みんなのランキング

kuromameさんの「ロビン・ウィリアムズ出演の映画ランキング」

20
更新日: 2020/08/12

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1ジュマンジ

ジュマンジ

引用元: Amazon

制作年1995年
上映時間104分
監督ジョー・ジョンストン
メインキャストロビン・ウィリアムズ(アラン・パリッシュ)、ジョナサン・ハイド(サミュエル・アラン・パリッシュ / ヴァン・ベルト)、キルスティン・ダンスト(ジュディ・シェパード)、ブラッドリー・ピアース(ピーター・シェパード)、ボニー・ハント(サラ・ウィットル)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

葛藤

ロビン・ウィリアムズ出演作品と言って思いつく最初の作品。子どもの頃からジュマンジの世界に取り込まれてしまった人の役を演じているのですが、心の葛藤が強く伝わってきて共感をしてしまいます。
主人公が誰なのか、と考えるとやっぱりロビン・ウィリアムズが演じていた少年が主人公なのかなと思ってしまいます。

2ミセス・ダウト

ミセス・ダウト

引用元: Amazon

制作年1993年
上映時間126分
監督クリス・コロンバス
メインキャストロビン・ウィリアムズ(ダニエル・ヒラード/ミセス・ダウトファイア)、サリー・フィールド(ミランダ・ヒラード)、ピアース・ブロスナン(スチュワート・ダンマイア)、ハーヴェイ・ハーヴェイ・ファイアスタイン(フランク)、ロバート・ブロスキー(ジョナサン・ランディ)ほか
主題歌・挿入歌Dude (Looks Like a Lady) / エアロスミス
公式サイト-

ロビン・ウィリアムズだからこそ

この作品はロビン・ウィリアムズでないと絶対演じられなかったと思います。
変幻自在な演技ができるから違和感のない姿を観ることができると思うのです。
子どもたちを何よりも大切に考える父親の思いが伝わる作品です。

3フック

フック

引用元: Amazon

『フック』(原題: Hook)は、1991年公開のアメリカ映画。 40歳の大人になった永遠の子供ピーター・パンが、宿敵フック船長と再び闘うSF・コメディ・ファンタジー・アクション作品。

深い演技

昔、ピーターパンだったという設定なのですが、現実主義になってしまったピーターパンの姿を面白おかしく演じています。やっぱりロビン・ウィリアムズだからこそ、この深い演技ができるのだろうなと感じます。

4レナードの朝

レナードの朝

引用元: Amazon

制作年1990年
上映時間121分
監督ペニー・マーシャル
メインキャストロバート・デ・ニーロ(レナード・ロウ)、ロビン・ウィリアムズ(マルコム・セイヤー医師)、ジュリー・カブナー(エレノア・コステロ)、ルース・ネルソン(ロウ夫人)、ジョン・ハード(カウフマン医師)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

5ナイト ミュージアム(映画)

ナイト ミュージアム(映画)

引用元: Amazon

制作年2006年
上映時間108分
監督ショーン・レヴィ
メインキャストベン・スティラー(ラリー・デイリー)、ジェイク・チェリー(ニック・デイリー)、カーラ・グギノ(レベッカ・ハットマン)、ロビン・ウィリアムズ(セオドア・ルーズベルト)、スティーヴ・クーガン(ガイウス・オクタウィウス)ほか
主題歌・挿入歌セプテンバー / アース・ウィンド&ファイアー
公式サイトhttp://movies.foxjapan.com/nightmuseum/

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる