みんなのランキング

まどかさんの「日本人ラッパーランキング」

100
更新日: 2020/10/25

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1KREVA

KREVA

引用元: Amazon

聞いていて心地良い

紅白歌合戦に出るほどメジャーに知られているラッパーですが、MCバトルでのフリースタイルでもかっこ良く、言葉のセンスも音への乗り方もやっぱりすごいなと感じます。聞き取りやすく分かりやすい声のトーン、聞いていて心地良い所がやっぱり大好きです。

2呂布カルマ

呂布カルマ

引用元: Amazon

圧倒させる独自のスタイル

MCバトルで相手を圧倒させてしまうほどのテンポの良さや、フリースタイルでの即興の言葉の選び方がこれまでにない新しさを感じさせてくれるラッパーです。独自のスタイルを追求している所にかっこよさを感じます。

3R-指定

R-指定

引用元: Amazon

4PUNPEE

No Image

5Zeebra

出身地東京都
プロフィール今や伝説と化したヒップホップグループ「KING GIDDRA」のフロントマンとして名を馳せたZEEBRA。早くからその才能を開花させ、日本語におけるラップを新たな次元へと引き上げ、ヒップホップ・シーンの拡大に貢献した立役者。1997年のソロ・デビューから常にトップの座に君臨し続け、常に上のレベルを追求する姿勢に共感を覚えるリスナーも数知れない。その音楽性の高さや技術、スマートなスタイルと存在感により、男女を問わずリスナーの間でカリスマ的存在となっている。また、他のアーティストからの信頼やリスペクトも厚く、自身の作品に加え世代やジャンルを超え、数多くの客演も行っており、2003年にはR&Bプロデューサーの今井了介と日本のクラブ・シーンを代表するDJ KEN-BOとの3人で、アンダーグラウンドとオーバーグラウンド、そしてヒップホップ・シーンとR&B・シーンを結ぶプロデュース・チーム「FIRSTKLAS」を結成するなどその足は止まらない。2005年、音楽制作に取り組みつつも、ヤクルトスワローズと明治神宮球場の演出プロデュース「BeatPark」を手掛けたり、ドラマ『15歳のブルース』に出演するなど活動の幅を広げ、2006年2月には自身4枚目となるアルバム『The New Begining』を発表した。USトッププロデューサーのSwizzBeatzやScott Storchらの参加や、AI、Mummy-D、安室奈美恵を1つの楽曲に呼び込むなど、Zeebraにしかなし得ない、まさに「不可能を可能にした日本人」として日本中を震撼させた。また、その活動の影響力は海を超え、諸外国からのオファーも殺到しており、2007年には海外の都市も含めたクラブツアーを決行。2008年にはタイで開催されたASIAN HIPHOP FESTIVALに日本の代表として招かれた。同年、ラップを始めて20周年という節目の年を迎え、Best Album『The Anthology』を発表し、自身初となる武道館ワンマンライブ『Zeebra 20th Anniversary The Live Animal in 武道館』を開催し、新たな伝説をHIPHOP史に刻み込んだ。
代表作品CDシングル『真っ昼間』(1997)
CDシングル『THE RHYME ANIMAL REMIX E.P.1』(1998)
CDシングル『THE RHYME ANIMAL REMIX E.P.2』(1999)
チャンネルURLZeebra オフィシャルチャンネル
公式SNSTwitter

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

芸能人・著名人の新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング