みんなのランキング

奥田英朗の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

真夜中のマーチ港町食堂マドンナ野球の国オリンピックの身代金

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数0
投票参加者数0
投票数0

みんなの投票で「奥田英朗の書籍人気ランキング」を決定!群像劇を得意とし、多くの作品に取り入れている「奥田英郎」。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビューを果たしています。精神科医・伊良部シリーズの第1作目『イン・ザ・プール』や、第131回直木三十五賞を受賞した『空中ブランコ』、2000年に「このミステリーがすごい!」で7位に入賞した『最悪』、2002年に第4回大藪春彦賞を獲得した『邪魔』などのさまざまな人気作のなかから見事上位にランクインするのは果たして?あなたがおすすめする奥田英朗の作品を教えてください!

最終更新日: 2021/07/09

ランキングの前に

1分でわかる「奥田英朗」

日本のみならず、海外でも高い人気を誇る「奥田英朗」

1959年10月23日生まれ、岐阜県出身の「奥田英朗」。プランナーや編集者、コピーライターを経て1997年に『ウランバーナの森』で作家デビューを果たしました。2作目となる小説『最悪』(1999年)が2000年に「このミステリーがすごい!」で第7位を獲得し、一躍人気作家となりました。サスペンスからコメディ、家族小説まで幅広いジャンルを通して、登場人物の心情が巧みに描かれた彼の作品の数々は、日本だけでなく海外でも高い人気を誇っています。

「奥田英朗」の受賞歴

2002年に『邪魔』で第4回大藪春彦賞、2004年には『空中ブランコ』で第131回直木三十五賞を受賞しました。このほかにも、2007年に『家日和』で第20回柴田錬三郎賞、2009年には『オリンピックの身代金』で第43回吉川英治文学賞を獲得するなど、奥田英朗にはいくつかの受賞歴があります。

本ランキングにおける「奥田英朗の書籍」の投票範囲

本ランキングにおける奥田英朗の書籍の投票範囲は、彼が手がける作品です。エッセイやアンソロジー、単行本未収録の作品にも投票が可能です。ただし、漫画はランキング対象外です。

関連するおすすめのランキング

その他人気小説家のランキングはこちら!

太宰治の書籍ランキング

宮部みゆきおすすめ作品

有川浩の書籍ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、奥田英朗が手がけたすべての書籍に投票可能!あなたがおすすめする奥田英朗の作品に投票してください。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

候補イン・ザ・プール

イン・ザ・プール

引用元: Amazon

『イン・ザ・プール』は、奥田英朗による日本の短編小説集およびその表題作、またそれを原作とした2005年の日本の映画作品。 伊良部総合病院の地下にある神経科を訪れる人々と、彼らを診る医師を描いた作品。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ