みんなのランキング

つるつるんさんの「好きな司会者ランキング」

00
更新日: 2020/11/26

ランキング結果

1村上信五

村上信五

引用元: Amazon

グループ名関ジャニ∞
生年月日 / 星座 / 干支1982年1月26日 / みずがめ座 / 戌年
出身地大阪府高槻市
プロフィールV6のファンだったクラスメイトから勧められ履歴書を送る。はじめは母親に反対されるも「約束は守りなさい」と言われオーディションを受け、見事に合格。その後すぐKinki Kidsのクリスマスライブに後のグループメンバーとなる横山、渋谷と共に出演。関西ジャニーズJr.の中心的存在として活躍する。2002年12月に「関ジャニ∞」を結成。MCとしても活躍しており、多くのバラエティ番組にも出演している。また、フジテレビ系列での東京オリンピックメインキャスターの就任が決定している。
代表作品日テレ『月曜から夜ふかし』MC(2005年〜)
映画『エイトレンジャー』主演(村岡雄貴(ナスレンジャー) 役)(2012)
公式SNS-

関西弁がいい

村上信五がしゃべる関西弁にくぎ付けになる。自虐を入れながらの切り返しやコメントが面白いので彼が出ているとつい見てしまいます。ジャニーズなのにらしくないところも好き。早く念願の紅白の司会に抜擢されるといいなw

2明石家さんま

明石家さんま

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1955年7月1日 / かに座 / 未年
出身地和歌山県
プロフィール1974年、2代目笑福亭松之助に弟子入り。「笑福亭さんま」の高座名が与えられる。1976年、明石家さんまとしてテレビデビュー。関西でのテレビ出演を経て東京進出。『オレたちひょうきん族』や『笑っていいとも!』へのレギュラー出演を果たす。1986年、主演ドラマ『男女7人夏物語』が大ヒット。1990年代には、『さんまのからくりTV』『恋のから騒ぎ』など自身がMCを務める番組がスタートする。2018年にはドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』でプロデューサーとして初めて番組制作に携わった。娘はモデル、歌手として活動するIMALU。
代表作品ドラマ『男女7人夏物語』(1986)
ドラマ『世界で一番パパが好き』(1998)
バラエティー『踊る!さんま御殿!!』
バラエティー『ホンマでっか!?TV』
公式SNS-

3上田晋也

生年月日 / 干支1970年5月7日 / 戌年
出身地熊本県
プロフィールお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」のツッコミ担当。高校時代の同級生であった有田を誘い、「海砂利水魚」(現:くりぃむしちゅー)としてデビュー。数々のバラエティー番組に出演し、冠番組を多数抱える実力派コンビとなる。テレビ朝日『虎ノ門』の「うんちく王決定戦」で初代うんちく王となり話題に。知識量とボキャブラリーを武器にしたトーク力にも定評があり、単独で司会を務める番組も多数ある。
公式SNS-

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

芸能人・著名人の新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング