1. トップ
  2. エンタメ
  3. ホラー小説ランキング
  4. ぁみさんのランキング

2020/09/25

ぁみさんの「ホラー小説ランキング」

  • 24
  • 13

ランキング結果をSNSでシェアしよう

あなたもランキングを作りませんか?

自分のランキングを作る

ぁみさんのランキング詳細・コメント

1黒異本

黒異本

引用元: Amazon

著者外薗昌也
ジャンルホラー
出版社廣済堂
発売日2013年08月01日
メディアミックス-
公式サイト-

もっと見る

本自体が禍々しい

とても読みやすい文体でありながら驚くほど禍々しい。怪異が人をおかしくするのか、それともそういう人だから怪異を呼ぶのか、考えさせられる。そして、とにかく「黒い人」の存在が面白い。読んでいる側にも支障がありそうな雰囲気まであり、読んでいて不思議な怖さがある。

作者さん自体が怪異に対して接し方が軽いように書かれていたり、障りのある物を他人に押し付けたりということまで書かれていて、それがまたこの本の禍々しさを増長させている。内容の面白さもさることながら、存在としてのこの本がとても不気味で怖い。最高です。

6人がいいねしていますいいね!

2リング(小説)

リング(小説)

引用元: Amazon

著者鈴木光司
ジャンルホラー
発売日1991年6月
出版社角川書店
メディアミックス映画『リング』(1998年)
映画『リング2』(1999年)
ドラマ『リング〜最終章〜』(1999年)
映画『リング0 バースデイ』(2000年)
公式サイト-

もっと見る

大きな影響を与えた発明

ホラーを話す上で必ず通るであろうど真ん中。呪いの感染の恐ろしさを描いた事が抜群の恐ろしさでもあるが、怖い表現が連続するということではなく、原因を推測しミステリーの要素があることもこの作品のホラーとしての魅力に感じる。

なにより、この作品を語る上で今や一番の発明となっている「貞子」の存在がマスト。これがのちのホラー作品や怪談に至るまで沢山の影響を与えた事が凄いと思う。
怪談を喋っていると「どうして幽霊は長い黒髪の白い服が多いのか」とよく聞かれる。そんな事は全く無く、僕の集めている話の中では全くのごく少数なのだけど、きっと世に出ている話やイメージとして多いのだと、その存在感の大きさに驚かされる。

12人がいいねしていますいいね!

3家が呼ぶ 物件ホラー傑作選

家が呼ぶ 物件ホラー傑作選

引用元: Amazon

著者朝宮運河
ジャンルホラー
出版社筑摩書房
発売日2020年6月11日
メディアミックス-
公式サイト-

もっと見る

圧巻の名作揃い

新旧の名作も含まれた豪華ホラーアンソロジー。ノスタルジックな景色広がる中での壮大な怪異や、「家」という閉塞された空間だからこそ感じるジメっとした気持ち悪さや怪異だったり、五感を刺激される。

自分の安息の地でありたい「家」という場所。そこで起きる不可解な出来事など、たまらない。逃げたいけど簡単に逃げて済まない。戻らないといけない場所。元々大好きな「ルームシェアの怪」など圧巻。違和感が繋がりあまりにも恐ろしい結末が待っている。

6人がいいねしていますいいね!

このランキングに共感できましたか?

13人が共感しています共感!
総合ランキングをみる

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

図書館戦争(小説)

エンタメ >

小説ランキング

おすすめの小説は?

十角館の殺人

エンタメ >

サスペンス・ミステリー小説ランキング

おすすめのミステリー・推理小説は?

容疑者Xの献身(小説)

エンタメ >

東野圭吾の書籍ランキング

おすすめの東野圭吾の書籍は?

ゴールデンスランバー(小説)

エンタメ >

伊坂幸太郎の書籍ランキング

あなたがおすすめする伊坂幸太郎の書籍は?

転生したらスライムだった件 (1)

エンタメ >

ライトノベルランキング

おすすめしたいライトノベルは?

マイランキング
作成・投票