みんなのランキング

いがらしゆみこの漫画人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

メイミー・エンジェル赤毛のアン(漫画)キャンディ・キャンディ(漫画)ジョージィ!

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数7
投票参加者数8
投票数25

少女漫画界の巨匠・いがらしゆみこ。美術館も設立し、そこでは作中に出てくる華やかな女の子のような体験ができると人気を呼んでいます。今回は「いがらしゆみこ漫画人気ランキング」をみんなの投票で決定!『キャンディ・キャンディ』(1975年)、『ジョージィ!』(1982年)や『ムカムカパラダイス』(1993年)など人気タイトルが揃うなか、いったいどの作品が1位に登りつめるのでしょうか?あなたがおすすめしたい作品を教えてください!

最終更新日: 2021/03/22

ランキングの前に

1分でわかる「いがらしゆみこ」

いがらしゆみこの略歴

いがらしゆみこは、1950年8月26日生まれ、北海道出身の漫画家。高校在学中の1968年に、『白い鯨のいる島』でデビューを果たします。その後、女性マンガ誌「なかよし」の専属作家として活動し、小説やドラマのコミカライズや漫画の原作も手掛けてきました。女の子の憧れを詰めたようなきらびやかな世界観と、巧みに描かれた人物の表情が魅力です。

いがらしゆみこの代表作

いがらしゆみこの代表作として、数々の困難に立ち向かう少女・キャンディの成長を描いた『キャンディ・キャンディ』(1975年)、主人公ジョージィを取り巻く複雑な恋愛模様を描いた『ジョージィ!』(1982年)、少女と恐竜の赤ちゃんが繰り広げるドタバタコメディ『ムカムカパラダイス』(1993年)などが挙げられます。

関連するおすすめのランキング

面白い漫画ランキングはこちら!

面白い漫画ランキング

完結漫画 名作ランキング

ジャンル別漫画ランキングはこちら

漫画おすすめ人気ランキング!全54ジャンル別・2021年版

このランキングの投票ルール

本ランキングでは、いがらしゆみこが手がけたすべての漫画作品に投票対象です。「五十岸ひとみ」や「五十嵐優美子」、「山川虹子」名義の作品や、作画を務めた作品にも投票OK。ただし「赤毛のアン」といった、小説のコミカライズ作品は対象外です。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1キャンディ・キャンディ(漫画)

キャンディ・キャンディ(漫画)

引用元: Amazon

作者原作:水木杏子 / 作画:いがらしゆみこ
ジャンル少女漫画
出版社講談社
連載なかよし(1975年4月号~1979年3月号)
巻数全9巻

もっと見る

主人公のキャンディは色んな苦難が襲い掛かってもいつも明るくて可愛い

いがらしゆみこさんが書いた漫画と言って一番に思い出すのが「キャンディ・キャンディ」です。なぜなら幼い時に夢中で見ていましたし、キャンディ・キャンディの絵が付いたグッズなどをたくさん持っていましたので。主人公のキャンディは色んな苦難が襲い掛かってもいつも明るくて可愛いので大好きでしたし、彼女のようになりたいと憧れました。テレビでこの漫画が放送されていた時の主題歌が大好きで歌っていたので、今でも口ずさむ事が出来ます。

可愛いキャンディに、憧れました。元気の出る漫画。

おてんばなキャンディがとても可愛くて、大好きです。引き取り先の家で、その子供達から、意地悪をされても、全然負けない芯の強いところが、素敵です。絵も作品にあっていて、キラキラした目に、クルクルの髪の毛が最高です。この作品を見て、いがらしゆみこさんのファンになりました。

あい

あいさん

1位に評価

いがらしゆみこといえば!

いがらしゆみこ先生といえばキャンディ・キャンディで決まりだと思います。日本の漫画っぽくなくて舞台もアメリカやイギリスで優雅な感じがします。キャンディという名の孤児が成長していく物語で絵柄もとても可愛らしく素敵な漫画です。

コメントをもっと読む

アンが色んな苦難を乗り越えながら成長して行く姿が描かれていて感動

髪の毛が赤毛のせいで「にんじん」とからかわれてしまってコンプレックスを持った主人公のアンが、色んな苦難を乗り越えながら成長して行く姿が描かれていて感動しました。私はこの漫画で「赤毛のアン」が好きになって、小説の「赤毛のアン」も読みましたが漫画でのストーリーが頭に入っていたので読みやすかったです。

原作をそのまま!

絵のタッチが可愛くて、色合いも好きです。赤毛のアンを原作をそのままに描かれているので、がっかりするところもなくて、とても好きな漫画です。美形すぎるアンがとっても可愛くて、いがらし先生の手にかかればすべてが美しくなって、見ていてずっと楽しめます。

はる

はるさん

2位に評価

名作がいがらしゆみこさんによって、さらに素晴らしいものになっています。

名作の赤毛のアンが、いがらしゆみこさんの手にかかると、より少女の憧れる感じになっていて、アンの魅力がより一層引き立っていたと思います。アンの表情や言い方などが、いがらしゆみこさんだからこそ描けるタッチで、面白くて、一気に読んでしまいました。

あい

あいさん

2位に評価

コメントをもっと読む

3ジョージィ!

ジョージィ!

引用元: Amazon

作者原作:井沢満 / 作画:いがらしゆみこ
ジャンル少女漫画
出版社小学館
連載週刊少女コミック
巻数全5巻

もっと見る

明るく前向きな主人公と壮大な物語が魅力

いつも明るい太陽のような笑顔のオーストラリアっ子ジョージー。過酷な運命に翻弄されながらも周りの人達に対する愛情や見返りを求めない優しさが魅力的です。ジョージーの兄のアベル、アーサーのキャラクターも魅力的でそれぞれのジョージーを思う愛情に心打たれました。

ストーリ展開はちょっとビックリの設定だけど内容が深くて感動するシーンもある漫画

この漫画は始めはキラキラして心温まる恋物語かと思っていたのですが、実は結構、ドロドロの命がけの恋物語でした。妹と彼女を思う二人の兄との三角関係のストーリーでしたのでちょっとビックリの設定ですが、結構、内容が深くて感動するシーンもありました。そして主人公のジョージィがいつも明るくて可愛い所が好きです。

苦難を乗り越えるジョージィを応援したくなる!

ある事がきっかけで、自分は拾われた子供だと知ったジョージィが、本当の父親を探して、色々な苦難を乗り越えていくところが、一緒に笑ったり、泣いたり出来ました。自分のことの様に、漫画の世界に入っていけて、名作だと感じます。

あい

あいさん

3位に評価

4メイミー・エンジェル

メイミー・エンジェル

引用元: Amazon

作者いがらしゆみこ
ジャンル少女漫画
出版社講談社
連載なかよし(1979年4月号~1980年12月号)
巻数全3巻

もっと見る

西部開拓時代の雰囲気が大好きでした

小さい頃に読んで内容ははっきりとは覚えていないのですが、いがらしゆみこ先生ならではの異国を舞台にした壮大な物語が印象的です。ロマンあふれる西部開拓時代、ディズニーランドのウエスタンランドの雰囲気が大好きなので、ぜひ、読み直してみたい作品です。

西部劇を楽しんだ。

少女漫画で西部劇をやるのだからいがらしゆみこ先生の引き出しの多さを見せつけられた感じがします。メイミーという少女とメイミーが恋したジョニーの物語です。少女漫画の絵柄で西部劇なのがとにかく新鮮で面白いです。メイミーの可愛いキャラも素敵です。

心優しい主人公と仲間たちが素敵

学校中の人気者の10歳の女の子が主人公、ある日魔法が使えるようになって、様々なドタバタ劇や悲劇にドキドキしながら読み進めていきました。どんなひどい仕打ちを受けても、心優しく相手を思いやるマミーやマミーのことが大好きな仲間たちとの友情がさわやかでした。

6薔薇のジョゼフィーヌ

薔薇のジョゼフィーヌ

引用元: Amazon

作者原作:落合薫 / 作画:いがらしゆみこ
ジャンル-
出版社秋田書店
連載プリンセスGOLD(2011年10月号~2014年1月号)
巻数全4巻

もっと見る

ジョゼフィーヌには思い入れがあって好きなんです。

ナポレオンの皇后になったジョゼフィーヌについて描かれていて、普通はぴんと来ないことも漫画だと楽しく読めました。ジョゼフィーヌという名前の結婚指輪をしているのですが、とてもジョゼフィーヌに思い入れがあって、この漫画も運命的に感じたところもあります。ロマンチックなお話で、好きな少女漫画です。

はる

はるさん

3位に評価

7アンはアン

アンはアン

引用元: Amazon

作者いがらしゆみこ
ジャンル少女漫画
出版社講談社
連載なかよし(1984年10月号~1986年1月号)
巻数全3巻

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ