1. トップ
  2. エンタメ
  3. 太宰治の書籍ランキング

太宰治の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

  • 人間失格(小説)
  • 走れメロス
  • 富嶽百景
  • 斜陽
  • 女生徒

生前に数々の名言を残した、日本が誇る天才作家「太宰治」。今回はこれまでに彼が執筆した作品に注目した「太宰治の人気書籍ランキング」をみんなの投票で決定します。作者の遺書とも考えられた誰もが知る小説「人間失格」や、戦後の動乱を生きる4人が破滅へと向かう道のりを描いた「斜陽」、感情豊かな女子生徒の心情を色濃く綴った「女生徒」などの人気作品は何位にランクイン?あなたのおすすめする太宰治の本に投票してください!

  • 参加者数20
  • アイテム数21
  • 投票数75

最終更新日: 2020/07/11

ランキング結果を今すぐチェック自分のランキングを作って投票

ランキングの前に

1分でわかる「太宰治」

日本を代表する小説家「太宰治」

太宰治は、1909年から1948年を生きた小説家。自殺未遂や薬物中毒を克服し、戦前から戦後にかけて多くの作品を発表しました。1948年6月13日に東京の三鷹付近にある玉川上水に、愛人であった山崎富栄と入水し、6日後に遺体で発見されました。わずか39年の生涯でしたが、歴史に残る数々の名作を残した、日本が誇る文豪の一人です。

太宰治の著書

太宰治が手掛けた本には、人気作品が多数。代表例は、日本文学史上最大のベストセラー「人間失格」、教科書に掲載され抜群の知名度を誇る「走れメロス」。さらに、日本の昔話をアレンジして再解釈を加えた物語「御伽草子」、戦後ベストセラーとなった小説「斜陽」、執筆中に太宰が死亡した未完の小説「グッド・バイ」など。太宰の小説の特徴でもありますが、自身の思いや経験が色濃く反映された作品が多いです。

このランキングに投票しているユーザーのバッジについて

  • 太宰治の作品を全作品読んだことがある。

  • 太宰治の作品を15作品以上読んだことがある。

  • 太宰治の作品を5作品以上読んだことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、気軽に参加可能な3つのボタンによる投票と、自分の順位を決めて公開・投票するマイランキングの合計ポイントで決定します。マイランキングの方がポイントは高く、順位に及ぼす影響は大きくなります。

投票ポイント・不正投票について

マイランキングを作ってみる

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

TOP5集計グラフ

合計ポイント差

  1. 1位人間失格(小説)

  2. 2位走れメロス

  3. 3位富嶽百景

  4. 4位斜陽

  5. 5位女生徒

ポイント男女比

  1. 1位人間失格(小説)

  2. 2位走れメロス

  3. 3位富嶽百景

  4. 4位斜陽

  5. 5位女生徒

男性女性

ランキングの詳細・コメント

条件による絞り込み:なし

1人間失格(小説)

人間失格(小説)

引用元: Amazon

『人間失格』(にんげんしっかく)は、小説家・太宰治による中編小説。『ヴィヨンの妻』『走れメロス』『斜陽』に並ぶ太宰の代表作の1つである。 他人の前では面白おかしくおどけてみせるばかりで、本当の自分を誰にもさらけ出すことのできない...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数2
注目

自分も失格なのではないかとおびえた本です。

読んだ後、暗い気持ちになった本です。それは、主人公に共感する部分が多かったから。私にとっては、自分で言葉にできない感情を、彼が言葉にしてくれていた本でした。

注目

本当の私は私以外だれも知らない

太宰作品と言えば、「私のことが書かれているかと思った」と人々に思わせるほど、人間の内面が深く描かれていることで人気を博しています。
その中でもあまりにも有名なタイトルとして、『人間失格』が挙げられます。
この作品は、太宰自身が入水自殺を当時の恋人と図る一か月ほど前に書かれています。波乱万丈な太宰の人生と重ねて読んでも、考えさせられる作品です。
興味深いシーンや名言がいくつも出てきますが、私は特に少年時代の主人公が道化を演じ、みんなから人気を得ている時、唯一少し知的な発達に遅れがみられる同級生に「ワザ、ワザ」と指摘される場面が印象に残っています。ここから、主人公の自意識が明らかに変化していると感じるのです。
読んでいるうちに、「主人公は私自身は……?」という不思議な気分を味わえるはずです。

新着

今だからこそ読むべき1冊

あまりにも映像化され過ぎて、きっと読んだことのない方のほうが多いのではないでしょうか。
下敷きは恐らく太宰自身なのでしょうが、どこかここかにナルシシズムを感じる1冊です。きっとこの作品から感じるよりも太宰はナルシストな気がします。1度読んでみることをオススメします。

言わずと知れた名作

名作だ名作だと言われ、食わず嫌いしている人もいるかも。でも、人間失格って決して古くさいストーリーじゃない。現代を生きる我々にも主人公の葛藤は手に取るようにわかる部分がある。主人公の苦悩は太宰治本人の叫びなのかなぁと思ったり。自分を、人間という不可思議な存在を考える上でこの一冊は役立ちます。哲学書のような一冊。

人生について。

主人公はきっと太宰さん自身。 幼少からずっと苦悩の中でもがきながら生きてきた主人公の葛藤。大人になるにつれ益々それが色濃く人生は辛いものだと感じ、その反面、強く生きていこうと感じる作品でした。歳をとるにつれて、感じるものが違ってくる作品です。

堕落してゆく男

堕落を描く太宰の代名詞のような作品でもある遺作。
今の時代から改めて振り返って見ると、昭和の作家というのは色恋と堕落と自殺願望が多い。
今ではそれらをあえて否定し多様さを受容する言説も多く、時代の移り変わりを感じます。

太宰といえば

やっぱり人間失格は外せません!
どれだけの人間が本作の虜になったか。
本作で小説に目覚めてしまった人間も数多くいます。教師でもあり反面教師でもある文学の最高峰であると思います。

いろんな視点

この作品はいろんな角度から物語を進めており、読者は人物のその様子が第三者の視点から描かれており、こう思ってたのかと納得もできる。

残り5件のコメントを見る

2走れメロス

走れメロス

引用元: Amazon

『走れメロス』(はしれメロス)は、太宰治の短編小説。処刑されるのを承知の上で友情を守ったメロスが、人の心を信じられない王に信頼することの尊さを悟らせる物語。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数2
注目

友情。

教科書に載っていました。人間の弱さに立ち向かうメロスの葛藤に共感が持て夢中になって読めました。真っ裸で走ってきたという最後の終わり方が太宰治らしくて良いです。友情は何にも変えられないものだと感じる作品です。

注目

有名だが実は太宰らしくない作品

この作品は『人間失格』と並んで太宰の代表作といえるものです。
しかしその実、太宰の作風とは少し違い、陰鬱とした表現も少なく前向きな気持ちに溢れています。そのため私個人としては、この作品こそ異端なのではと考えています。
もちろん名作なのには変わりなく、シンプルに人間に必要な心構えを表現してあるため、若い世代に読んでほしい作品です。

新着

神話のごとく

非常に短い話ながらも、教科書には必ず乗っており、日本人なら誰もが一度は目にしたことがあるであろう作品で、その簡潔な筋と道徳的な問いは、もはや完成された童話か、伝承されていく神話のようですらあります。
それもそのはず、世界各地に原型となったような類似の伝承が多く残っているそうで。

感動する

とても雨に打たれ風に打たれが印象的。セリヌンティウスがメロスを裏切るのも印象的。
メロスは全力で、体力の限界まで達するほどに走り続ける姿が今の自分に影響を与えています。素晴らしい作品。

その友情に心が熱くなる

文学って重苦しいのが多いのが常ですが、これはさくっと読める短編で、なにより読後感がいい!固い友情に結ばれた2人の青年に感動するのはもちろん、王様の心境の変化にグッとくる!

教科書

本作のことを知らない日本人はいないのではないでしょうか。
学校の宿題や授業で音読を聞いていて、まさか日本人が本作を書いているなんてと、当時は驚きました。

残り3件のコメントを見る

3富嶽百景

富嶽百景

引用元: Amazon

『富嶽百景』(ふがくひゃっけい)は、太宰治の短編小説・随筆。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

日本人の心の故郷富士山

かの有名な富士山が出来すぎていると感じ、快く思っていなかった主人公。しかし、恩師を訪れた先で、出会った人々や自己を見つめなおす中で富士山への印象が変わってきて…?
読んだ後必ず富士山に行きたくなるはず!

注目

富士山が好きになりました。

富士山に色々と文句をつけているけれど、結局のところ富士山が好きでたまらないのではないかと思うと、太宰治の可愛らしさを感じずにはいられません。

新着

読んだ後の爽快な気持ちがよい

この作品は、太宰が甲州の御坂峠にある天下茶屋に滞在しているときの作品です。全体的にゆったりとした内容で、気持ちが縛られることもなく気持ちよく読めます。それでいて太宰らしい心理描写も抜群で、少し斜に構えたような感情を知れます。特に、富士山に関する感想は必読ですね。

4斜陽

斜陽

引用元: Amazon

『斜陽』(しゃよう)は、太宰治の中編小説。 没落していく人々を描いた太宰治の代表作で、没落していく上流階級の人々を指す「斜陽族」という意味の言葉を生みだした。斜陽という言葉にも、国語辞典に「没落」という意味が加えられるほどの影響力が...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

破滅の物語

破滅の物語ですが、非常に美しい。特に没落貴族のお話は昭和の時代背景をもわたしに与えてくれる。札のついていない不良こそ怖いという言葉が印象に残る。悪、と後ろ指さされる人より、いかにも普通に生きている人の方が怖い。それはなんだか分かると思うのである。

注目

日本の没落貴族

太宰治自身の気持ちも代弁されている本作。主人公は女性ですが、ひじょーにユーモアの溢れたジョークや、オチのちゃんとある語り口は読んでいて爽快であるとともに、作品自体は当時の日本の憂鬱をリアルに再現していて、歴史的にも価値ある名作となっています。

新着

自分の愛人について書いた1作

太宰治の愛人を下敷きに描かれ、斜陽族という言葉まで生み出した1作です。ある作家と恋に落ちる姉、自身の出自から抜けられない母、そんな2人をバカにするようにして生きる弟などなんだか人間くさいキャラクターが出てきます。基本が真実を下敷きにしているので、なかなかリアルな話です。

戦後の美しい話

戦後になりながら東京での生活が苦しくなったため、家を売って伊豆で生活するお話。
直治という青年は麻薬中毒になっている印象的な言葉がある。
尊敬されている人たちは、みな嘘つきで、偽物なの 本で読んでて滅んでてもきれいなところがあったと思った。

没落

戦後日本において困窮する没落貴族のありようを中心に、その中で人としてどうあろうとするかという姿と、滅びを書いた作品。
偽善の罪深さを語り、上辺だけの平等主義の薄っぺらさを看破する誇りの高さは現代にも通じるものがあります。

生きること、死ぬことについて考えました。

太宰治の作品には、死という言葉がよく出てきます。この作品においては、不倫や自殺、シングルマザーなどが書かれており、女性としての生と死を考えながら読みました。

残り3件のコメントを見る

5女生徒

女生徒

引用元: Amazon

「女生徒」(じょせいと)は、太宰治の短編小説。 1938年(昭和13年)9月に女性読者有明淑(当時19歳)から太宰のもとに送付された日記を題材に、14歳の女生徒が朝起床してから夜就寝するまでの一日を主人公の独白体で綴っている。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

一人の女生徒

思春期の女学生の本音を太宰治なりに代弁した本作。
モデルとなった女性がいるようですが、それにしてもどれだけいろんな人間に憑依する事ができるのかと、太宰治の実力の底深さを垣間見る本作です。

注目

現代にも通ずる女子の感覚

この作品は、太宰作品によくあるような私小説ではなく、ある女生徒を主人公とした物語です。
この作品の魅力は、なんといっても女生徒の心理描写。
もちろん時代の違いはありますが、現代でも通用するような思春期の感情をありありと表現しています。
これを昔の、しかも男性が書いているというのが驚きです。女子中高生に読んでほしいです。

6ヴィヨンの妻

ヴィヨンの妻

引用元: Amazon

『ヴィヨンの妻』(ヴィヨンのつま)は、太宰治の短編小説。 第2章は太宰の口述を小山清が筆記したものである。残存する本作品の原稿はすべて太宰の筆跡になっているが、これはあとから書き直したものと推測される。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

こんな妻は今どき居ないからこそ

貞淑な妻と奔放過ぎる夫。なんともアンバランスな形で成り立った夫婦ですが、ひょんなことから夫の借金を返す為に妻は働きに出ることになるのです。こんな話はきっとたくさんありますが、なんだかこんなに素敵な感覚に浸れる女性像はきっともう小説の中だけでしょう。自分がなれないからこそ憧れを持って読んでしまいます。オススメです。

7右大臣実朝

右大臣実朝

引用元: Amazon

「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治の短編小説。初出は「右大臣実朝」[錦城出版社、1943(昭和18)年]。12歳の頃から実朝に仕え、その没後出家したかつての近習「私」が、実朝の死から20年経った時点か...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0

8晩年

晩年

引用元: Amazon

妻の裏切りを知らされ、共産主義運動から脱落し、心中から生き残った著者が、自殺を前提に遺書のつもりで書き綴った処女作品集。“撰ばれてあることの 慌惚と不安 と二つわれにあり"というヴェルレーヌのエピグラフで始まる『葉』以下、自己の幼・少...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

大宰治の初期作品群

"撰ばれてあることの 慌惚と不安 と二つわれにあり"というヴェルレーヌの詩から引用したエピグラフが付されている「葉」が冒頭に置かれた、太宰治の初期作品が集められた短編集です。太宰治の半生は波乱に満ちていましたが、特に大学を中退した頃にそれは集中していると思います。それ故に、この初期作品群は、後年の太宰治の作品とは違ったテイストであり、青春の酸いも甘いも混在した、死に対して開き直ることで逆に生を謳歌したかのような軽妙で沈鬱とした文章を楽しむことができます。特に第一回芥川賞の候補になった「道化の華」はおすすめです。

9グッド・バイ

グッド・バイ

引用元: Amazon

『グッド・バイ』は、太宰治による小説。未完のまま絶筆になった作品。『人間失格』を書き始める前の1948年(昭和23年)3月初め、朝日新聞東京本社の学芸部長末常卓郎は三鷹の太宰の仕事場を訪れ、連載小説を書くことを依頼する。なお『グッド・...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数2
注目

愛人を10人作った男

愛人を10人も作った主人公。こう書くと非情なろくでなしの男の物語かのように感じるが実際はそうではない。ユーモアに溢れていて読みやすい。太宰流ドンファンとのことだ。太宰治の遺稿として有名なのがこちらである。未完で終わったこの作品、彼がどう締めくくるつもりだったのか気になる。説教くささはなく、太宰の本質はここにあるのかもと思わされた。

10新ハムレット

新ハムレット

引用元: Amazon

『新ハムレット』(しんハムレット)は、太宰治の戯曲風の小説。シェイクスピアの『ハムレット』の近代的翻案、あるいはパロディ。 1941年(昭和16年)7月2日、文藝春秋社より刊行された。定価は1円70銭。著者にとって最初の書き下ろし長...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0

11津軽

津軽

引用元: Amazon

『津軽』(つがる)は、太宰治の小説。 津軽の地理や人々を描いた紀行文のようにとれるが、研究者の多くはこの作品を自伝的小説とみなしている。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0

12駆込み訴え

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0

13

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

まさに読者の目線を

ある作家の下に手紙が届く。「なぜ私の事を書くのですか?なぜ知っているのですか?」
元々は作者のことを嫌悪して見下していたはずの彼女は、自分の事が小説に書かれていると思い込み、一方的なファンレターが数件続け「そんなに私に会いたいのなら会ってあげましょう」と最後に送った。
ようやく返ってきた作家の返事は「貴方のことなど知りません」と社交辞令的なもの。何故なら本当に知らないのです。
正に読者の気持ちを逆手にとって書かれた名作短編です。

14彼は昔の彼ならず

彼は昔の彼ならず

引用元: Amazon

「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治の短編小説。初出は「世紀」[1934(昭和9)年]。青扇という無職で一向に家賃を入れない男について、家を貸している「僕」が語る作品。「僕」は家賃の催促に訪れては煙に巻...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

青扇と僕のやり取りに夢中になりました。

自我があるようでないような登場人物たちに、どこか魅かれる自分がいました。私も、僕の家のものほし場から見渡したいと思いました。

15お伽草紙

お伽草紙

引用元: Amazon

『お伽草紙』(おとぎぞうし)は、太宰治の短編小説集。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切雀」の4編を収める。 1945年(昭和20年)10月25日、筑摩書房より刊行された。初版発行部数は7,500部、定価は3円30銭だった。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

後味の良い作品です

太宰の自意識や感情が面白おかしい会話でこってり味わえるとても愉快な一冊です。登場人物たちのやりとりがリアルな生活臭に満ち溢れるものになっていて、面白い。明るく可笑しい雰囲気でテンポよく進む物語は、小気味よいです。

16パンドラの匣

パンドラの匣

引用元: Amazon

『パンドラの匣』(パンドラのはこ)は、太宰治の長編小説。 「健康道場」という名の結核療養所を舞台に繰り広げられる恋愛模様を通じて、青年・ひばりの成長を描く。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

恋情の表現

主人公・ひばりと看護師・竹さん、マア坊の三角関係が爽やかで清々しさすら感じました。若い恋情を様々な表現で表しているところが良い。私が若い頃はこのような青春がなかったのでなんとなく切ないが、羨ましく思う。

17きりぎりす

きりぎりす

引用元: Amazon

「おわかれ致します。あなたは、嘘ばかりついていました。……」 名声を得ることで破局を迎えた画家夫婦の内面を、妻の告白を通して印象深く描いた表題作など、著者の最も得意とする女性の告白体小説「燈籠」「千代女」。著者の文学観、時代への洞察...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0

18もの思う葦

もの思う葦

引用元: Amazon

初期の「もの思う葦」から死の直前の「如是我聞」まで、短い苛烈な生涯の中で綴られた機知と諧謔に富んだアフォリズム・エッセイ。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0

19悶悶日記

悶悶日記

引用元: Amazon

「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治による日記形式の作品。初出は「文藝」[1936(昭和11)年]。「 月 日」と、具体的な日付が無い日記形式の文章で、時期としては最初の創作集である「晩年」の準備をして...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

日常が感じられる本です。

太宰治の過ごす毎日をのぞき見している気分になる本でした。「郵便受箱に蛇」、「日に二十度、郵便受箱を覗き込む」など楽しめました。被害妄想のような部分もありながらも、最期は前向きな気持ちでいてくれたのがホッとしました。

20ろまん燈籠

ろまん燈籠

引用元: Amazon

小説好きの五人兄妹が順々に書きついでいく物語のなかに、五人の性格の違いを浮き彫りにするという立体的で野心的な構成をもった「ろまん燈籠」。 太平洋戦争突入の日の高揚と虚無感が交錯した心情を、夫とそれを眺める妻との画面から定着させた「新...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
21位~21位を見る

このランキングに参加したユーザー

  1. 1
    人間失格(小説)
    人間失格(小説)
  2. 2
    走れメロス
    走れメロス
  3. 3
    パンドラの匣
    パンドラの匣
  4. 4
    お伽草紙
    お伽草紙
続きを見る
ny4649ny4649(男性・20代)
  1. 1
    走れメロス
    走れメロス
  2. 2
    富嶽百景
    富嶽百景
  3. 3
    斜陽
    斜陽
続きを見る
じょーじょー(男性・20代)
  1. 1
    走れメロス
    走れメロス
  2. 2
    斜陽
    斜陽
  3. 3
    人間失格(小説)
    人間失格(小説)
  4. 4
    津軽
    津軽
続きを見る
よしなふよしなふ(男性・20代)
  1. 1
    晩年
    晩年
  2. 2
    新ハムレット
    新ハムレット
  3. 3
    女生徒
    女生徒
  4. 4
    人間失格(小説)
    人間失格(小説)
続きを見る
shutoshuto(男性・20代)
  1. 1
    人間失格(小説)
    人間失格(小説)
  2. 2
    津軽
    津軽
  3. 3
    グッド・バイ
    グッド・バイ
  4. 4
    晩年
    晩年
続きを見る
  1. 1
    駆込み訴え
    駆込み訴え
  2. 2
    右大臣実朝
    右大臣実朝
  3. 3
    富嶽百景
    富嶽百景
  4. 4
    走れメロス
    走れメロス
続きを見る
  1. 1
    ヴィヨンの妻
    ヴィヨンの妻
  2. 2
    人間失格(小説)
    人間失格(小説)
  3. 3
    斜陽
    斜陽
続きを見る
かなこかなこ(女性・30代)
  1. 1
    走れメロス
    走れメロス
  2. 2
    人間失格(小説)
    人間失格(小説)
  3. 3
    斜陽
    斜陽
  4. 4
    グッド・バイ
    グッド・バイ
続きを見る
ぴっとぴっと(女性・20代)
  1. 1
    富嶽百景
    富嶽百景
  2. 2
    女生徒
    女生徒
  3. 3
    走れメロス
    走れメロス
続きを見る
パピコパピコ(男性・30代)
  1. 1
    恥
  2. 2
    走れメロス
    走れメロス
  3. 3
    女生徒
    女生徒
  4. 4
    斜陽
    斜陽
続きを見る
  1. 1
    斜陽
    斜陽
  2. 2
    走れメロス
    走れメロス
  3. 3
    人間失格(小説)
    人間失格(小説)
続きを見る
  1. 1
    右大臣実朝
    右大臣実朝
  2. 2
    走れメロス
    走れメロス
  3. 3
    ヴィヨンの妻
    ヴィヨンの妻
続きを見る
  1. 1
    人間失格(小説)
    人間失格(小説)
  2. 2
    富嶽百景
    富嶽百景
  3. 3
    女生徒
    女生徒
  4. 4
    新ハムレット
    新ハムレット
続きを見る
  1. 1
    彼は昔の彼ならず
    彼は昔の彼ならず
  2. 2
    人間失格(小説)
    人間失格(小説)
  3. 3
    富嶽百景
    富嶽百景
  4. 4
    悶悶日記
    悶悶日記
続きを見る
usausa(女性・40代)

あわせて読みたいランキング

十角館の殺人

エンタメ >

サスペンス・ミステリー小説ランキング

おすすめのミステリー・推理小説は?

容疑者Xの献身(小説)

エンタメ >

東野圭吾の書籍ランキング

おすすめの東野圭吾の書籍は?

下町ロケット(小説)

エンタメ >

池井戸潤の書籍ランキング

あなたがおすすめする池井戸潤の書籍は?

ゴールデンスランバー(小説)

エンタメ >

伊坂幸太郎の書籍ランキング

あなたがおすすめする伊坂幸太郎の書籍は?

転生したらスライムだった件 (ライトノベル)

エンタメ >

ライトノベルランキング

おすすめしたいライトノベルは?

マイランキング
作成・投票