みんなのランキング

トリイザカさんの「SFアニメランキング」

20
更新日: 2020/06/29

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1銀河鉄道999(アニメ)

銀河鉄道999(アニメ)

引用元: Amazon

放送期間1978年9月~
話数全113話
制作会社東映アニメーション
企画横山賢二、別所孝治、小湊洋市
メインキャスト野沢雅子星野鉄郎)、池田昌子メーテル)、肝付兼太(車掌)、高木均(ナレーター)
公式サイトhttp://www.toei-anim.co.jp/lineup/tv/999/

宇宙を飛ぶ古い機関車に好奇心をくすぐられた!

機械の体をただで貰えるという惑星メーテルへ、星野鉄郎という少年が謎の美女メーテルに無期限のパスを貰い旅に出る話なのですが、その為に乗った宇宙列車が古い機関車だったという所が個人的にギャップがあり、当時リアルタイムで見ていて、毎回好奇心をくすぐられながらワクワクして見ていたからです。

2銀河漂流バイファム

銀河漂流バイファム

引用元: Amazon

放送期間1983年~
制作会社-
監督神田武幸
メインキャスト難波克弘、鳥海勝美、竹村拓、野沢雅子、菊池英博、冨永みーな、笠原弘子、羽村京子、原えりこ千々松幸子ほか
公式サイトhttp://www.vifam.net/

15少年漂流記をモチーフにした宇宙漂流モノアニメに興奮した!

突然、異星人からの攻撃により少年と少女だけで宇宙船ジェイナスを皆で操縦しながら離ればなれになった両親に会うために旅をする内容ですが、唯一の大人の女性のケイトさんを途中で失い、カチュアという少女が敵の異星人だったという展開等々、そんな状況下で子供達が団結してピンチを乗り越えていくストーリーに毎回興奮して見られたからです。

3機動戦士ガンダム(アニメ)

機動戦士ガンダム(アニメ)

引用元: Amazon

放送期間1979年4月~
話数全43話
制作会社日本サンライズ
監督富野喜幸
メインキャスト古谷徹アムロ・レイ)、池田秀一シャア・アズナブル)、鈴置洋孝(ブライト・ノア)、鵜飼るみ子フラウ・ボゥ)、白石冬美(ミライ・ヤシマ)、井上瑤(セイラ・マス)、古川登志夫(カイ・シデン)、鈴木清信(ハヤト・コバヤシ)、戸田恵子マチルダ・アジャン)、潘恵子(ララァ・スン)、永井一郎(ナレーター)ほか
公式サイトhttp://www.gundam.jp/tv/

ニュータイプという新しい概念に一喜一憂した!

主人公のアムロ・レイが地球連邦軍とジオン軍との戦いに巻き込まれ、偶然ガンダムに搭乗する事になり、専属パイロットとして戦うのですが、最初はガンダムの性能に着いていくのがやっとだったアムロ・レイが、物語終盤ではニュータイプという一種の超能力者みたいな能力を開花させ、逆にガンダムの反応の遅さに苛立つくらいに成長していった展開にハラハラドキドキしながら楽しんで見ていたからです。

4宇宙戦艦ヤマト(アニメ)

宇宙戦艦ヤマト(アニメ)

引用元: Amazon

制作会社オフィス・アカデミー
監督松本零士
メインキャスト納谷悟郎(沖田十三)、富山敬(古代進)、麻上洋子(森雪)、仲村秀生(島大介)、広川太一郎(古代守)ほか

地球滅亡のカウントダウンに毎回ハラハラした!

ガミラスからの攻撃で地球滅亡のカウントダウンが始まり、古代進達が宇宙戦艦ヤマトに乗り込み、コスモクリーナーを取りにイスカンダルへと旅立つ物語ですが、敵との激しい戦いを毎回切り抜けると、最後に地球滅亡のカウントダウンを告げる日時のナレーションが流れる度にハラハラしながらも楽しく見ていたからです。

5聖戦士ダンバイン

聖戦士ダンバイン

引用元: Amazon

放送期間1983年2月~
話数全49話
制作会社日本サンライズ
総監督富野由悠季
メインキャスト中原茂(ショウ・ザマ)、川村万梨阿(チャム・ファウ)、土井美加(マーベル・フローズン)、安宅誠(ニー・ギブン)、高田由美(キーン・キッス)、田中正彦(ショット・ウェポン)、速水奨(バーン・バニングス / 黒騎士)、逢坂秀実(トッド・ギネス)、西城美希(ガラリア・ニャムヒー)、立木文彦(ゼット・ライト)、大塚智子(ジェリル・クチビ)、横尾まり(ミュージィ・ポー)、高橋美紀(シーラ・ラパーナ)、色川京子(リムル・ルフト)、佐々木るん(エレ・ハンム)、火野捷子(ルーザ・ルフト)、曽我部和行(ビショット・ハッタ)、大木正司(ドレイク・ルフト)、若本紀昭(ナレーター)ほか
公式サイトhttp://www.dunbine.net/

バイストンウェルという未知の世界での物語が異色で楽しかった!

ショウ・ザマという主人公がバイクに乗ったまま、バイストンウェルという未知の世界へ飛ばされ、オーラバトラーという昆虫をイメージした戦闘ロボットのパイロットとして戦っていく物語ですが、ショウと一緒に居るチャム・ファウという妖精に癒されたり、オーラの力をエネルギー源としてダンバインやビルバインを駆使して戦う主人公達に一喜一憂したり、色んなオーラバトラーに興奮したりと、その独特な世界観が個人的にハマり、毎回楽しく見られたからです。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング