みんなのランキング

apepさんの「太田プロの芸人ランキング」

18 0
更新日: 2020/06/27

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1有吉弘行

生年月日 / 干支1974年5月31日 / 寅年
出身地広島県
プロフィール1974年5月31日生まれ、広島県出身のお笑い芸人。1994年、お笑いコンビ『猿岩石』結成。1996年4月、日本テレビ『進め!電波少年』にてヒッチハイクの旅をすることになり、話題となった。著書『猿岩石日記』はベストセラー、シングル『白い雲のように』はミリオンセラーを記録するも、2004年にコンビ解散。解散後はピン芸人として活動を始め、多数の番組に出演。主な出演作は、日本テレビ『有吉ゼミ』『ヒルナンデス!』、TBS『櫻井・有吉 THE 夜会』『有吉ジャポン』、テレビ朝日『マツコ&有吉のかりそめ天国』『ロンドンハーツ』、フジテレビ『有吉くんの正直さんぽ』、JFN『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』など他多数。
代表作品日本テレビ『有吉ゼミ』
TBS『櫻井・有吉 THE 夜会』
テレビ朝日『マツコ&有吉のかりそめ天国』
公式SNSTwitter
Instagram

トークの安定感

もう、とりあえずいれば笑いをかっさらう。
トークも外れなく、安定した笑いを提供してくれていると思います。
でも、もっとひな壇での活躍も見てみたいところです。
アメトーークで見せたブッコミ具合は、見ていてとても面白かったです。

2劇団ひとり

生年月日 / 星座 / 干支1977年2月2日 / みずがめ座 / 巳年
出身地千葉県
プロフィール1977年2月2日生まれ、千葉県出身のお笑い芸人。1993年にデビュー後、2000年からピン芸人として活動。2006年に発表した著書『陰日向に咲く』で小説家デビューし、100万部を超えるベストセラーに。2010年には2作目となる『青天の霹靂』を発表し、2014年には同作が映画化され監督も務めた。その他主な出演作は、テレビ東京『ゴッドタン』、日本テレビ『幸せ!ボンビーガール』『超問!究極の○×クイズSHOW』、テレビ朝日『中居正広のミになる図書館』、FM-FUJI『劇団サンバカーニバル』など他多数。
代表作品著書『陰日向に咲く』
著書『青天の霹靂』
テレビ東京『ゴッドタン』
公式SNSTwitter

オンリーワンのキャラクター

様々なキャラクターを持ち、時には知的に、時には下ネタをガンガンいう姿は幅の広さを感じさせます。
本当の姿はどれなのか、分からなくなってしまうほどに多彩なキャラクターは、見れば見るほど引き込まれていき、ついついずっと見ていてしまいます。

3宮下草薙

宮下草薙

引用元: Amazon

メンバー草薙航基(左)
宮下兼史鷹(右)
結成2016年
代表作品情報番組『スイモクチャンネル』
バラエティー『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』
公式SNS-

ネガティブのパイオニア

漫才でもトークでも、ネガティブを売りにした草薙さんのキャラクターは、世の中のネガティブな人間に勇気を与えてくれたと思います。
今は隠れていますが、宮下さんがときおり見せる闇の深さも、まだまだこのコンビが大成する要素を秘めており、とても楽しみです。

4ダチョウ倶楽部

メンバー寺門ジモン(左)
肥後克広(中)
上島竜兵(右)
結成1985年
プロフィール肥後克広・寺門ジモン・上島竜兵の3人からなるお笑いトリオ。計算されたコンビネーションで見せる芸やリアクション芸には定評があり、数々のバラエティ番組で活躍。1993年には「聞いてないよォ」のセリフで流行語大賞大衆部門銀賞を受賞。主な出演作は、フジテレビ『志村けんのバカ殿様』『爆笑!ものまね紅白歌合戦』、舞台『志村魂1~12』、DVD『リアクションの殿堂』など他多数。
代表作品フジテレビ『志村けんのバカ殿様』レギュラー
フジテレビ『爆笑!ものまね紅白歌合戦』レギュラー
舞台『志村魂1~12』(2006~)
公式SNSTwitter
Instagram

分かっていても笑ってしまう伝統芸

もう見飽きているはずなのに、いざ見ると、毎回笑ってしまうその芸は、伝統芸ですか感じます。
個人で出ても面白いですが、やはり3人で揃ってこその面白さが一番です。
ボケの上島さん、ツッコミの肥後さん、説教の寺門さんのバランスの良さは最強だと思います。

5デンジャラス

プロフィール安田和博、ノッチの2人からなるお笑いコンビ。昭和63年3月にコンビを結成。演劇出身による、実力派コントグループ。ノッチの演じる「デンジャラス」なキャラクターにツッコミの安田が巻き込まれていくコントは秀逸。ノッチのオバマ大統領のモノマネは、大統領本人から直接公認をもらいアメリカの新聞でも紹介された。主な出演作は、テレビ埼玉『デンジャラスナイト』、日本テレビ『天才どんぐり』、静岡放送『らじおの王様』、DVD『このバカタレが!』など他多数。
代表作品テレビ埼玉『デンジャラスナイト』
日本テレビ『天才どんぐり』
静岡放送『らじおの王様』

ボキャブラ時代には見せなかったキャラクター

今はあまりテレビに出ることはありませんが、安田さんのトーク力の高さは、有吉さんメインのラジオでいつも輝いています。
ノッチさんはギャグ製造マシーンになるかと思いきや、恐妻家の一面や、トークだとポンコツになるそのギャップもとても面白いです。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

芸能人・著名人の新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング