みんなのランキング

はせしんさんの「日本人プロ野球選手ランキング」

18 0
更新日: 2022/05/14

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1イチロー

イチロー

引用元: Amazon

イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日[3] - )は平成期のプロ野球選手。2019年3月引退。愛知県西春日井郡豊山町出身 。MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)であり、プロ野球における通算安打世界記録保持者(NPB/MLB通算4257安打でギネス世界記録に認定)、最多試合出場記録保持者(NPB/MLB通算3604試合出場) である。

2田中将大

田中将大

引用元: Amazon

田中 将大(たなか まさひろ、1988年11月1日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのニューヨーク・ヤンキース所属。 2014年からはMLB移籍に伴い活動拠点を北米に移し、現地の代理人はエクセル・スポーツ・マネージメント社となっている。 野球の(プロスポーツ部門)連続勝利ギネス世界記録保持者。NPB史上4人目のシーズン無敗を達成している。 妻はタレントの里田まい。弟は2019年シーズン終了後にトレーナーとして広島東洋カープの球団職員となった田中雄士。

マー君、神の子、不思議な子

高校時代から見てました。ノムさんがゆうちゃんと比較して自分だったら絶対マー君の方がいいと言っていたのを覚えています。
人間性も含めて大好きな選手です。

3駒田徳広

駒田徳広

引用元: Amazon

馬っぽい

全然ストライクゾーンじゃないところを打つというイメージありました。
巨人、横浜と渡り歩き名球会までいった選手。

4槙原寛己

槙原寛己

公式動画: Youtube

ミスターパーフェクト

リアルタイムで完全試合を見てました。あれから誰も達成してないと考えると凄いものを見てたんだなと思います。
あの投げる前のポーズが好きで真似してました。

美しきサブマリン

サブマリンの中でも、最も低い位置から投げられる投球フォームはもはや芸術。

6川相昌弘

川相 昌弘(かわい まさひろ、1964年9月27日 - )は、岡山県岡山市南区出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・コーチ、野球解説者、野球評論家。犠打世界最多記録保持者(533個) 現役時代は読売ジャイアンツ(巨人)、中日ドラゴンズで活躍。通算533本の犠牲バントは世界記録で、通算犠打成功率は9割を超え、「バント職人」「バントの神様」の異名を持つ。ゴールデングラブ賞6回受賞の守備力を誇る遊撃手でもあった。次男は2015年から2017年まで巨人に所属した川相拓也である。 愛称はしわが多く老け顔だったことと「和製オジー・スミス」に引っ掛けて「ジイ」。あるいは、「人生送りバント」と表現する者もいる。

世界一のバンド職人

いぶし銀とはまさにこの人。バントと内野はどこでも守れる守備力で90年代の巨人を支えました。

6斎藤雅樹

生年月日 / 星座 / 干支1965年2月18日 / みずがめ座 / 巳年
出身地埼玉県
プロフィール1965年2月18日生まれ、埼玉県出身。主な出演作はNHK BS1『スポーツ酒場 語り亭』。今後の更なる活躍が期待される。
代表作品NHK BS1『スポーツ酒場 語り亭』(2020)
公式SNS-

まっスラ

ヒーローインタビューの『そうですね』がすきでした。
独特な球質が、唯一無二だったと思います。怪我がなければ200勝いっていたであろう大エース。

8中村剛也

中村剛也

引用元: Amazon

中村 剛也(なかむら たけや、1983年8月15日 - )は、大阪府大東市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。妻は元タレントの村上麻里恵。日本プロ野球歴代3位の6度の本塁打王獲得経験者。

とにかくホームラン

目処ってないけど、近年を代表するホームラン打者。同年代なところもあるし、特に飾らない性格も含めて好きです。

闘志溢れるピッチング

熱い投球でマリンスタジアムを沸かせました。怪我が残念ですが、記録以上に記憶に残る投手です。

10阿部慎之助

阿部慎之助

引用元: Amazon

阿部 慎之助(あべ しんのすけ、1979年3月20日 - )は、千葉県東葛飾郡浦安町(現在の浦安市)出身の元プロ野球選手(捕手、内野手)。右投左打。 読売ジャイアンツ第18代主将(2007年から2014年まで)。 愛称は「慎之助」、「阿部ちゃん」、「慎ちゃん」。 2000年代から2010年代前半まで巨人の正捕手を務め、2度のリーグ3連覇(2007〜2009)(2012〜2014)を含む8度のリーグ優勝、3度の日本シリーズ優勝に貢献した。2020年より巨人の二軍監督を務める。

巨人歴代最強捕手

攻守共に巨人の柱として活躍しました。まさしく球団、プロ野球史上に刻まれる名捕手です。

10桑田真澄

桑田真澄

引用元: Amazon

桑田 真澄(くわた ますみ、1968年4月1日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者・野球評論家、野球指導者。弟は桑田泉。長男は桑田真樹。次男はMatt。

桑田ロード

同い年の清原とは対象的な地道にコツコツ努力し、大エースになった人間。
投球術も巧みに変化させベテランになってからも活躍。

ハマの番長

リーゼントがトレードマークで長年ベイスターズを支えたエース。

13古田敦也

古田敦也

引用元: Amazon

古田 敦也(ふるた あつや、1965年8月6日 - )は、兵庫県川西市出身の元プロ野球選手(捕手)・監督で、現在は野球解説者、タレント、スポーツキャスター。日本プロ野球名球会副理事長。芸能プロダクションは株式会社エーポイント所属。マネジメントは株式会社ビッグベンと業務提携。妻は元フジテレビアナウンサーの中井美穂。選手として東京ヤクルトスワローズ一筋で現役を過ごし、名捕手として一時代を築いた。史上14位タイの8度の年間打率3割達成者。 シーズン盗塁阻止率.644と通算盗塁阻止率.462は日本記録。

またユニフォーム着てくれ!

巨人ファンだった自分としては、キャッチャーが古田というだけで、打てない気がした程の存在感だった。
引退後の解説も面白いがやはり古田監督が見たいよ!

13坂本勇人

坂本勇人

引用元: Amazon

坂本 勇人(さかもと はやと、1988年12月14日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 2016年にセントラル・リーグの遊撃手史上初となる首位打者を獲得。

13黒田博樹

生年月日 / 星座 / 干支1975年2月10日 / みずがめ座 / 卯年
出身地大阪府
プロフィール専修大学から1996年ドラフト逆指名2位で広島東洋カープに入団。プロ1年目から先発を担いエースに成長。04年、アテネ五輪では中継ぎとして銅メダル獲得に貢献。05年に最多勝、06年に最優秀防御率に輝く。07年、MLBロサンゼルス・ドジャースと契約。実績が高く評価され、12年、名門ニューヨーク・ヤンキースに移籍。安定した投球でローテーションを守り、地区優勝に導いた。14年、MLBで日本人初となる5年連続二桁勝利を達成。15年にはMLBの球団から巨額なオファーを受けるも古巣広島に復帰。16年に悲願のリーグ優勝を果たし引退。背番号15はカープ史上3人目の永久欠番となった。プロ20年間、NPBとMLBの経験者としては歴代最高の日米通算203勝、日米通算イニング数3340.2を記録している。

16山本昌

生年月日 / 星座 / 干支1965年8月11日 / しし座 / 巳年
出身地神奈川県
プロフィール「球界のレジェンド」の異名を持ち数々の大記録を達成してきた名投手で、現役32年間を中日ドラゴンズ一筋で活躍してきたフランチャイズプレイヤー。1984年に日本大学藤沢高校からドラフト5位で入団。入団4年目のアメリカ留学を機に才能が開花し、シーズン途中に帰国するとすぐさま1軍に定着し、無傷の5連勝でリーグ優勝に貢献する。その後はチームのエースに成長。3度の最多勝に輝き、1994年には沢村賞を受賞。2006年には史上最年長41歳でのノーヒットノーランも達成し、以降も数々の歴代最年長記録を樹立してきた。2008年には通算200勝を歴代最年長の42歳で達成。2015年に史上初の50歳での登板を最後に現役を引退した。50歳での現役、プロ生活32年、実働29年はいずれも歴代最長で、プロ通算219勝のうち半分以上の140勝を30歳以降に記録。また40歳以降でも46勝を挙げた記録にも記憶にも残る名投手として知られる。引退後は野球解説者・スポーツコメンテーター、企業や学生向け講演の講師としてはもちろん、ラジコン、クワガタのブリーダー、競馬やスイーツなど多彩な分野で活躍中。通算成績:581試合 219勝165敗5セーブ 防御率3.45
代表作品日本テレビ『NEWS ZERO』(野球解説)
フジテレビONE『山本昌のラジ魂道場』
日本テレビ『アナザースカイ』
チャンネルURL山本昌チャンネル34
公式SNSTwitter
Instagram

18赤星憲広

赤星憲広

引用元: Amazon

赤星 憲広(あかほし のりひろ、1976年4月10日 - )は、愛知県刈谷市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者、野球評論家、タレント。血液型はA型。現在のマネジメント契約はオフィスS.I.Cである。

18野茂英雄

野茂英雄

引用元: Amazon

野茂 英雄(のも ひでお、1968年8月31日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。 「トルネード投法」と呼ばれる独特なフォームから繰り出されるフォークなどで三振を量産し、NPBとMLBで活躍した。NPB時代はパリーグ初の沢村栄治賞を受賞している。MLB時代にはアジア人初のノーヒットノーランの達成やアジア人初の最多奪三振のタイトルを獲得し、アジア人初の新人王も受賞。2016年2月からサンディエゴ・パドレスのアドバイザーに就任。 長男は北海道日本ハムファイターズの球団通訳の野茂貴裕。

20元木大介

生年月日 / 星座 / 干支1971年12月30日 / やぎ座 / 亥年
プロフィール1971年12月30日生まれ、大阪府出身の元プロ野球選手。巨人に在籍していた当時から、その明るい人柄で人気を得ていた。現役引退後は野球解説者、タレント、俳優として様々なメディアで活動。主な出演番組は、NHK『90回記念!センバツ高校野球"春の熱球"スペシャル!!』、毎日放送『戦え!スポーツ内閣〜センバツ高校野球直前SP〜「語り継ぎたい高校野球の名シーン!あの球児は今…」』、フジテレビ『ノンストップ!NONSTOP!』『HERO'S 合体SP 俺たちの侍JAPAN 今夜激突の台湾代表をザキヤマが潜入取材』『村上信五のスポーツ奇跡の瞬間アワード2017』、BSフジ『BOAT RACE ライブ 勝利へのターン』、テレビ朝日『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!』『ビートたけしのスポーツ大将』など多数。そのほか出演作品に、映画『修羅の男と家なし少女』『修羅の男と家なし少女2』、著書『元木大介の1分で読めるプロ野球テッパン話88』、ムック本『田中裕二の野球部オフィシャルブック』など。
代表作品情報番組『元木商店「商売繁盛してまっか?」』レギュラー(2018~)
フジテレビ『たまッチ!』レギュラー
スポーツ『徳光和夫の週刊ジャイアンツ』準レギュラー
公式SNSInstagram

20松井秀喜

松井秀喜

引用元: Amazon

松井 秀喜(まつい ひでき、1974年(昭和49年)6月12日 - )は、石川県能美郡根上町(現・能美市)出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。現役引退後はニューヨーク・ヤンキースGM特別アドバイザーを務める。血液型はO型。 1990年代から2000年代の球界を代表する長距離打者で、日本プロ野球(以下:NPB)では読売ジャイアンツ、メジャーリーグベースボール(以下:MLB)ではニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した。2009年のニューヨーク・ヤンキース時代にワールドシリーズ優勝を経験している。同年、アジア人初のワールドシリーズMVPを受賞した。2013年には国民栄誉賞を受賞。愛称は「ゴジラ」。

22高橋由伸

高橋由伸

引用元: Amazon

高橋 由伸(たかはし よしのぶ、1975年4月3日 - )は、千葉県千葉市中央区出身の元プロ野球選手(外野手・内野手、右投左打)・コーチ・監督。現在は読売ジャイアンツ球団特別顧問、野球解説者、野球評論家。 シーズン先頭打者本塁打NPB記録保持者(2014年シーズン終了時点)。 妻は元日本テレビのアナウンサーの小野寺麻衣で、2児(2人姉妹)の父である。義妹に小野寺結衣がいる。

22仁志敏久

仁志敏久

引用元: Amazon

24宮本和知

生年月日 / 星座 / 干支1964年2月13日 / みずがめ座 / 辰年
出身地山口県
プロフィール下関工業高校卒業後、川崎製鉄水島に入社、同社野球部に入部。1984年ロサンゼルスオリンピック野球で日本代表・金メダリストとなる。同年読売巨人軍にドラフト3位指名。1985年読売巨人軍入団。3度の胴上げ投手を経験(1989年セ・リーグ、日本シリーズ、1990年セ・リーグ)。1997年引退。通算287試合出場、66勝62敗4セーブ防御率3.60。引退後は野球解説スポーツ番組のコメンテーターやキャスターとして活躍している。2007年2月ロサンゼルスにてスポーツ心理学を学びメンタルトレーナーのライセンスを取得。2019年シーズンより、読売巨人軍の投手総合コーチに就任。
代表作品日本テレビ『ズームイン!!サタデー』(1998~2018)
読売テレビ『情報ライブミヤネ屋』
公式SNSInstagram

24篠塚和典

篠塚和典

引用元: Amazon

24藤川球児

藤川球児

引用元: Amazon

藤川 球児(ふじかわ きゅうじ、1980年7月21日 - )は、阪神タイガースに所属する。高知県高知市出身のプロ野球選手(投手)。右投左打。マネジメント会社はエイベックス・マネジメント。 2019年シーズン終了時点におけるセントラル・リーグ(セ・リーグ)シーズン最多セーブ記録保持者(46セーブ)であり現役最多セーブ記録保持者(241セーブ)である。2020年シーズン限りで現役を引退することを表明している。

27大谷翔平

大谷翔平

引用元: Amazon

大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、岩手県奥州市出身のプロ野球選手。右投左打。MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属。2013年にNPB・北海道日本ハムファイターズに入団以降投手と打者を両立する「二刀流」の選手として試合に出場し、2014年には11勝、10本塁打でNPB史上初となる「2桁勝利・2桁本塁打」を達成。2016年には、NPB史上初となるベストナイン賞、ベストDH賞のダブル受賞に加え、リーグMVPに選出された。投手としての球速165km/hは日本人最速記録である。2019年にはMLBにおいて日本人初のサイクルヒットを達成した。

27原辰徳

原辰徳

引用元: Amazon

27川﨑宗則

川﨑宗則

引用元: Amazon

川﨑 宗則(かわさき むねのり、1981年6月3日 - )は、鹿児島県姶良市出身のプロ野球選手(内野手)、コーチ。右投左打。 2016年のシカゴ・カブス時代にMLBチャンピオンリングを獲得している。

31岡本和真

岡本和真

引用元: Amazon

岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

31宮西尚生

宮西尚生

引用元: Amazon

31石井琢朗

石井琢朗

引用元: Amazon

34岩隈久志

岩隈久志

引用元: Amazon

岩隈 久志(いわくま ひさし、1981年4月12日 - )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。代理人はワッサーマン・メディア・グループ。 日本プロ野球(NPB)ではパシフィック・リーグ(パ・リーグ)の大阪近鉄バファローズ・東北楽天ゴールデンイーグルスでエースとして活躍しメジャーリーグベースボール(MLB)へ挑戦。MLB時代にはアジア人として野茂英雄以来2人目となるノーヒットノーランを達成した。

34宮本慎也

宮本慎也

引用元: Amazon

宮本 慎也(みやもと しんや、1970年11月5日 - )は、大阪府吹田市出身の元プロ野球選手(内野手)、プロ野球コーチ。元日本プロ野球選手会会長。 現役時代は一貫して、ヤクルトスワローズ→東京ヤクルトスワローズに在籍。アテネオリンピック野球日本代表(2004年)・北京オリンピック野球日本代表(2008年)ではキャプテンを務め、2009年から現役最終年の2013年までは、一軍打撃コーチも兼務した。2014年からは、日刊スポーツの野球評論家やNHKの野球解説者として活動し、2018年と2019年は東京ヤクルトスワローズの一軍ヘッドコーチに就任していた。 シーズン67犠打の日本記録保持者。

37丸佳浩

丸佳浩

引用元: Amazon

丸 佳浩(まる よしひろ、1989年4月11日 - )は、千葉県勝浦市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。

37山口鉄也

山口鉄也

引用元: Amazon

40高津臣吾

高津臣吾

引用元: Amazon

40青木宣親

生年月日 / 星座 / 干支1982年1月5日 / やぎ座 / 戌年
出身地宮崎県
プロフィール早稲田大学から2003年ドラフト4位で東京ヤクルトスワローズに入団。最多安打、首位打者、盗塁王、最高出塁率、ゴールデングラブ等、数々のタイトル常連となり、「走・攻・守」三拍子揃った好打者に成長。2度のシーズン200安打以上達成は史上初。WBC、五輪など国際大会にも度々選出され、日本代表の勝利に大きく貢献している。12年、ML Bミルウォーキー・ブリュワーズと契約。実力でレギュラーの座を勝ち取り、チームの顔となる。14年、カンザスシティ・ロイヤルズ。15年、サンフランシスコ・ジャイアンツ。16年、シアトル・マリナーズ。17年はヒューストン・アストロズに所属し、日米通算2000本安打を達成。シーズン途中にトロント・ブルージェイズ、さらにニューヨーク・メッツへ移籍した。18年、東京ヤクルトスワローズに復帰。

42松田宣浩

松田宣浩

引用元: Amazon

松田 宣浩(まつだ のぶひろ、1983年5月17日 - )は、滋賀県草津市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。妻はフリーアナウンサーで元九州朝日放送アナウンサーの松田恵理。

42大野豊

大野豊

引用元: Amazon

42鳥谷敬

鳥谷敬

引用元: Amazon

鳥谷 敬(とりたに たかし、1981年6月26日 - )は、東京都東村山市出身のプロ野球選手(内野手・右投左打)。千葉ロッテマリーンズ所属。 ロッテ移籍前は2004年 - 2019年にかけて阪神タイガースで16年間プレーし、日本野球機構(NPB)の一軍公式戦1939試合連続出場、13シーズン連続全試合出場(いずれも歴代2位)、史上50人目の公式戦2000本安打および、史上15人目の1000四球を達成した。遊撃手としては、NPB公式戦シーズン最多打点記録(104打点)および、歴代最長のフルイニング出場記録(667試合)、セ・リーグのシーズン最多補殺記録(490補殺)を保持している。阪神への入団後には、2010年と2011年に選手会長、2012年から2016年まで主将を務めた(2012年、2016年は野手キャプテン)。

42落合博満

落合博満

引用元: Amazon

落合 博満(おちあい ひろみつ、1953年12月9日 - )は、秋田県南秋田郡若美町(現:男鹿市)出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・監督、野球解説者。 選手時代は1979年から1998年にかけてロッテオリオンズ・中日ドラゴンズ・読売ジャイアンツ(巨人)・日本ハムファイターズの計4球団に在籍。ロッテ時代には史上4人目の三冠王を達成したほか、日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王も達成している。 2004年から2011年まで中日の監督として指揮を執り、全ての年でAクラス入りを果たし、4度のリーグ優勝・1度の日本シリーズ優勝を達成。2013年シーズンオフから2017年1月までは中日のゼネラルマネージャーを務めた。

46緒方耕一

緒方耕一

引用元: Amazon

46筒香嘉智

筒香嘉智

引用元: Amazon

筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。MLBのタンパベイ・レイズ所属。

46新庄剛志

新庄剛志

引用元: Amazon

新庄 剛志(しんじょう つよし、1972年1月28日 - )は、長崎県下県郡美津島町(現:対馬市)生まれ、福岡県福岡市南区育ちの野球選手(外野手、内野手・右投右打)、タレント、実業家、クリエイター(商品プロデューサー、画家、YouTuberなど)、地方競馬全国協会 (NAR) の馬主。元妻はタレントの大河内志保。紺綬褒章受章(2007年)。

50亀井善行

亀井善行

引用元: Amazon

亀井 善行(かめい よしゆき、本名:亀井 義行(読み同じ)、1982年7月28日 - )は、奈良県大和郡山市出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。

50今宮健太

今宮健太

引用元: Amazon

今宮 健太(いまみや けんた、1991年7月15日 - )は、大分県別府市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。

50陽岱鋼

陽岱鋼

引用元: Amazon

54松坂大輔

松坂大輔

引用元: Amazon

54川上憲伸

川上憲伸

引用元: Amazon

54前田智徳

前田智徳

引用元: Amazon

54内海哲也

内海哲也

引用元: Amazon

内海 哲也(うつみ てつや、1982年4月29日 - )は、京都府城陽市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。埼玉西武ライオンズ所属。 巨人時代は2度のリーグ3連覇(2007-2009、2012-2014)、2度の日本シリーズ優勝(2009、2012)に貢献した。

58山田哲人

山田哲人

引用元: Amazon

山田 哲人(やまだ てつと、1992年7月16日 - )は、兵庫県豊岡市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。 NPBにおける日本人右打者シーズン最多安打記録保持者であり(193安打 = 2014年)、史上初の本塁打王と盗塁王の同時獲得者(2015年)、史上初のトリプルスリー複数回達成者(3回)である。また、平成生まれのプロ野球選手として初の最多本塁打受賞者。

58能見篤史

能見篤史

引用元: Amazon

能見 篤史(のうみ あつし、1979年5月28日 - )は、阪神タイガースに所属する兵庫県出石郡出石町(現在の豊岡市)出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。

58立浪和義

立浪和義

引用元: Amazon

62河原純一

河原純一

引用元: Amazon

62吉田正尚

吉田正尚

引用元: Amazon

吉田 正尚(よしだ まさたか、1993年7月15日 - )は、福井県福井市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。オリックス・バファローズ所属。妻はモデル兼管理栄養士で実業家のゆり香。

62今中慎二

今中慎二

引用元: Amazon

今中 慎二(いまなか しんじ、1971年3月6日 - )は、大阪府門真市出身の元プロ野球選手(投手、左投左打)・コーチ等の野球指導者、野球解説者。愛称は「チュー」または「イマチュー」。 現役時代は中日ドラゴンズに所属し、最多勝利や沢村栄治賞を獲得するなど、1990年代のNPBを代表する左腕として活躍した。

66菊池涼介

菊池涼介

引用元: Amazon

菊池 涼介(きくち りょうすけ、1990年3月11日 - )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。

66松井裕樹

松井裕樹

引用元: Amazon

松井 裕樹(まつい ゆうき、1995年10月30日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する神奈川県横浜市青葉区出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。妻は女優の石橋杏奈。

66菅野智之

菅野智之

引用元: Amazon

菅野 智之(すがの ともゆき、1989年10月11日 - )は、神奈川県相模原市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 平成最後の沢村栄治賞を受賞、ポストシーズン史上初(平成最後)のノーヒットノーランを達成している。また、開幕投手11連勝を達成し球団タイ記録をもつ。 巨人ではリーグ優勝3回、日本代表ではWBCのベスト4、プレミア12の3位に貢献している。 母方の祖父は、元東海大相模高等学校野球部監督の原貢。母方の伯父は、読売ジャイアンツ監督の原辰徳。

66鈴木尚広

鈴木尚広

引用元: Amazon

70菊池雄星

菊池雄星

引用元: Amazon

菊池 雄星(きくち ゆうせい、1991年6月17日 - )は、岩手県盛岡市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLBのシアトル・マリナーズ所属。 妻は深津瑠美。代理人はスコット・ボラス。

70岩瀬仁紀

岩瀬仁紀

引用元: Amazon

70小笠原道大

小笠原道大

引用元: Amazon

70清水崇行

清水崇行

引用元: Amazon

74中村晃

生年月日 / 星座 / 干支1989年11月5日 / さそり座 / 巳年
プロフィール福岡ソフトバンクホークス所属の外野手。帝京高等学校出身。高校時代は、通算60本塁打、3季連続甲子園出場を果たす。2014年には、パ・リーグ最多安打、2013年~2015年において3年連続3割を達成。また、2013年・2014年・2016年には侍ジャパン日本代表に選出される。

74松中信彦

松中信彦

引用元: Amazon

松中 信彦(まつなか のぶひこ、1973年12月26日 - )は、熊本県八代市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。 左投左打。 平成唯一の三冠王である(史上7人目)。プロ通算352本塁打で、NPB史上初の3年連続120打点(2003年 - 2005年)達成者。 妻はフリーアナウンサーの林恵子。タレントの松中みなみは親戚に当たる。

74村田真一

村田真一

公式動画: Youtube

78上原浩治

上原浩治

引用元: Amazon

上原 浩治(うえはら こうじ、1975年4月3日 - )は、大阪府寝屋川市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。現在は野球解説者、野球評論家、タレント、YouTuberとして活動している。 マネジメントはスポーツバックス。 元メジャーリーガーで、2013年にはMLBで日本人初のリーグチャンピオンシップおよびワールドシリーズ胴上げ投手ともなった。NPB時代に20世紀最後の沢村栄治賞を受賞。投手で20世紀にプレー経験がある最後の大卒ドラフト出身選手。2018年に日米通算100勝100セーブ100ホールドを達成した。2019年5月20日、引退を表明した。 実兄は北川ヒューテック代表取締役社長の北川隆明。

78森友哉

森友哉

引用元: Amazon

森 友哉(もり ともや、1995年8月8日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(捕手)。右投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

78鈴木誠也

鈴木誠也

引用元: Amazon

鈴木 誠也(すずき せいや、1994年8月18日 - )は、東京都荒川区出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 妻は元新体操選手でスポーツキャスターの畠山愛理。

82山川穂高

山川穂高

引用元: Amazon

山川 穂高(やまかわ ほたか、1991年11月23日 - )は、沖縄県那覇市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

86ダルビッシュ有

生年月日 / 星座 / 干支1986年8月16日 / しし座 / 寅年
出身地大阪府
プロフィール1986年8月16日生まれ、大阪府出身。04年にドラフト1巡目で北海道日本ハム入団。入団1年目から5勝をマーク。07年には15勝を挙げる活躍で、投手の最高賞である沢村賞を獲得。第2回(2009年)WBCでは胴上げ投手となり、日本の連覇にも大きく貢献した。11年シーズンは5年連続防御率1点台の大記録も樹立。その年のオフに、メジャー・リーグのテキサス・レンジャーズへ移籍。メジャー1年目から先発ローテーションの一角として16勝をマークする活躍を見せ、2年目の2013年もチームに欠かせない存在として輝きを放っている。2018年シカゴ・カブスに移籍。
代表作品CM『大塚製薬株式会社「ポカリスエット」』(2012)
CM『エス株式会社「エブリデイイングリッシュ2」』(2012)
著書『ダルビッシュ有の変化球バイブル』
チャンネルURLYu Darvish
公式SNSTwitter
Instagram

86井端弘和

井端弘和

引用元: Amazon

井端 弘和(いばた ひろかず、1975年5月12日 - )は、神奈川県川崎市川崎区出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)。現在は野球日本代表コーチ、野球解説者、野球評論家、YouTuber。 中日ドラゴンズ時代は同僚の荒木雅博と共に「アライバコンビ」の愛称で親しまれた。妻は元テレビ朝日アナウンサーの河野明子。

86銀次

No Image

86則本昂大

則本昂大

引用元: Amazon

則本 昂大(のりもと たかひろ、1990年12月17日 - )は、滋賀県犬上郡多賀町出身のプロ野球選手(投手)。右投左打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。8試合連続2桁奪三振のNPB記録保持者。2019年には楽天と7年の大型契約を結び、生涯楽天宣言をした。弟は同じく楽天に所属する則本佳樹。

91池山隆寛

池山隆寛

引用元: Amazon

91藤浪晋太郎

藤浪晋太郎

引用元: Amazon

91澤村拓一

澤村拓一

引用元: Amazon

96和田一浩

生年月日 / 星座 / 干支1972年6月19日 / ふたご座 / 子年
出身地岐阜県
プロフィール24歳で西武ライオンズに捕手として入団したが、打撃を活かすため6年目に外野手へコンバートし、30歳にしてレギュラーに定着。以降、各種賞を受賞する活躍を見せリーグ優勝・日本一に貢献したほか、アテネ五輪、WBCでは日本代表として日の丸を背負ってプレーした。FA宣言をし、幼少の頃からファンだった中日ドラゴンズに移籍。大学、社会人野球を経た選手として日本プロ野球史上3人目となる2000本安打を達成(42歳11ヶ月の最年長記録)し、名球会入りを果たした。4児の父ということもあり、特にファミリー層に絶大な支持を得た。“べんちゃん”の愛称で知られている。

96西村健太朗

西村健太朗

引用元: Amazon

96木村拓也

木村拓也

引用元: Amazon

101秋山幸二

秋山幸二

引用元: Amazon

101松本哲也

松本哲也

引用元: Amazon

松本 哲也(まつもと てつや、1984年7月3日 - )は、山梨県山梨市出身の元プロ野球選手(外野手)。左投左打。

101上林誠知

上林誠知

引用元: Amazon

上林 誠知(うえばやし せいじ、1995年8月1日 - )は、埼玉県さいたま市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。

101攝津正

No Image

106下柳剛

生年月日 / 星座 / 干支1968年5月16日 / おうし座 / 申年
出身地長崎県
プロフィール長崎瓊浦高-八幡大中退-新日鉄君津-福岡ダイエーホークス(1990年ドラフト4位)-日本ハムファイターズ(1996年)-阪神タイガース(2003年~2011)-楽天イーグルス(2012年)。2013年3月20日、引退。主なタイトルは、最多勝 2005年(15勝)、月間MVP 2回(2000年8月 2005年9月)、オールスター 5回(1994年1997年2001年2005年2008年)。現在は解説者として活躍。

106井口資仁

井口資仁

引用元: Amazon

井口 資仁(いぐち ただひと、1974年12月4日 - )は、東京都田無市(現・西東京市)出身の元プロ野球選手(内野手[4])、監督。本名及び旧登録名は井口 忠仁(読み同じ)。

106山本由伸

山本由伸

引用元: Amazon

106森本稀哲

森本稀哲

引用元: Amazon

森本 稀哲(もりもと ひちょり、1981年1月31日 - )は、東京都荒川区出身の元プロ野球選手(外野手・内野手[1]、右投右打)、野球解説者、野球評論家、タレント、YouTuber 1998年度ドラフト会議にて日本ハムファイターズから4位指名を受けて入団。2006年から2008年にかけて3年連続でゴールデングラブ賞を受賞、2007年にはベストナインにも選ばれた。2011年には横浜ベイスターズへ、2014年には埼玉西武ライオンズへ移籍し、ライオンズ在籍中の2015年に引退した。

111清原和博

清原和博

引用元: Amazon

清原 和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 - )は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、野球評論家、タレント。甲子園通算最多本塁打数記録保持者(13本)。NPBサヨナラ安打(20本)、サヨナラ本塁打(12本)、オールスター戦通算打点(36点)の最多記録保持者。 2019年よりワールドトライアウトの監督を務める。 愛称は「お祭り男」、「(球界の)番長」。 通算196被死球と通算1955三振は日本プロ野球記録。

111西口文也

西口文也

引用元: Amazon

111大田泰示

大田泰示

引用元: Amazon

111斎藤隆

生年月日 / 星座 / 干支1970年2月14日 / みずがめ座 / 戌年
出身地宮城県
身長 / 体重188cm / 91kg
プロフィール東北福祉大学から1991年ドラフト1位で大洋ホエールズへ入団。先発投手として98年の日本一にも大きく貢献。06年、MLBロサンゼルス・ドジャースに入団、クローザーを担い大活躍した。09年から、ボストン・レッドソックス、アトランタ・ブレーブス、ミルウォーキー・ブリュワーズ、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとそれぞれ単年契約、行く先々でブルペン陣の柱としてチームを支えた。13年、東北楽天ゴールデンイーグルスと契約。ベテランとしてブルペンをまとめ、チーム初の日本一に大きく貢献した。2015年シーズン終了後に引退。2016年よりフロント業務の勉強の為、サンディエゴ・パドレス 編成部門へ1年間インターンシップ生として参加。2017年には、球団本部・環太平洋顧問を務めている。

111亀山努

No Image

116糸井嘉男

糸井嘉男

引用元: Amazon

糸井 嘉男(いとい よしお、1981年7月31日 - )は、京都府与謝郡与謝野町出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。阪神タイガース所属。 NPB史上9位の9度の打率3割達成者。NPB史上初の6年連続打率3割・20盗塁・ゴールデングラブ賞達成者。NPB史上最年長盗塁王記録保持者。愛称は「超人」、「ヨッピ」。

116杉内俊哉

杉内俊哉

引用元: Amazon

116野村謙二郎

野村謙二郎

引用元: Amazon

116柳田悠岐

柳田悠岐

引用元: Amazon

柳田 悠岐(やなぎた ゆうき、1988年10月9日 - )は、広島県広島市安佐南区出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。愛称は「ギータ」。2015年度パ・リーグMVP。NPB史上初のトリプルスリーと首位打者の同時達成者。2015年度ユーキャン新語・流行語大賞年間大賞受賞者(「トリプルスリー」、山田哲人と共に)。NPBにおける連続試合四球記録保持者。

116岩本勉

生年月日 / 星座 / 干支1971年5月11日 / おうし座 / 亥年
出身地大阪府
プロフィール野球解説者・スポーツコメンテーター。元北海道日本ハムファイターズ投手。1998年から2年連続2ケタ勝利を挙げ人気・実力ともにチームのエースとして活躍。2005年に引退し、その後スポーツコメンテーター・野球解説者としての活動を中心にテレビ・ラジオなどで活躍。また、執筆活動や全国での少年野球教室・講演会、マスターズリーグ札幌アンビシャスでの参戦など幅広く活動している。「ガンちゃん」の愛称で親しまれている。
代表作品読売テレビ『情報ライブ!ミヤネ屋』
著書『2012年版 ガンちゃんのファイターズの応援が100倍楽しくなる本』
HTB『イチオシ!モーニング』月曜日コメンテーター

121工藤公康

工藤公康

引用元: Amazon

工藤 公康(くどう きみやす、1963年5月5日 - )は、愛知県豊明市出身の元プロ野球選手(投手)。福岡ソフトバンクホークス第20代監督(現職)。 現役時代は14度の優勝、11度の日本一を経験。西武、ダイエー、巨人の3球団で日本シリーズを制覇し、優勝請負人と呼ばれた。日本シリーズ通算最多奪三振(102奪三振)記録を保持する。また最高勝率もNPB最多タイ記録となる4回獲得している。 2012年 - 2014年の3年間、野球解説者・野球評論家として活動し、2015年からは福岡ソフトバンクホークスの監督(第20代)として指揮を執っている。 長男に俳優の工藤阿須加、長女にプロゴルファーの工藤遥加がいる。

121谷繁元信

谷繁元信

引用元: Amazon

谷繁 元信(たにしげ もとのぶ、1970年12月21日 - )は、広島県比婆郡東城町(現:庄原市)出身の元プロ野球選手(捕手、右投右打)、監督、野球解説者。2014年シーズンより中日ドラゴンズ選手兼任監督、2016年シーズンは専任監督を務めた。通算3021試合出場は日本プロ野球記録。

121渡辺久信

渡辺久信

引用元: Amazon

121田口壮

No Image

126里崎智也

生年月日 / 干支1976年5月20日 / 辰年
出身地徳島県
プロフィール鳴門工業高校から帝京大学を経て、98年のドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団。2005年、10年には日本一を経験。2006年のWBCでは正捕手として日本を世界一に導く。2014年に現役引退し、2015年1月より、千葉ロッテマリーンズのスペシャルアドバイザーに就任。
代表作品ニッポン放送『ショーアップナイター』(2015)
著書『非常識のすすめ』(2015)
テレビ朝日『グッド!モーニング』(2015)
チャンネルURLSatozaki Channel
公式SNSTwitter
Instagram

126吉川尚輝

吉川尚輝

引用元: Amazon

吉川 尚輝(よしかわ なおき、1995年2月8日 - )は、岐阜県羽島市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。

126城島健司

城島健司

引用元: Amazon

城島 健司(じょうじま けんじ、1976年6月8日 - )は、長崎県佐世保市出身の元プロ野球選手。引退後は釣り関係のTV番組に専ら出演した他、タレントとしても活動した後、2020年より福岡ソフトバンクホークス球団会長付特別アドバイザーに就任。

131金本知憲

生年月日 / 干支1968年4月3日 / 申年
出身地広島県
プロフィール1991年~2012年までプロ野球選手として活躍。獲得タイトルには1995年、2000年、2001年、2004年、2005年、2006年、2008年にベストナイン。2004年に打点王。タイトルのほか、多くの記録を残す。2000年、史上7人目の3割・30本・30盗塁以上達成。1002打席連続無併殺日本記録保持。2004年、700試合連続フル出場のプロタイ記録。2006年、904試合連続フル出場の世界記録達成。2008年、2000本安打・400本塁打・2000試合出場の記録通過。連続試合フルイニング出場の記録は2012年1492試合となり、ギネス・ワールド・レコーズによって世界記録に認定された。2012年10月、惜しまれながら現役引退。引退後は解説者などとして活動する。2015年より、阪神タイガース第33代監督に就任。
代表作品CM『日清食品「出前一丁」』
著書『覚悟のすすめ』

131佐々木主浩

佐々木主浩

引用元: Amazon

佐々木 主浩(ささき かづひろ、1968年2月22日 - )は、元プロ野球選手(投手)。現在は日本プロ野球名球会理事、野球解説者・野球評論家、タレント、馬主、レーシングチーム「D'station Racing」総監督。右投右打。

131和田豊

No Image

141西川遥輝

西川遥輝

引用元: Amazon

141武田勝

No Image

141和田毅

No Image

141髙橋尚成

髙橋尚成

引用元: Amazon

髙橋 尚成(たかはし ひさのり、1975年4月2日 - )は、東京都墨田区出身の元プロ野球選手(投手、左投左打)、野球解説者、野球評論家、スポーツキャスター。2014年の登録名は「尚成」。ホリプロ所属。血液型B型。

141今岡誠

No Image

151初芝清

No Image

151小久保裕紀

小久保裕紀

引用元: Amazon

151千賀滉大

千賀滉大

引用元: Amazon

千賀 滉大(せんが こうだい、1993年1月30日 - )は、愛知県蒲郡市出身のプロ野球選手(投手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。 日本シリーズの開幕投手を務めた史上初の育成出身選手で育成出身選手最多の通算勝利数記録、及び同初の最多奪三振タイトルを持つ。2019年に記録したシーズン奪三振率11.33はNPBにおける最高記録。また令和初、育成出身選手初となるノーヒットノーラン達成投手でもある。

151長野久義

長野久義

引用元: Amazon

長野 久義(ちょうの ひさよし、1984年12月6日 - )は、佐賀県三養基郡基山町出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 妻はテレビ朝日アナウンサーの下平さやか。

151辻発彦

辻発彦

引用元: Amazon

151内川聖一

内川聖一

引用元: Amazon

内川 聖一(うちかわ せいいち、1982年8月4日 - )は、大分県大分市出身のプロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)。福岡ソフトバンクホークス所属。妻は元フジテレビアナウンサーの長野翼。

161矢野燿大

矢野燿大

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1968年12月6日 / いて座 / 申年
出身地大阪府

161小坂誠

No Image

161森野将彦

森野将彦

引用元: Amazon

161嶋基宏

嶋基宏

引用元: Amazon

嶋 基宏(しま もとひろ、1984年12月13日 - )は、岐阜県海津郡(現在の海津市)出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。労働組合日本プロ野球選手会第8代会長。

161福原忍

No Image

171越智大祐

越智大祐

引用元: Amazon

171岡島秀樹

岡島秀樹

引用元: Amazon

171栗山巧

栗山巧

引用元: Amazon

栗山 巧(くりやま たくみ、1983年9月3日 - )は、兵庫県神戸市西区出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

171大野雄大

大野雄大

引用元: Amazon

171東浜巨

No Image

171藪恵壹

藪恵壹

引用元: Amazon

181大島洋平

大島洋平

引用元: Amazon

181達川光男

達川光男

引用元: Amazon

達川 光男(たつかわ みつお、1955年7月13日 - )は、日本の元プロ野球選手(捕手)・監督、野球解説者。 広島東洋カープの正捕手として、1980年代に活躍。広島の一軍監督を務めた1998年から2000年までは、達川 晃豊(本名と読みが同じ)という登録名を用いていた。監督辞任後は本名で活動。フジテレビ・テレビ新広島・ニッポン放送などの解説者、スポーツ報知評論家。 福岡ダイエーホークス・阪神タイガース・中日ドラゴンズ・福岡ソフトバンクホークスのコーチを歴任している。

181中嶋聡

No Image

181北別府学

生年月日 / 星座 / 干支1957年7月12日 / かに座 / 酉年
出身地鹿児島県
プロフィール鹿児島県出身。1975年、ドラフト1位で広島東洋カープに入団。3年目に10勝を挙げると翌年以降11年連続二桁勝利。1982年には20勝し最多勝と沢村賞を獲得。1994年シーズンを以って現役引退。通算213勝を挙げ、名球会入り。引退後は広島ホームテレビ・テレビ朝日で野球解説者として活動。2001年から2004年までは広島東洋カープの投手コーチを務める。コーチ退団後は、広島ホームテレビの野球解説者として活動する傍ら、日本にとどまらず中国や韓国でも野球の普及と指導活動を行う。
代表作品著書『それでも逃げない』
広島ホームテレビ『プロ野球中継』解説
広島ホームテレビ『勝ちグセ。サンデー恋すぽ』

181山口俊

No Image

191源田壮亮

源田壮亮

引用元: Amazon

191荒木雅博

荒木雅博

引用元: Amazon

荒木雅博(あらき まさひろ、1977年9月13日 - )は、熊本県菊池郡菊陽町出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。現在は中日ドラゴンズの一軍内野守備走塁コーチ。 現役時代は2008年から中日選手会長、2009年には日本プロ野球選手会副会長を務めた。井端弘和との二遊間コンビは「アライバ」の愛称で親しまれた。

191西勇輝

No Image

191大竹寛

大竹寛

引用元: Amazon

191坪井智哉

坪井智哉

引用元: Amazon

坪井 智哉(つぼい ともちか、1974年2月19日 - )は、東京都江東区出身の元プロ野球選手(外野手、左投左打)、コーチ。2014年に現役引退後、2015年から横浜DeNAベイスターズの一軍打撃コーチを務める。父親は元プロ野球選手の坪井新三郎で親子ともにPL学園高校を卒業。後に社会人野球を経てプロ野球選手となった。

191桧山進次郎

桧山進次郎

引用元: Amazon

桧山 進次郎(ひやま しんじろう、1969年7月1日 - )は、京都府京都市右京区出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)、野球解説者、野球評論家、Youtuber。一部メディアでは、「檜山進次郎」と表記。現在はホリプロに所属する。

201安田尚憲

安田尚憲

引用元: Amazon

安田 尚憲(やすだ ひさのり、1999年4月15日 - )は、大阪府吹田市出身[2]のプロ野球選手(内野手)。右投左打。千葉ロッテマリーンズ所属。

201伊東勤

伊東勤

引用元: Amazon

伊東 勤(いとう つとむ、1962年8月29日 - )は、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手(捕手、右投右打)・監督・コーチ、野球解説者・評論家。

201宇野勝

宇野勝

公式動画: Youtube

201松井稼頭央

松井稼頭央

引用元: Amazon

松井 稼頭央(まつい かずお、本名:松井 和夫(読み同じ)、1975年10月23日 - )は、大阪府東大阪市出身の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投両打)・コーチ。現在は埼玉西武ライオンズの二軍監督。 1994年にNPBの西武ライオンズに入団。1997年に石毛宏典が着用していた背番号「7」を着用し、2003年に西武を退団するまでの7年間でチームの中心選手として3度のリーグ優勝に貢献したことで「(二代目)ミスターレオ」と呼ばれた。 2004年にMLBのニューヨーク・メッツに移籍して日本人初の内野手メジャーリーガーとなり、MLBでは7年間プレーした。2011年から東北楽天ゴールデンイーグルスに入団して日本球界に復帰し、2013年のチーム初のリーグ優勝・日本一に貢献。楽天には2017年まで7年間在籍し、2018年には古巣の西武に復帰。同年は西武で自身5度目、西武在籍時では自身4度目となるリーグ優勝を経験し、この年限りで現役を引退した。 シーズン長打NPB記録保持者。妻はタレントの松井美緒。

201新井貴浩

新井貴浩

引用元: Amazon

新井 貴浩(あらい たかひろ、1977年1月30日 - )は、広島県広島市中区江波出身の元プロ野球選手(内野手)。右投右打。野球解説者、野球評論家。 第7代日本プロ野球選手会会長。マネジメントはエイベックス・マネジメント。中日ドラゴンズ、阪神タイガースに所属していた新井良太は弟。

201石毛宏典

石毛宏典

引用元: Amazon

201中村紀洋

中村紀洋

引用元: Amazon

211井川慶

井川慶

引用元: Amazon

211江藤智

江藤智

引用元: Amazon

江藤 智(えとう あきら、1970年4月15日 - )は、東京都東大和市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・プロ野球コーチ。 現役時代は主に広島東洋カープで本塁打王2回・打点王1回を獲得するなど主軸打者として活躍し、読売ジャイアンツ(巨人)・西武ライオンズ→埼玉西武ライオンズでもプレーした。

211小林誠司

小林誠司

引用元: Amazon

小林 誠司(こばやし せいじ、1989年6月7日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。遠投115メートル、二塁への送球1.9秒の強肩捕手。盗塁阻止率が高く、2014~2015年は規定試合数不足ながら4割を超え、2016~2018年は3年連続でリーグトップだった。

211福留孝介

福留孝介

引用元: Amazon

福留 孝介(ふくどめ こうすけ、1977年4月26日 - )は、阪神タイガースに所属する鹿児島県曽於郡大崎町出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。

211木佐貫洋

木佐貫洋

引用元: Amazon

211片岡治大

生年月日 / 星座 / 干支1983年2月17日 / みずがめ座 / 亥年
出身地千葉県
プロフィール宇都宮学園高から東京ガスを経て、2004年ドラフト3巡目で西武ライオンズに入団。初年度からスタメンに名を連ね、俊足を活かしたプレースタイルで盗塁王を4回獲得。08年にはオールスター出場、最多安打に輝き、リードオフマンとして日本一にも大きく貢献した。09年、第2回WBC出場。14年、新天地ジャイアンツへ移籍し、15年には通算300盗塁を達成した。その後は度重なる怪我に悩まされながらも、希望を捨てず必死のリハビリを続けたが、17年に引退を発表した。18年からジャイアンツ2軍内野守備走塁コーチを務める。

221岩村明憲

岩村明憲

引用元: Amazon

221斉藤和巳

斉藤和巳

引用元: Amazon

斉藤 和巳(さいとう かずみ、1977年11月30日 - )は、京都府京都市南区出身の日本の元プロ野球選手(投手)、コーチ。現在は野球解説者、YouTuber。

221中田翔

中田翔

引用元: Amazon

中田 翔(なかた しょう、1989年4月22日 - )は、広島県広島市中区出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。

221中島宏之

中島宏之

引用元: Amazon

中島 裕之(なかじま ひろゆき、1982年7月31日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。愛称は「ナカジ」。妻はファッションモデルの相沢紗世。2016年より、登録名に「中島 宏之」(読みは本名と同じ)を用いている。

221二岡智宏

二岡智宏

引用元: Amazon

221岸孝之

生年月日 / 星座 / 干支1984年12月4日 / いて座 / 子年
出身地宮城県
プロフィール宮城県名取北高2年時からエースとなるが、全国的注目度は高くなく、甲子園出場を経験することもなかった。2003年、東北学院大に進学しエースとして活躍。日米大学野球選手権大会、世界大学野球選手権大会でも日本代表のエースとして活躍した。2007年、西武ライオンズに入団し、プロ1年目から先発ローテーションを担い、田中将大の防御率を上回る活躍で、パ・リーグ特別表彰で「優秀新人賞」を受賞した。2008年は、チームの日本一達成に貢献し、日本シリーズMVPを獲得。2014年、2年連続2度目の開幕投手を務め、5月2日の対千葉ロッテ戦でノーヒットノーランを達成している。2017年、地元仙台の東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。則本投手とのダブルエースで、チームをクライマックスシリーズ進出に導いた。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる