みんなのランキング

セナ@西城秀樹さん&カラさんの「西城秀樹の曲ランキング」

504
更新日: 2020/11/10

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1ブルースカイ ブルー / 西城秀樹

ブルースカイ ブルー / 西城秀樹

引用元: Amazon

アーティスト西城秀樹
作詞・作曲阿久悠 / 馬飼野康二
リリース1978年8月25日『ブルースカイ ブルー』
収録アルバム『HIDEKI UNFORGETTABLE-HIDEKI SAIJO ALL TIME SINGLES SINCE1972』
『GOLDEN☆BEST 西城秀樹 シングルコレクション』
『GOLDEN☆BEST deluxe 西城秀樹』
『西城秀樹 ゴールデン☆ベスト』
タイアップ-

後世に伝えていきたい名曲中の名曲

阿久悠の歌詞はもちろん、馬飼野のメロディーが最高に合わさった、涙なしでは聞けない名曲。

紅白初出場!!史上初?!!顔が見えない怪傑ゾロで登場!!

西城秀樹にとって、紅白初出場となったこの曲。怪傑ゾロに扮し、顔が見えない状況で歌い始め、目隠しとハットを取り、間奏ではこれまた紅白史上初のスモークがたかれ、出場者のみならず、視聴者も盛り上げた伝説的紅白歌合戦の初出場となった。

3YOUNG MAN / 西城秀樹

YOUNG MAN / 西城秀樹

引用元: Amazon

アーティスト西城秀樹
作詞・作曲Henri Belolo、Victor Wills / Jacques Morali
リリース1979年2月21日『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』
収録アルバム『心響-KODOU- 西城秀樹還暦記念アルバム』
『ゴールデン☆ベスト 西城秀樹 シングルコレクション』ほか
タイアップ-

ザ・ベストテン初の9999点!!

言うまでもなく、ヴィレッジ・ピープルの「YMCA」のカバーである。
サビの「♪YMCA」の部分を振り付けで踊った事から、今では世界中でこの振り付けが使われている。
西城から世界に広まった。
ザ・ベストテンでは、番組史上初の9999点をたたき出し、これも伝説となった。

「西城秀樹」という歌手が生まれた瞬間。

西城秀樹のデビュー曲である。筒美京平さんの作曲だが、実はこの曲、西城が歌う前に他の歌手の曲だったが、雰囲気が違うという話から、西城に回ってきた曲である。西城は、デビューに対して、喉から血が出るほど、歌のレッスンをし、とても苦労した。そのような初々しい西城が垣間見れるデビュー曲だ。

「ヒデキー!!」レスポンス誕生!!

西城がドラマ「寺内貫太郎一家」に出演する時期に、この曲が発売になり、西城のカッコ良さ、可愛さ、スタイルの良さ、歌唱力が認められて来た。
「♪君が望むなら~」から「ヒデキー!!」というレスポンスが誕生した曲だ。
今では、当たり前になっているが、このレスポンスは西城が作り上げたものであり、常に新しい事に挑戦し続ける姿勢が素晴らしいのである。

独立後の再スタート!!

1983年、西城は今まで在籍していた事務所を離れ、独立を果たした。
前作の「漂流者」では、歌番組内で泣きながら歌っていたため、いろいろな憶測が飛んだが、この「ギャランドゥ」で西城は、長髪からばっさりと短髪になり、当時、たまたま遊びに来ていた、もんたよしのりが作詞作曲をした。松任谷由実の「ギャランドゥ」発言でさらに、注目を集めた。

ロッカー西城秀樹の本領発揮!!

西城は、生粋のロック好きで、デビューをしてから洋楽ロックのカバーをライブで数え切れないほど歌ってきた。この曲は、元Rainbowのグラハム・ボネットのソロ名義の曲である。西城の力強い歌唱力に加え、バックバンドやバックコーラスの層の厚さにより、西城秀樹の「ナイト・ゲーム」になった。後に、本家のグラハム・ボネットも絶賛している。

国民的アニメのEDを歌う事に!!

この曲は、今やヒットメーカーとして活躍している織田哲郎と、このアニメを描いているさくらももこの作詞作曲である。さくらももこ自身、アニメの中に西城を登場させるほど、大ファンであるという事を西城本人に伝え、実現した。今や誰もが知っているこの曲は、アニソンのみならず、邦楽で初めて「スカ」というジャンルを採用した。

冒頭の「♪ブーメラン~」が頭から離れない!!

この曲は、阿久悠の作詞、三木たかしの作曲である。
冒頭の「♪ブーメラン~ブーメラン~」が印象的で、頭から離れなくなる。
その時に、西城が頭の上で、腕を回す振り付けをし、ファンも同じ振り付けでライブを盛り上げる。
メロディーは、より複雑な構成で、西城の歌唱力を際立たせる雰囲気になっている。

最期のシングル曲…。生きる事への気持ち。

2015年、西城は還暦を迎えた。今となっては、最晩年となってしまう話ではあるが、60歳を迎えるまで、書ききれないほどたくさんの辛い事があった。この曲が収録されている、セルフカバーアルバム「心響」は、インディーズレーベルから出されたが、オリコン3位という快挙を成し遂げた。「蜃気楼」の歌詞は、当時の西城と重なる。生きる事への気持ちが溢れ出ていて、涙なしでは聞けない名曲となった。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる