みんなのランキング

オレンジジュースさんの「有川浩の書籍ランキング」

00
更新日: 2020/08/03

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1塩の街

塩の街

引用元: Amazon

『塩の街』(しおのまち、文庫版サブタイトル:wish on my precious)は、有川浩によるライトノベル作品。第10回電撃ゲーム小説大賞受賞作。電撃文庫での刊行時のイラスト担当者は昭次。

2植物図鑑

植物図鑑

引用元: Amazon

『植物図鑑』(しょくぶつずかん)は、角川書店より出版された有川浩のライト文芸、恋愛小説。イラストはカスヤナガト。

3クジラの彼

クジラの彼

引用元: Amazon

『クジラの彼』(クジラのかれ)は2007年1月に角川書店より出版された有川浩による短編小説集。イラストは徒花スクモ。自衛隊員の恋愛を描いた六つの短編小説集。 雑誌『野性時代』に不定期掲載された後に単行本化された。同作者の作品である「空の中」と「海の底」のスピンオフ作品も収録されている。

4図書館戦争(小説)

図書館戦争(小説)

引用元: Amazon

『図書館戦争』(としょかんせんそう)シリーズは、有川浩の小説。イラストは徒花スクモ。2008年、第39回星雲賞日本長編作品部門受賞。 架空の法律が社会に重大な影響を与えていることから、パラレルワールドやディストピアの世界を描いたSF小説にも分類される。主人公の成長と恋愛模様を描いた恋愛小説の要素も含まれている。

5レインツリーの国

レインツリーの国

引用元: Amazon

『レインツリーの国』(レインツリーのくに)は、有川浩の小説。2006年9月出版の『図書館内乱』(アスキー・メディアワークス)の中の1エピソード(作中作として登場する架空の小説)として書いた後に、改めて書き下ろした恋愛小説で、2006年9月29日に新潮社から単行本が刊行された。 自分が好きな小説の感想を書いているウェブサイトを探していた男性が、共感する感想をブログで見つけ、そのサイトの管理人であり難聴を抱える女性と交流を重ねていく。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる