みんなのランキング

中島敦の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

No Image名人伝山月記No ImageNo Image

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数6
投票参加者数3
投票数9

みんなの投票で「中島敦の人気書籍ランキング」を決定!33歳という若さで亡くなったにも関わらず、国語の教科書に載った『山月記』を始めとする多くの名作を後世に残した小説家の中島敦。代表作にして最も有名な物語『山月記』(1942年)や、中島敦が亡くなってから世に出されたという『李陵』(同年)はもちろん、伯父の遺稿を纏めたと言われる『斗南先生』(1933年)などがランクイン?あなたがおすすめしたい、中島敦の作品も教えてください。

最終更新日: 2021/04/30

ランキングの前に

1分でわかる「中島敦」

奔放だった中島敦

1909年生まれ、東京都出身の「中島敦」。中島は、麻雀が好きでよく麻雀荘に訪れていました。その際のちに妻となる、麻雀荘の店員橋本タカと恋仲になり、タカは妊娠。しかもそれは中島敦が大学に在学していた頃の話でした。また、その後籍を入れ夫婦になったにも関わらず、中島敦は妻であるタカ及び子供との同居を拒んだそうです。そのためタカは約一年半もの間、東京を転々としながら暮らすことに。しかし、二人を横浜の借家に迎えてからは、家族を大切にする変わりぶりを見せたといいます。

「中島敦」の代表作

関連するおすすめのランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、「中島敦の手がけた作品」が投票対象です。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1山月記

山月記

引用元: Amazon

『山月記』(さんげつき)は、中島敦の短編小説。1942年(昭和17年)に発表された中島のデビュー作である。唐代、詩人となる望みに敗れて虎になってしまった男・李徴が、自分の数奇な運命を友人の袁傪に語るという変身譚であり、清朝の説話集『唐人説薈』中の「人虎伝」(李景亮の作とされる)が素材になっている。『山月記』の題名は、虎に変わった李徴が吟じる詩の一節「此夕渓山対明月」から取られている。

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

ページ内ジャンプ