みんなのランキング

にゃちもーさんの「海外小説ランキング」

00
更新日: 2020/11/18

ランキング結果

これを読んでヨーロッパ旅行に行きました!

この作品を読んでパリに行きました。小説に出てくる絵画を観にルーブル美術館や教会を巡りました。実際に本物の『岩窟の聖母』を観た時は心が奮えました。イギリスの大英博物館の『岩窟の聖母』も観に行きたかったですが時間の都合で次に渡欧するための理由としてとってあります。原作を2回読んでから映画を観て、絵画について色々調べたりしました。この本のおかけでヨーロッパの絵画にとても興味を持つ事が出来ましたし、旅行にまで行く事が出来ました。自分の中の世界が拡がった作品です。

2天使と悪魔(小説)

天使と悪魔(小説)

引用元: Amazon

『天使と悪魔』(てんしとあくま、Angels & Demons)は、ダン・ブラウン著のサスペンス小説。「ロバート・ラングドン」シリーズ第1作。アメリカでのポケット・ブックス社発売は2000年だが、日本ではそれに追って2003年、角川書店から上下巻で発売された。現在角川文庫からも上中下巻で発売されている。日本語版の翻訳者は越前敏弥。同じくダン・ブラウンの著書『ダ・ヴィンチ・コード』が映画化されるに際し、上中下巻に分冊した文庫版が売り上げを伸ばしたことから、本作も2006年に文庫版3冊が発売された。2016年には日本語版で荻野晴朗と〆野潤子の朗読によるオーディオブックがデータ配信でAudibleにて配信。 なお、『ダ・ヴィンチ・コード』に続いて同名で映画化された。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる