みんなのランキング

ゆみりんさんの「広島の日本酒ランキング」

10
更新日: 2020/06/26

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

ワイングラスが似合う日本酒

酔心を製造している山根本店は、万延元年に創業された伝統ある酒造メーカーです。軟水を使い、滑らかな口当たりでとても後味が良い。これまで、数々の賞を受賞しており、2014年、秋季全国酒類コンクールで、第1位を獲得ている優れた日本酒です。

呉の有名な酒造メーカーが作る名酒

雨後の月は、広島県呉市の相原酒造が作っています。雨後の月というネーミングがとても素敵ですが、この名前は、徳富蘆花の小説、「自然と人生」から命名されているそうです。雨後の月が周りを明るく照らし、澄んだお酒になるというイメージで、作られたお酒です。

毎日飲んでも飽きないお酒

竹鶴酒造の竹鶴は、滑らかな口当たりで、酸味と甘さが程よく、そのバランスが絶妙で、人気のお酒です。NHK の朝ドラ「マッサン」でも、お馴染みになりました。どんな料理にも合うのが、このお酒の素晴らしいところ。「ついつい、飲みすぎてしまう」そんな声もあります。

金箔入りの大吟醸

賀茂鶴の一種「大吟醸特製ゴールド賀茂鶴」は桜の花びらをかたどった純金箔を入れて作られた大吟醸酒です。広島では有名な、賀茂鶴酒造の代表的なお酒。広島県の県北の豊かな自然の中で育った酒造好適米が使われています。芳醇な香りと味わいが特徴です。

女性杜氏が仕込む純米酒

富久長は、明治元年創業の今田酒造が製造したお酒です。全国的にはとても珍しい、女性の杜氏が作っているお酒です。軟水を使ったやや辛口の味わいの日本酒。しぼりたてらしく、色がちょっと濁っていて、お米の甘い匂いが残り、甘さと辛さが絶妙なバランスを醸し出しています。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ショッピングの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング