

君の膵臓をたべたい(小説)

引用元: Amazon

著者住野よる
ジャンル文学
出版社双葉社
発売日2015年6月19日
メディアミックス漫画「君の膵臓をたべたい」
映画「君の膵臓をたべたい」(2017年)
アニメ映画「劇場版アニメ 君の膵臓をたべたい」(2018年)
公式サイトhttps://www.futabasha.co.jp/introduction/2015/kimisui/index.html
参考価格733円(税込)

もっと見る

繊細な2人のやり取りに感動

僕と桜良は本当に正反対の性格をしている。他人とかかわることを大切にしている桜良と関りを持たない僕。でも、そんな二人が秘密を知ったことで、行動を共にし、成長をしていく。人を愛する人間は、おのずと人に愛されるということであると感じた。人と心を通わせることで、人生は、色鮮やかになると感じた作品だった。

マナ

マナさん

2位に評価

報告

心に残る話


誰しもが知っている小説だと思いますが、有名だからこそ埋もれてしまいがちなお話の良さを感じました。読みやすく小説を読まない人にもおすすめ出来るし、ありがちな設定なのに読み進めると全然ありがちな話じゃなくてその偏見が全て覆される瞬間がとても好きです。

報告

評価されてるほどではない

最後の結末は衝撃だったけど、読んでる時はあんまり面白いと思わなかった。特別読みやすい訳じゃなかったし。

ABCDさん

2位に評価

報告
コメントをもっと読む

楽しい

一つのクラスの男子が全員協力して工場立てこもり事件を起こすなんて今では考えられない。読んでてワクワクしてとても楽しい。僕もやってみたいなと思った本。

報告

ワクワク

自分たちの夢を叶えてくれるような感じ。
誰もが必ずは夢見たことを、実際に見せてくれる。

sun riseさん

1位に評価

報告

思い出の作品

初めて読んだ小説でその後もずっと買い続けた作品。今は息子が読んでます。

ぐっさんさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

4夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

引用元: Amazon

参考価格762円(税込)

もっと見る

いろんな人に読んでほしい

誰が読んでも面白いという本です。不思議なゾウの神様、ガネーシャ。彼の教えで様々なことをクリアしながら、夢を叶えるための道を歩いていくお話。様々な著名人のたとえ話や、ユニークなかき回しに、何度も声を出して笑いました。名言もたくさん出ます。

報告

笑える

ガネーシャのセリフがおもしろくて笑える。でも、すごく良いことも言うので、人生の教訓になる。

報告

めちゃめちゃ面白い

人生、楽しんでいこさん

1位に評価

報告

5阪急電車

阪急電車

引用元: Amazon

著者有川浩
ジャンル文学
出版社幻冬舎
発売日2008年1月22日
メディアミックス映画『阪急電車 片道15分の奇跡』(2011年)
漫画『阪急電車<WEBコミック版>』
公式サイトhttps://www.gentosha.co.jp/book/b1576.html
参考価格649円(税込)

もっと見る

日常の苦悩と幸せ。

何気ない日常の中にある苦悩や幸せをリアルに描いている作品。
阪急電車を舞台に描かれるストーリー展開も軽快で好きです。
有川浩特有の爽やかが溢れている素敵な作品で、映画もキャスティングもピッタリでオススメです。

報告

時間泥棒のパートは必読!

社会人になる前に読んでほしい一冊。

社会人になると目の前の仕事に忙殺され、生きる気力を失いがちだが、本作を読むとそれはある種の《時間泥棒》のせいなんだと気付かされます。人はお金だけではなく時間を消費して生きている。お金とは違って、時間は誰しも等しく与えられており、それをどう使うかで自分の人生が決まってくるのだが、現代人は知らず知らずのうちに時間が奪われてしまっている。そういうことをミヒャエルエンデは教えてくれるのです。

che bunbun

映画の伝道師

che bunbunさん

5位に評価

報告

時間ついて考えるきっかけ

時間を大切になんて言葉をよく耳にするが、どのように大切にするかは、私たちは考えていないように感じる。ベッポがいうように、「いちどに道路全部を考えてはいかん。いつもただつぎのことだけをな。」という言葉にあるように、未来に対して考えるだけではなく、今できること、今自分の周りにいる人とどうするか、ということを考えることが重要なのではないかと考えさせられる作品だった。

マナ

マナさん

4位に評価

報告

泣ける

1冊読み終わるまでに何度も泣ける。数々のタイムトラベルが人々の心を救っていくストーリーが温かかった。

報告

四回泣きました。

四つの話が展開されていく作品。
全て泣きました。
周りに人がいなかったのもあり、電車で号泣です。
映画化もされていて素晴らしい作品です。

報告

面白くない

お涙頂戴もの、感動もの大好きですが、文章が面白くなくて、全く入り込めなかった。2話目を読んで、図書館に返却しました。

こゆきさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

最初から最後まで一気に読んでしまう展開

湊かなえさんの告白は松たか子さん主演の映画で有名になりましたが、私は小説で衝撃を受けました。最初からラストまで一気に読んでしまう面白さがありますが、特に最初の教室でのシーンは怖さと驚きを見事に読み手に与えており、湊かなえさんの作家としての力量が存分に発揮されていて素晴らしい作品だと思います。

報告

読後は作者に恐怖を思えます。

告白はとても印象深い作品です。忘れたくても忘れられない本です。子供を亡くした教師が、その子供を殺した生徒に復讐する話です。この作品は各登場人物が告白する形で語られますが、本当にこの登場人物が存在するのではと思ってしまうくらいリアルな口調で、一気に物語に引き込まれます。この作品は湊かなえさんのデビュー作ですが、本当にこれがデビュー作であるのかと信じられないほど完成度が高いです。これほどまでに本を読んで恐怖したことはありません。おそらく10年後も記憶に残る作品だと思います。湊かなえさんという素晴らしい作家さんを知るきっかけとなったこの本が好きです。

nekoneko

nekonekoさん

2位に評価

報告

恐怖。そして、空回りの愛

信じられないくらい先生が怖いし、Aの愛も怖い。すれ違いと、興味がこの作品を作ったと言っても過言ではない。

sun riseさん

1位に評価

報告

巨大なミステリー

人間とは、世界とは
などの深淵なテーマを
盛り盛りに盛り込んだミステリー小説

報告

公務員のリアルと夢。

元々、公務員だったので、描かれている描写のリアリティとその中でも足掻く姿が凄く刺激になった。
またラブストーリーとしても爽やかで凄く好きで映画も良かった。
舞台である高知県に行ってみたいと思えるそんな作品。

報告

色褪せない青春感

この本は、高校生の頃の純粋さ、まっすぐさ、仲間との絆を思い出させてくれるような青春ストーリーです。しかもその一方で、辻村さんの本らしく、あっと驚かされるようなミステリー要素もあります。何度読んでも大好きな、そしてすごく大切な本です。

mino

minoさん

1位に評価

報告

最後のどんでん返し

sun riseさん

1位に評価

報告

その女心、気づいてくれ!

ジナイーダに想いを寄せるウラジーミル。彼は、彼女を取り巻く多くの男を前に「俺なんか」と引っ込んでしまっているが、そんな彼の想いをジナイーダは知っている。ウラジミールの気づかない恋の真相にもどかしさを感じる本作は、青春の甘酸っぱい恋の駆け引きを描いた傑作である。本作を読むと、大事な瞬間を恥ずかしさから逃してしまうことがいかに愚かなことかが分かります。『若きウェルテルの悩み』同様、淡い恋の蜜を味わいたい時にオススメな一冊です。

che bunbun

映画の伝道師

che bunbunさん

9位に評価

報告

ツルゲーネフの佳作。ロシア文学の入門におススメです。

とにかく文章が叙景的です。主人公が恋する女性の美しさの表現ひとつとっても、ただキレイとかカワイイではなく光の当たり具合などを書いていて、まるで絵画を見ているかのような芸術的な文章です。年上の美人に恋する少年の淡い恋を描いた佳作です。

報告

子供達の考は面白い

作者の息子が通うイギリスの元・底辺中学校を舞台に巻き起こる家庭問題、差別など我々にも身近に起こる日常を描いた作品。
大人では考えつかないような方法で解決しようとする子供達から学べることがたくさんあります。
知らず知らずのうちに自分も差別してしまっているのではないかと人との接し方も読んでから変わります。人に対して偏見や劣等感を抱いている方にぜひ読んでほしい。

MZ

MZさん

1位に評価

報告

14星の王子さま(小説)

星の王子さま(小説)

引用元: Amazon

著者アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ
ジャンル児童文学
出版社筑摩書房
発売日2005年12月7日
メディアミックス映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」(2015年)
公式サイト-
参考価格528円(税込)

もっと見る

忘れていた何かを思い出させてくれる

星の王子様に出会えた「ぼく」のことをうらやましく感じた。「子ども心を忘れない」ように生きていたいと思っていたが、わすれてしまったもの・捨ててしまったものが多かったと思う。物語の最後にある「大人たちはこれがどんなに大事なことか理解できないだろう」という言葉は、本当に大人になる過程で私たちが捨ててしまったものがあることを指摘しているように感じた。

マナ

マナさん

5位に評価

報告

現代の聖書

科学が行き渡った時代に
どうやって再び、人と人はつながることが出来るのか
そのヒントを与えてくれる

報告

帯の言葉が魅力的でした。

年収8000万、採用者は一人、ただし超能力者に限る。
この帯の言葉にやられて購入しました。
刺激的な内容ありきですが、ファンタジーなどではありません。創元推理文庫から出ているミステリーの最高傑作だと思っています。

報告

いろんな感情を1冊で味わえる

人の醜い部分は自分の弱さからくるということを考えさせられた。アスカに向けた母親の言葉は、刃物にもなるものであるとも感じさせられた。いじめ、虐待、障害など自分のこととしてとらえることがどれだけ重要かを考えるきっかけになると思う。自分に置き換えて考えるということが現状起こっていることを考えるきっかけになるのではないかと感じさせる本になった。

マナ

マナさん

1位に評価

報告

心理的成長と身体的成長の不釣り合いを描いた混沌

ディズニーアニメにもなっているサイケデリックでシュールな本作は、その奇抜性ばかり取り沙汰されるが、実は非常に書きごたえのある作品です。そして『千と千尋の神隠し』や『猫の恩返し』、はたまた昨今の《なろう系》ライトノベルにも通じるところがあります。それはズバリ、子どもが成長する過程で抱く違和感や閉塞感である。アリスは、飲食を通じて身体の大きさを変化させられるが、鍵を開けられないぐらい小さくなってしまったり、家から出られないくらい大きくなってしまう。精神と身体がコントロールできない息苦しさがそこにあります。また、冒頭の退屈な読書シーンに始ま[続きを読む]

che bunbun

映画の伝道師

che bunbunさん

3位に評価

報告

目は見えないけれど、心で見える優しいお話し。

主人公は目は見えないけれど、優しく正しい人を心で見分けることができる人。目が見えないことで自分の殻に閉じ籠っていた主人公が、他人の少しの優しさに応え、少しずつ殻を破り強くなっていく様子が読んでいて心暖まる作品。

報告

人生とは何か?

カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞を受賞した時、この本を買いました。
最初に読んだとき、この本は
易しい語り口以外何だか分からなかったのですが、知り合いから著者やこの本に関しての話を伺ってから、再読しました。
再読したら、少しこの本が私たちの人生がどんなものか分かった気がします。
しかし、何回読んでもこの物語の全容が掴めません。未だにイシグロ氏の語りによる罠にかかっています。

報告

超意外な展開にびっくり

鈴木光司さん作のリング三部作の最終章のループですが、リング、らせんのホラーの流れから変わって、本当に意外な展開を見せる小説です。ホラーを期待した人は拍子抜けかもしれませんが、私はこの展開にびっくりして凄い発想だと思いました。

報告

21

21位~40位を見る

運営からひとこと

ジャンルを問わず、すべての小説のなかから人気No.1を決定する「【全ジャンル総合】小説人気ランキング」を決定!ほかにも「短編小説人気ランキング」や「ミステリー小説人気ランキング」など、投票受付中のランキングを多数公開中。ぜひチェックしてみてください!

関連するおすすめのランキング

人気No.1の海外小説は?

海外小説ランキング

新書ランキングはこちら!

新書ランキング

ラノベの人気作にも注目!

ライトノベルランキング

人気の絵本・児童文学もチェック!

全ジャンル総合・絵本ランキング

児童文学ランキング

小説が原作の映画も見逃せない!

小説原作の映画ランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

涼宮ハルヒの憂鬱(ライトノベル)

エンタメ>

ライトノベルランキング

おすすめしたいライトノベルは?

容疑者Xの献身(小説)

エンタメ>

東野圭吾の書籍ランキング

おすすめの東野圭吾の書籍は?

十角館の殺人

エンタメ>

サスペンス・ミステリー小説ランキング

おすすめのミステリー・推理小説は?

Sweet(スウィート)

エンタメ>

女性ファッション誌ランキング

おすすめの女性ファッション雑誌は?

そして誰もいなくなった(小説)

エンタメ>

アガサ・クリスティの書籍ランキング

あなたがおすすめしたいアガサ・クリスティの作品を教えてください!

ページ内ジャンプ