1. トップ
  2. エンタメ
  3. アニメ・漫画
  4. ディズニー映画ランキング
  5. 前田 有一さんのランキング

ランキング結果をSNSでシェアしよう

あなたもランキングを作りませんか?

自分のランキングを作って投票

前田 有一さんのランキング詳細・コメント

ディズニーは巨大なエンタメ企業で、いまやその活動は多岐にわたる。映画づくりだけを見ても、特に実写映画などはあらゆるジャンルで胸踊る作品を発表し続けている。

しかしディズニー「アニメ」といえば、なんといってもファミリーで楽しめる王道の娯楽。健全な物語の中にめくるめく美術と教訓を込めた、いつの時代でも明快なそのコンセプトは変わらない。

もっとも、基本的に集団制作体制で高い品質管理のもとに作られるので大外しすることはないとはいえ、逆に言えば、どれも似たり寄ったりでこれぞ最高傑作という決定版を選ぶのは難しいかもしれない。

それでも、長い彼らの歴史の中にはエポックメイキングというべき作品はあるもので、ここではそうした、時代を代表するような傑作を選んでみたいと思っている。

1トイ・ストーリー3

トイ・ストーリー3

引用元: Amazon

あらすじ・ストーリーアンディは17歳になり、大学の寮に引っ越す準備をしていた。長年のお気に入りのおもちゃであるウッディのみを残し、バズ、ジェシー、スリンキー等のほかのおもちゃは屋根裏にしまわれることになる。危うくゴミと間違って捨てられそうになるが、間一髪脱出することに成功。今後をどうするかと悩んでいる時、「サニーサイド保育園」に持っていくおもちゃ箱を見つけ、バズたちは寄付される道を選ぶ。
制作年2010年
上映時間103分
監督リー・アンクリッチ
メインキャスト唐沢寿明(ウッディ)、所ジョージ(バズ・ライトイヤー)、日下由美(ジェシー)、永井一郎 (スリンキー・ドッグ)、三ツ矢雄二(レックス)ほか
主題歌ダイヤモンド☆ユカイ『君はともだち』
制作会社ピクサー・アニメーション・スタジオ
公式サイト-

もっと見る

ディズニー/ピクサーの傑作にしてCGアニメの最高到達点

『トイ・ストーリー3』は、ディズニーの映画コンテンツを持ち前の3DCGの技術力で支え続けるピクサー社製作のアニメーションで、同社の看板シリーズの完結編である。もっとも、完結編とかいって結局そのあと続編が作られた件は、とりあえずここでは見なかったことにする。

『トイ・ストーリー』のエンディングにして、ありとあらゆる続編物の中でもトップクラスのパーフェクトなラストを持つこの『3』は、やはり1位以外に置くのは難しい。

じつはこの映画の公開時はアメリカがまだリーマンショックの大不況から立ち直れていなかった。だから、「生業を大切にすることで道は開ける」との力強いメッセージを内包した本作には、子供を楽しませることのみならず、雇止めや慣れない転職で苦しむお父さんたちを暖かく励ます意味合いもあったのだ。

15年間にわたるシリーズものを完結させる大仕事というだけでも大変なことなのに、それに加えて、人々を元気づけることで落ち込んだ時代の空気をも変えようとした。『トイ・ストーリー3』は、そんな映画だったのである。

空になったはずの箱の中にウッディを見つけたアンディが、手を伸ばす少女サリーに思わず見せた反応──。このシーンは、3D-CGアニメーション表現における最高到達点として、永遠に人々の心に刻み込まれるだろう。ランディ・ニューマンによる劇伴音楽も素晴らしい。

元ディズニーのアニメーターにしてピクサー創業者のジョン・ラセターが全工程に関わり完成させた最後のトイ・ストーリーとして、必見の傑作と断言する。

8人がいいねしていますいいね!

2ティンカー・ベル

ティンカー・ベル

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間79分
監督ブラッドリー・レイモンド
メインキャスト深町彩里(ティンカー・ベル)、豊口めぐみ(ロゼッタ)、園崎未恵(イリデッサ)、シルバーミスト(高橋理恵子)、フォーン(坂本真綾)ほか
主題歌湯川潮音『妖精のうた』
制作会社ディズニートゥーン・スタジオ
公式サイト-

もっと見る

ラセター効果で品質が上がり始めた過渡期の傑作

さて、そのジョン・ラセターだが、彼がピクサーアニメのおそるべき品質の高さの源であったことは疑いない。そして、彼は2006年からディズニーも含めた創作部門の最高責任者になった。だから、この時期からは本家ディズニーのアニメ作品も品質がぐんぐん上がっていった。

そんな時期に作られたのがこの『ティンカー・ベル』で、見るとなるほど、のちの『トイ・ストーリー3』につながる、労働者賛美のテーマが見て取れる。

金融やITなどという、当時のアメリカが邁進していた実態不明な虚業でなく、地に足の着いた製造業、ものづくりに携わる人たちへの応援歌なテーマを隠し持つ本作は、だから大人の鑑賞にも堪えるのである。

脚本重視の作風はあきらかにラセターの影響が色濃く、そこにディズニーらしいファンタジックな美術の魅力が加わる。

という事で、もともと大作として作られたわけでもないし、メジャーでもないものの、なかなかの掘り出し物だったりするわけだ。

4人がいいねしていますいいね!

3魔法にかけられて

魔法にかけられて

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間107分
監督ケヴィン・リマ
音楽アラン・メンケン
メインキャストエイミー・アダムス(ジゼル)、パトリック・デンプシー(ロバート・フィリップ)、ジェームズ・マースデン(エドワード王子)、ティモシー・スポール(ナサニエル)、スーザン・サランドン(ナリッサ女王)、イディナ・メンゼル(ナンシー・トレメイン)ほか
主題歌-
公式サイト-

もっと見る

最後の手描きアニメーション

こいつをアニメ映画のカテゴリーに入れていいかはビミョーなのだが、もはやアメリカから手描きアニメの技術が失われつつあった時代に、ディズニーキャラクターを描いた経験を持つ最後のスタジオといわれたジェームズ・バクスター社が手掛けた作品なのだから、これはもう、まごうかたなきディズニーアニメーションと呼んでよいだろう。

あまり言われないが、この映画の前半のアニメーションの出来はなかなかのもので、ハンドメイドのディズニーアニメの良さを、現代的な構図割りのセンスで味わえる最後の作品ではないかと思われる。

そして何より、この映画にはディズニーアニメを好きなら好きなほど楽しめる仕掛けが満載。後半のぶっとんだ展開は、ディズニーファンほど大爆笑、そして満足できる。

ちまたではセルフパロディなどと称される本作だが、同時にディズニーファンへのアンケートでは一番好き、と答える人も少なくない。

それは、作り手に過去のディズニーアニメーションへの愛があふれているからではあるまいか。

5人がいいねしていますいいね!

このランキングに共感できましたか?

2人が共感しています共感!
総合ランキングをみる

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

STAND BY ME ドラえもん

エンタメ > アニメ・漫画

ドラえもん映画ランキング

おすすめのドラえもん映画は?

トイ・ストーリー

エンタメ > アニメ・漫画

ピクサー映画ランキング

おすすめのピクサー映画は?

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

エンタメ > アニメ・漫画

クレヨンしんちゃん映画ランキング

おすすめしたいクレヨンしんちゃん映画は?

マイランキング
作成・投票