1. トップ
  2. ショッピング
  3. 雑貨・家具・日用品
  4. 初心者におすすめの万年筆ランキング
  5. 武田 健さんのランキング

ランキング結果をSNSでシェアしよう

あなたもランキングを作りませんか?

自分のランキングを作って投票

武田 健さんのランキング詳細・コメント

色々なインクを楽しめる万年筆を試してみたい!でも果たして自分が万年筆を使いこなすことができるのだろうか?と二の足を踏んでいる人も多いと思います。
そんな人たちにおすすめの初心者向けの万年筆を選んでみました。
コストが安いだけでなく、書き味が良かったり、デザインが優れていたり、ちょっと遊び心のある万年筆だったり、コレクションしたくなるような万年筆などもあるんですよ!

1PILOT カクノ

PILOT カクノ

引用元: Amazon

価格1,000円(税抜)

もっと見る

コスパ最高!書き味最高!プロも唸る初心者向け万年筆

初心者にとって万年筆というのは、とにかくその存在だけで敷居が高いと思ってしまうものです。お値段もするだろうし、書くのにお作法とかありそうだし、メンテナンスも難しそう…。そう思って万年筆を使うことを躊躇している人も少なくないと思います。

そんな人たちに一番おすすめしたい万年筆がパイロットのカクノです。

まず初心者に嬉しいのがそのお値段!
たったの1000円(税抜き)なのです。これだったらもし万年筆が自分の手に合わないと思った時でも罪悪感もそんなに抱かなくて済むのではないでしょうか。

しかも、そんなにお手頃価格の万年筆だというのに、書き味は抜群なのです。どれだけ書き味がすごいかというと、他社に所属していた万年筆の修理などを専門にしているプロの方がカクノの書き味を絶賛しているくらいなのです。

ステンレスのペン先ですが、最近のステンレスペン先は技術の向上により、いわゆる金ペンと呼ばれる高級ラインの万年筆と引けを取らないほどの書き味を実現しています。

黒のカートリッジ式のインクが付属しているので、まずお試しで万年筆を使いたいという方にもぴったりです。
またキャップの色もパステルカラーなどが揃っており、集める楽しみもあります。
初心者からヘビーユーザーまでも虜にする最強の初心者用万年筆と言って良いでしょう。

2セーラー万年筆 ハイエース ネオ クリア カリグラフィー

セーラー万年筆 ハイエース ネオ クリア カリグラフィー

引用元: Amazon

遊び心をくすぐる初心者用万年筆

せっかく万年筆を使うんだったら、普通のペン先じゃなくて、ちょっと変わった、万年筆らしい文字の書ける万年筆を使ってみたいと思う初心者の方もいらっしゃると思います。

そんな向上心の高い初心者におすすめなのが、セーラー万年筆から出ているハイエース ネオ クリア カリグラフィーです。

カリグラフィーなので、縦の線は太く、横の線は細く書けるという特徴があります。しかし、これが実は万年筆っぽいと人気なのです。

ペン幅は1.0、1.5、2.0の3タイプがありますが、おすすめなのが一番細い1.0です。
ちょっとしたメモを書いたり、手書きツイートなどを楽しんだりするのに、ちょうど良いのです。癖のある字が書けるだけでなく、インクの濃淡も出やすいので、もっと万年筆を使ってみたい!という気持ちにさせてくれるでしょう。

お値段も税抜き1500円ですので、こちらもチャレンジしやすい価格設定となっています。スモーキーでスマートなストレートタイプのクリア軸とネイビーブルーのキャップもクールです。

また、カリグラフィーの書き方のコツが詳しく書かれたリーフレットや黒のカートリッジインクも付属しているので、すぐにカリグラフィーを楽しむことができるのも魅力です。

3LAMY safari 万年筆

LAMY safari 万年筆

引用元: Amazon

価格4,000円(税抜)

もっと見る

世界中の人たちから愛されている万年筆

ドイツのブランドLAMYは、1930年の創業以来、モノづくりにこだわったモダンなデザインの筆記具を数多く生み出してきました。

サファリは、そんなLAMYの中でも若い人たちに圧倒的な人気を誇る筆記具シリーズです。万年筆初心者にもおすすめで、持ち手の部分の形が指になじむような作りになっています。
ですから、万年筆を持ったことがない人でも、自然と万年筆を持つことができるような工夫がされているのです。

さらに、色がまたカラフルなのもこのシリーズの特徴。
定番のブルーやイエローといった国産ではあまり見られないような色から、毎年限定で出ている色もまた人気で、万年筆ユーザーの中でも毎年その限定色を集めているという人も多いんですよ!

実はぼくも初めて買った舶来万年筆はサファリで、今でも毎年限定色は買って集めています。

もちろん、書き味も滑らかで、ひっかかりを感じません。
国産に比べると、少しペン先が太目なのですが、インクの濃淡が出やすいので、万年筆らしい筆致を楽しむのにも最適だと思います。
お値段も4000円というのも嬉しいです。

様々な角度から初心者向けの万年筆を選んでみました。いかがでしたでしょうか?
万年筆というのは、いろいろな楽しみ方ができる他の筆記具にはない面白さがあります。
書き味、色、形も様々ですし、ブランドごとの特徴などもあります。また国内と海外では書き味そのものが異なるので、そういった違いを少しずつ味わいながら、万年筆を使って手書きのワクワクを多くの方に体験していただけたら嬉しいです!

このランキングに共感できましたか?

3 共感!総合ランキングをみる
マイランキング
作成・投票