みんなのランキング

薬師丸ひろ子の人気曲ランキング!薬師丸ひろ子の歌でおすすめは?

WOMAN 'Wの悲劇'より / 薬師丸ひろ子探偵物語 / 薬師丸ひろ子セーラー服と機関銃 / 薬師丸ひろ子ステキな恋の忘れ方 / 薬師丸ひろ子バンブー・ボート / 薬師丸ひろ子

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数14
投票参加者数8
投票数33

みんなの投票で「薬師丸ひろ子の人気曲ランキング」が決定。1978年に女優としてデビューした薬師丸ひろ子。現在も映画やドラマで存在感を発揮していますが、以前は抜群の歌唱力で歌手としてもヒット曲を連発しました。代表曲である『セーラー服と機関銃』をはじめ、『探偵物語』『メイン・テーマ』『Woman "Wの悲劇"より』など、自身の出演映画の主題歌に起用されたヒット曲は何位にランクイン?あなたの好きな薬師丸ひろ子のおすすめ曲に投票してください!

最終更新日: 2021/07/04

ランキングの前に

1分でわかる「薬師丸ひろ子」

大女優として一世を風靡した薬師丸ひろ子

薬師丸ひろ子は1964年生まれ、東京都出身。1978年に映画『野性の証明』で女優デビューを果たします。1981年には自身の代表作で主演映画『セーラー服と機関銃』がヒットを記録。映画の主題歌も担当し、一躍大スターに上り詰めました。以降は、『探偵物語』、『ALWAYS三丁目の夕日』、『あまちゃん』などの人気作に出演します。

薬師丸ひろ子の代表的な楽曲

薬師丸ひろ子のデビュー曲は、主演映画主題歌の『セーラー服と機関銃』。この作品は配給収入23億円の大ヒットを記録しています。ほかにも『紳士同盟』、『探偵物語』『メインテーマ」『Woman“Wの悲劇”より』などのヒット作では主題歌を担当。特にセカンドシングルとしてリリースした『探偵物語/すこしだけやさしく』は、7週連続でオリコンのシングル・ランキング1位にランクインしました。

関連するおすすめのランキング

人気No.1の邦楽が決定!

邦楽ランキング

薬師丸ひろ子の出演作もチェック!

薬師丸ひろ子出演の映画ランキング

ユーザーのバッジについて

薬師丸ひろ子の曲を全曲知っている。

薬師丸ひろ子の曲を30曲以上知っている。

薬師丸ひろ子の曲を10曲以上知っている。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1セーラー服と機関銃 / 薬師丸ひろ子

セーラー服と機関銃 / 薬師丸ひろ子

引用元: Amazon

アーティスト薬師丸ひろ子
作詞・作曲来生えつこ / 来生たかお
リリース1981年11月21日『セーラー服と機関銃』
収録アルバム『ベスト・コレクション』
『薬師丸ひろ子 TWIN BEST』
『Love Collection 1981-2000』
『ゴールデン☆ベスト 薬師丸ひろ子』ほか
タイアップ映画『セーラー服と機関銃』主題歌

もっと見る

初めてショートカットにした薬師丸ひろ子さんの快活なイメージにピッタリだったテンポの良い曲!

薬師丸ひろ子さんが映画「セーラー服と機関銃」に主演されるにあたり、ヒロイン星泉役の為、髪をショートカットにされたのですが、映画のラストシーンでこの曲が流れ、機関銃を手に見立てて街中を走り回る快活な薬師丸ひろ子さんの姿がとてもピッタリだった曲だったな、という印象が残っています。

名曲

薬師丸ひろ子の言わずと知れたデビュー曲。自身が出演している映画『セーラー服と機関銃』の主題歌に起用されています。もともと、来生たかおが歌う予定だったものを彼女が歌っていますが、スローテンポでハキハキとしながらも憂いのある歌い方が魅力です。

イントロが...

はじめて購入したベスト盤に収録されていたのがアルバム・バージョンで、イントロが違うんですよ。「これじゃない」って思った。

代表曲

彼女の2ndシングルで、デビュー曲「セーラー服と機関銃」に次いでヒット。このあと発売する曲も立て続けに売れています。彼女が出演している映画『探偵物語』の主題歌として担当。作中での熱演ぶりも話題になりました。

映画館で観たよ

角川をはなれ、東映第1作です。ひろ子はやはり、ショートカットですね。写真集も買いました。共演の柴田恭兵むめちゃ好き。

高音が魅力

薬師丸ひろ子の4枚目のシングルでヒットを飛ばした名曲のひとつ。彼女が主演を務めた映画「Wの悲劇」の主題歌に起用されています。彼女の一番の魅力といえる高音ボイスで奏でられていて、イントロから驚くほど高いので、カラオケだとなかなかつらい曲です。ほかのアーティストにもカバーされている名曲。

琴線に触れる

1985年。高2の時ですね。バカみたいに繰り返し聞いてました。

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ