みんなのランキング

好きなバレエ音楽ランキング!みんなの投票で決定!

ボレロ / ラヴェルくるみ割り人形のパ・ド・ドゥよりアダージオ / チャイコフスキーダフニスとクロエ 第2組曲 / ラヴェルロミオとジュリエットよりDance of the knight(舞踏会シーン) / プロコフィエフ

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数6
投票参加者数10
投票数21

最終更新日: 2020/09/16

このお題はBishkekさんが作成

このランキングの投票ルール

<p>踊る踊らないは関係なく、踊りたいでもなく、とにかく好きなバレエ音楽をランキング。</p>

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1ダフニスとクロエ 第2組曲 / ラヴェル

ダフニスとクロエ 第2組曲 / ラヴェル

引用元: Amazon

バレエ音楽の珠玉の名曲

ダフクロの呼称でバレエファンから愛されるバレエ組曲ダフニスとクロエ。
特に好きなのは、第二組曲の「夜明け」。ppの静まり返った幻想的な雰囲気から次第にまさに夜明けを思わせる壮大な幕開けのfへと徐々に変化していくスケールがとても好き。
でも木管楽器のパッセージは難解ですよね。

2くるみ割り人形のパ・ド・ドゥよりアダージオ / チャイコフスキー

くるみ割り人形のパ・ド・ドゥよりアダージオ / チャイコフスキー

引用元: Amazon

これぞバレエの王道。

バレエ音楽の中でも最も壮大で美しい音楽だと思います。チャイコフスキーの美しい旋律は言わずもがな。始まりは優雅に、後半に向かっての盛り上がり方は半端ないです。「これ、お菓子の国の話だっけ?」と思ってしまいそうになるほど、幻想的でドラマティック。文句なしに踊りたいバレエ音楽ナンバーワンでもあります!ちなみにこれを踊るのは金平糖の精ですが、主人公のクララ(ロシア版ではマーシャ)が踊るという設定のときもあります。

Bishkek

『帰ってきた!パパはバレエダンサー』運営

Bishkekさん

1位に評価

3ロミオとジュリエットよりDance of the knight(舞踏会シーン) / プロコフィエフ

ロミオとジュリエットよりDance of the knight(舞踏会シーン) / プロコフィエフ

引用元: Amazon

大人の魅力満載の気持ちいい音楽

この曲を聴いてまず「ソフトバンクのコマーシャル」を思い出す人も多いことでしょう。意外とバレエ音楽を使っているソフトバンク。社内にバレエ好きな人でもいるんでしょうか?
プロコフィエフの音楽は音どりが難しく、カウントをとるクセのある私は途中で疲れますが、この曲だけは気持ちいい!「あの真ん中で踊りたい!」と思ってしまいます。これを踊るには大人の雰囲気、高貴さ、気品、手先や目線などの細かいドヤ感が肝になりますが、その前に宮廷舞踊をマスターしないといけないでしょう。

Bishkek

『帰ってきた!パパはバレエダンサー』運営

Bishkekさん

2位に評価

4ボレロ / ラヴェル

ボレロ / ラヴェル

引用元: Amazon

バレエダンサーがたどり着く究極

選ばれたダンサーだけが踊ることを許される「ボレロ」というイメージ。実際にそうであるのですが、この曲の持つ宇宙感はきっと、かつて見た「銀河英雄伝説」の第4次ティアマト会戦の影響であると思われます。
だからこのバレエを見るとダンサーの周りを渦巻く星々が見えるわけです。まるで宇宙空間に投げ出されたように、絶対と危うさを纏って踊るってどんな気持ちだろう?と、そこに到達してみたいと思わせる一曲です。

Bishkek

『帰ってきた!パパはバレエダンサー』運営

Bishkekさん

3位に評価

5「白鳥の湖」より情景 / チャイコフスキー

6「シバの女王ベルキス」よりソロモンの夢 /レスピーギ 

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ