みんなのランキング

お湯さんの「橋本愛出演映画ランキング」

00
更新日: 2020/06/25

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間103分
監督吉田大八
メインキャスト神木隆之介(前田涼也)、橋本愛(東原かすみ)、東出昌大(菊池宏樹)、清水くるみ(宮部実果)、山本美月(飯田梨紗)ほか
主題歌・挿入歌陽はまた昇る〜映画「桐島、部活やめるってよ」バージョン / 高橋優
公式サイト-

ルックスにぴったりの役!

こちらに出演した時には橋本さんはまたメディア露出が少なく、どういった子なのかあまり分からなかったので、ルックスだけ認知した状態で初めて彼女を見た作品ですが、すごく"ぽい"なあと思いました。彼女が演じた役はバトミントン部に所属する、周りの友達に合わせているタイプの女子高生です。映画自体がリアリティー溢れるものなのですが、彼女の役もまた現実的でした。クラス内ではカースト上位のグループに所属していて、まずそういったグループに入るにはそれなりのルックスが必要ですよね。彼女はそれが一番理由だったので、他の友達がかなり強気なタイプという事もあり、あまり自分の意見を言わない感じでした。そしてそんな彼女には実はクラスメイトの中に彼氏がいる事が後に明かされるのですが、それを誰にも話していないというこの悲しきリアリティー。可愛い子には必ず彼氏がいるという現実を改めて実感させられた映画で、またそれが痛快でした。

2渇き。

渇き。

引用元: Amazon

制作年2014年
上映時間118分
監督中島哲也
メインキャスト役所広司(藤島昭和)、小松菜奈(加奈子)、清水尋也(『ボク』)、妻夫木聡(浅井)、オダギリジョー(愛川)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

橋本愛さん本人らしい役

普段演技をされていない時の彼女はちょっと中二病感のある雰囲気だと私はイメージしています。そんなイメージとぴったりハマった役でした。主人公の魅力的すぎて危険ですらある所に気付いているのに、それに逆らえないというか、嫉妬心も混じりながらも憧れているというような役でした。実際に知り合いな訳ではないので、これは個人的な妄想ですが、橋本さんは夢見がちでなりたい自分というのが居るのだと思います。しかし実際にそれになれているのかというと、よく分かりません。彼女が自分らしい言動を取っても世間は彼女の思うような受け取り方をしてくれないような気がします。また、それにより少し損をして見えるけど自身の事を変えないという意思の強さと、上手くやりわたっていけるタイプでは無い所が見えると思います。そんな、言い方を変えると強気でプライドが高いけど弱い面がある所が、役と通じていて、彼女本人かと思うほどでした。

3告白(映画)

告白(映画)

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間106分
監督中島哲也
メインキャスト松たか子(森口悠子)、岡田将生(寺田良輝)、木村佳乃(下村優子)、芦田愛菜(森口愛美)、山口馬木也(桜宮正義)ほか
主題歌・挿入歌Last Flowers / レディオヘッド
公式サイト-

中学生時代に出演した作品!

彼女が二番目に演じる事になった映画です。その為、今よりも幼い橋本さんが見られます。そして役どころが、中学生という年齢の子に演じさせて良いのかな?と思うような感じでした。多感な時期にこういった役柄を演じると実際にそれに影響を受けてしまうのではないかと心配になりました。実のところ今でもこの作品に出演した事で自分のビジュアルが他人からどのように見えるのか改めて感じさせられ、それによった自身への心境の変化というものがあったのではないかと思っています。役は家庭環境は良くないが勉強は出来る、しかし友達はいないという、中二病にかかるしかない条件を持っている女の子でした。その為にある殺人事件を崇拝しています…。そんな影のある可哀想な役を、橋本さんは中学生で見事に演じ切っていました。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?