みんなのランキング

ゆうりさんの「泣ける感動アニメランキング」

10
更新日: 2020/03/19

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1フランダースの犬

フランダースの犬

引用元: Amazon

放送期間1975年1月~
話数全52話
制作会社ズイヨー映像、日本アニメーション
監督-
メインキャスト喜多道枝ネロ)、麻上洋子・桂玲子(アロア)、及川広夫(ジェハンじいさん)、大木民夫(コゼツ)、中西妙子(エリーナ)、駒村クリ子(ジョルジュ)、菅谷政子(ポール)ほか
公式サイトhttps://www.nippon-animation.co.jp/work/843/

泣けるアニメといえばコレ!

ネロとパトラッシュが天国に行くシーンは何回観ても悲しくて泣けます。ネロとパトラッシュのかわいそうな物語で、後半は、たくさん泣ける場面があります。子供が大人なしで生きていくのは大変だなーと実感できます。

2小公女セーラ

小公女セーラ

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リーインドからロンドンの女学院に転入してきたセーラは、ダイヤモンドの発掘事業を手がける父を持つ裕福な少女だったが、父の突然の死により身寄りをな くしてしまう。学院で特別待遇を受けていたセーラの生活は一変し、メイドと して屋根裏部屋に追いやられてしまう。過酷な労働といじめに耐える日々が続 くが、セーラを慕う少女ベッキーや町の少年ピーターの助けもあり、健気に暮 らしていた。やがて、死んだ父の親友であり、その娘のセーラを探していたク リスフォード氏と出会い、セーラは幸福な暮らしを取り戻すのである。(公式サイトより引用)
放送期間1985年1月〜
話数全46話
制作会社日本アニメーション
監督黒川文男
メインキャスト島本須美セーラ)、 山田栄子(ラビニア)、 鈴木みえ(ベッキー)、 中西妙子(ミンチン院長)、 八百坂万紀(アーメンガード)ほか
公式サイトhttp://www.nippon-animation.co.jp/work/1473/

セーラが意地悪されるシーンが泣ける!

セーラがみんちん先生とかに意地悪されるのが本当にかわいそうで泣けます。つらいときも明るく頑張るセーラの姿がかわいそうだし、ベッキーが意地悪される姿も本当にかわいそうです。子供なのに、いろいろこき使われて本当に泣けてきます。

3ロミオの青い空

ロミオの青い空

引用元: Amazon

放送期間1995年~
制作会社日本アニメーション
監督楠葉宏三
メインキャスト折笠愛、藤田淑子、岡村明美、川村万梨阿、安西正弘ほか
公式サイト-

ロミオが煙突掃除夫として売られるのが泣けます!

ロミオが父を救うために煙突掃除夫としてミラノに向かうのが本当にかわいそうな物語です。煙突掃除夫としてつらい日々をおくるシーンは、本当に涙ものです。たくさん泣けます。子供が懸命に頑張る姿は本当に感動できます。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング