みんなのランキング

池田 幸平さんの「BCAAサプリランキング」

1413
更新日: 2020/08/24
池田 幸平

パーソナルトレーナー・野菜ソムリエ

池田 幸平

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1グリコ パワープロダクション エキストラ ハイポトニックドリンク クエン酸&BCAA グレープフルーツ味

グリコ パワープロダクション エキストラ ハイポトニックドリンク クエン酸&BCAA グレープフルーツ味

引用元: Amazon

内容量1本あたり:12.4g(10本入り)
形状パウダー
カロリー39kcal(1本あたり)
ロイシン・イソロイシン・バリン比率2:01:01

トレーニングをもうひと踏ん張りしたい方にお勧め

BCAAにクエン酸がプラスされたこちらの商品。
体内で身体を動かすためのエネルギー源となる「ATP」を再合成する過程に「クエン酸回路」というモノがあります。その代謝経路に関与する物質の1つが、その名の通りクエン酸です。

筋肉を分解して糖質を作る「糖新生」に寄与するクエン酸。BCAA自体には覚醒作用があるため、トレーニング前の摂取がオススメです。

そこにクエン酸がプラスされていることから、いつもより踏み込んだトレーニングに栄養面からサポートしてくれます。

また筋トレのみならず、ストップアンドゴーを繰り返すバスケットボールやサッカーをされる方にもオススメのBCAAとなっています。

2味の素 アミノバイタル プロ

味の素 アミノバイタル プロ

引用元: Amazon

内容量4.4g(30本入り)
形状パウダー
カロリー17kcal(1本あたり)
ロイシン・イソロイシン・バリン比率約4:1:1(ロイシン:1.03g / イソロイシン:0.27g / バリン:0.28g)

これぞ日本における「ザ・アミノ酸」

国内でアミノ酸という言葉の認知度を広げた商品は、こちらの「アミノバイタル」ではないでしょうか。アンチドーピング委員会公認の商品ですから、どのアスリートにも安心して使っていただけるBCAAです。

その中でもこの「アミノバイタルプロ」は、BCAAの中でも特に筋肉の合成にとても関係が深い「ロイシン」が多く配合されています。筋力アップには、BCAAの摂取よりもロイシンを単体で摂取した方が筋合成を促進するという実験結果もあるほどです。また、腸の調子を整え免疫力向上が期待できる「グルタミン」が配合されています。

えてして筋トレによって体脂肪率が減少し、風邪をひくやすくなってしまうことが往々にしてあります。そういった意味でも、グルタミンが含まれていることはハードなトレーニングをする人には嬉しいBCAAではないでしょうか。

3味の素 アミノバイタル タブレット

味の素 アミノバイタル タブレット

引用元: Amazon

内容量32g/120g(1粒1.0g)
形状タブレット
カロリー4.25kcal(1粒あたり)
ロイシン・イソロイシン・バリン比率約1.5:1.2:1(ロイシン:1.05g、イソロイシン:0.85g、バリン:0.7g)

タブレットなので手軽に摂ることができる

こちらは、BCAAに加えて免疫力向上に大切なグルタミンが含まれています。
さらに特徴的なのは、血管拡張作用がある「アルギニン」がプラスされていること。

タンパク質は多く摂りすぎると、体内でアンモニアを発生させます。アンモニアが発生するということは、体内では毒となるのですが、アルギニンはそのアンモニアを除去する役割をもっています。
また、アルギニンには成長ホルモンの分泌を促す作用があるとも言われています。つまり、筋肉の合成を促すことに繋がるのです。

また、細菌やウイルスに対する抵抗力を高めたり、脳の疲労回復にも良いという研究結果もあります。そういった点から、しっかりトレーニングをして高タンパク食をしている方にもオススメです。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ショッピングの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング