みんなのランキング

かんなさんの「日本の航空会社ランキング」

50
更新日: 2020/10/20

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1全日本空輸(ANA)

全日本空輸(ANA)

全日本空輸株式会社(ぜんにっぽんくうゆ、英: All Nippon Airways Co., Ltd.)は、日本の国内規模最大の航空会社。ANAホールディングス株式会社の子会社。 1952年12月設立、現在、国際線、国内線ともに国内最大規模を誇る。公式な略称はANA(エー・エヌ・エー)だが、報道等では通称の全日空(ぜんにっくう)と呼ばれることも多い。 イギリスのスカイトラックスによる航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ (The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている。日本のエアラインとしては史上初の獲得。コーポレートスローガンは「あんしん、あったか、あかるく元気!」、プロダクト・サービスブランドとタグラインは「Inspiration of JAPAN」である。

安心

日本人として旅行時に日本のスタッフの乗っている飛行機は万が一の事故があったときのことを考えると安心する。ANAのスタッフさんのカスタマーサービスは今までに悪かったことがなく、行き届いた社員教育がなされてるのだと思う。

2日本航空(JAL)

日本航空株式会社(にほんこうくう、英語: Japan Airlines Co., Ltd.、略称: JAL)は、東京都品川区に本社を置く日本の航空会社。日本で最も長い国内線と国際線の歴史を持つ。イギリスのスカイトラックスによる航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている。コーポレートスローガンは「明日の空へ、日本の翼」。なお、名前は似ているが、新日本航空とは資本上の関係はない。

3ピーチ・アビエーション(APJ)

ピーチ・アビエーション(APJ)

Peach・Aviation株式会社(ピーチ・アビエーション)は、関西国際空港を拠点とする日本の格安航空会社(LCC)である。ブランド名をPeach(ピーチ)としている。ANAホールディングス株式会社の連結子会社。 2019年10月にバニラエアと経営統合。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる