みんなのランキング

はじめさんの「カフェチェーンランキング」

152
更新日: 2020/03/11

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

日本人向けのコーヒー

サンマルクカフェさんはバランスが良いコーヒーチェーン店だと思います。コーヒーの酸味と苦みが、万人受けするブレンドです。本格的な味を追求する人は物足りなさを感じるかもしれませんが、毎日コーヒーブレイクするには丁度よいお店です。また、サイドメニューのパンも美味しいです。コーヒーにあう甘さも魅力の一つです。

2カフェ・ベローチェ

カフェ・ベローチェ

Caffe6820.JPG by mariemon / CC BY

カフェ・ベローチェ (CAFFÈ veloce) は、株式会社シャノアールが展開するセルフサービス形式のコーヒーショップである。

のんびりできるお店

カフェベローチェさんは、店舗が広くゆっくり過ごすことができます。とくにサラリーマンには強い味方のコーヒー店です。コーヒーの特徴としては、少しコクが強いですが比較的に飲みやすい部類に入ると思います。毎日、気軽に通うことができる点が魅力的です。

3ドトールコーヒーショップ(DOUTOR)

ドトールコーヒーショップ(DOUTOR COFFEE SHOP)は、株式会社ドトールコーヒーが日本で展開するセルフ式のコーヒーショップチェーン。 2011年10月時点ではフランチャイズが973店、直営が140店と日本国内で店舗数は業界最多である。 略称は一般的にはドトール。また、業界ではDCS(Doutor Coffee Shopの頭文字)と呼ばれることが多い。以下、「ドトールコーヒーショップ」を「DCS」と省略する。

独自の濃厚さが印象的なコーヒー

ドトールコーヒーさんの特徴は、濃いブレンドだけれども後味がスッキリしています。とくにアイスコーヒーは目が覚めます。個人的にはホットよりもアイスの方が特徴が生きていると思います。夏場はとくに美味しく感じます。コスパも良く、コーヒーが出てくるまでの時間が早いのも魅力です。サイドメニューのミラノサンドは絶品です。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる