みんなのランキング

弐瓶勉の漫画人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

ABARAシドニアの騎士(漫画)BLAME!(漫画)人形の国BIOMEGA

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数5
投票参加者数6
投票数22

高いクオリティを誇る、ハード系SF作品で人気を集めてい漫画家・弐瓶勉。独特の世界観と壮大なスケール感の建築物が登場する作品は、海外でも高い評価を得ています。今回は「弐瓶勉の漫画人気ランキング」をみんなの投票で決定します!デビュー作の『BLAME!』(1995年)をはじめ、『Biomega』(2004年)や『シドニアの騎士』(2009年)など、人気タイトルが名を連ねます。あなたのおすすめ作品を教えてください!

最終更新日: 2021/03/15

ランキングの前に

1分でわかる「弐瓶勉」

弐瓶勉の略歴

弐瓶勉は、1971年2月26日生まれ、福島県出身の漫画家。1995年に、月刊マンガ雑誌のコンテストにて『BLAME』が審査員特別賞を受賞。その後、漫画家アシスタントとして経験を積み、1997年に「月刊アフタヌーン」で『BLAME!』の連載を開始しました。彼の作品は、なんといってもハード系SF設定に綿密に練られた世界観が魅力。また、建築関係の職に就いていた経験を活かし、繊細に描かれる巨大建築物も見逃せないポイントで、海外でも称賛されるほど人気を誇っています。

弐瓶勉の代表作

弐瓶勉の代表作には、コンピューター技術が発達しすぎたためにシステム不全に陥った都市を舞台にした『BLAME!』(1995年)をはじめ、ウイルスが蔓延した世界で繰り広げられる命がけのSFアクション『Biomega』(2004年)や、ラブコメ的な日常と緊張感のある展開を交互に描いた『シドニアの騎士』(2009年)など、斬新な設定で大スケールに描かれるSF作品ばかりが揃います。

関連するおすすめのランキング

面白い漫画ランキングはこちら!

面白い漫画ランキング

完結漫画 名作ランキング

SF好きはこちらも必見!

SF漫画ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、弐瓶勉が手掛けているすべての漫画作品が投票対象です。読み切り作品や短編も含めて投票可。あなたの好きな作品に投票してください。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1BLAME!(漫画)

BLAME!(漫画)

引用元: Amazon

作者弐瓶勉
ジャンル青年漫画
出版社講談社
連載月刊アフタヌーン(1997年3月号~2003年9月号)
巻数全10巻

もっと見る

引き込まれる独自の世界観

約20年前に読んだ当初、他にはない圧倒的な世界観に引き込まれました。
作品の根幹をなす構造物の表現が特に魅力的で、その中で動く一見無感情なキャラクターもどんどん好きになっていきます。
解釈の難しい場面が非常に多いですが、その探究も含めて主人公と一緒に構造物をぐるぐると動き回るように何度も繰り返し楽しむことができる作品です。

2シドニアの騎士(漫画)

シドニアの騎士(漫画)

引用元: Amazon

作者弐瓶勉
ジャンル青年漫画
出版社講談社
連載月刊アフタヌーン(2009年6月号~2015年11月号)
巻数全15巻

もっと見る

多様なキャラクターに引き込まれる作品

作者のもつ圧倒的な独自の世界観やストーリー進行をそのままにしながら、これ以前の作品とは違って、描かれるキャラクターの魅力がグッと上がった作品です。過去作品に比べて、シンプルにマンガとして面白くなり、キャラクターに感情移入して読むことができるようになったことが、ファンとしてとても嬉しく感じられました。

3人形の国

人形の国

引用元: Amazon

作者弐瓶勉
ジャンル少年漫画
出版社講談社
連載月刊少年シリウス(2017年~)
巻数-

もっと見る

予想できないストーリーと世界観

SFマンガとしての独自さが際立つ作品です。人間と機械の表現や、人外キャラクターの魅力、そして息をつかせない展開の切り替わりで話を読み進める毎に引き込まれます。
作品の持つシンプルで冷たくも感じるような空気感が読後も強い余韻を残してくれます。

4ABARA

ABARA

引用元: Amazon

作者弐瓶勉
ジャンル青年漫画
出版社集英社
連載ウルトラジャンプ(2005年6月号~2006年4月号)
巻数全2巻

もっと見る

独自の世界観の緻密な描写

弐瓶勉の作品の魅力は、作品を重ねる毎に広がる世界観です。過去作品と同様のモチーフを扱いながらも、画力が上がり表現の幅が増え、設定の深みが増してより理解ができる内容に進化していく様が、他の作品も通して続けているファンとして最大の楽しみです。特にこの作品ではコマ割りなどマンガとしての表現力が圧倒的に上がっているように感じ、期待感を持って読むことができました。

5BIOMEGA

BIOMEGA

引用元: Amazon

作者弐瓶勉
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊ヤングマガジン(2004年第29号~2004年第41号)
ウルトラジャンプ(2006年5月号~2009年2月号)
巻数全6巻

もっと見る

機械と構造物の美しさ

作品が進むにつれて登場する新しい武器や乗り物・キャラクターの連続にとてもワクワクさせられる作品です。全体的なストーリーよりもこの作品がもつ空気感に浸ることができます。

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ