みんなのランキング

デスメタル人気曲ランキング!みんながおすすめする曲は?

People = Shit / SlipknotWait and Bleed / SlipknotNemesis / ARCH ENEMYWar Eternal / ARCH ENEMYEnemy Within / ARCH ENEMY

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数54
投票参加者数57
投票数216

デスメタルとは、1980年代後半に登場したヘヴィメタルのジャンルの一種です。デスヴォイスと呼ばれるうなり叫ぶ歌唱法や、死や殺人をテーマとした歌詞、ダウンチューニングを施したギター・ベースの使用による重いサウンドなど、暴力性のある楽曲なのが特徴です。今回みんなの投票で決めるのは「デスメタル人気曲ランキング」。邦楽であれ、洋楽であれ、一般にデスメタルと呼ばれる楽曲ならランキングの対象です。ぜひあなたのおすすめデスメタルソングを教えてください!

最終更新日: 2021/11/25

注目のユーザー

レディビアード

プロレスラー・歌手・女装パフォーマー

レディビアード

投票した内容とコメントを見る

ランキングの前に

1分でわかる「デスメタル」

死・地獄に焦点をあてた「デスメタル」

過激なパフォーマンス・演奏が特徴的な「ヘヴィメタル」に、死や地獄などをテーマにした歌詞・演出を加えたジャンルが「デスメタル」。主にヨーロッパで活動するバンドが多く、痺れるギターソロや心臓にまで響くような低いデス声(デスヴォイス)を駆使し、ファンを楽しませています。デスメタルのなかには、曲の構成が複雑に作られた「テクニカルデスメタル(テクデス)」・さらに過激要素を強めた「ブルータル・デスメタル(ブルデス)」などのサブジャンルが存在。デスメタル初心者からファン歴が長い人まで、好みに合ったバンドが見つかりやすくなっています。

多くの日本人がデスメタルのイメージを勘違い!?

アメリカのロックバンド「Kiss」や、デーモン小暮閣下がボーカルのバンド「聖飢魔II(せいきまつ)」、2008年公開の映画『デトロイト・メタル・シティ』の影響から、日本ではデスメタルが白塗りで鎧の様な衣装を着ているイメージを持つ人が増えました。ですがそれは勘違い。本来のデスメタルバンドメンバーは、ノーメイクにTシャツ・ジーパンなど、かなりラフなスタイルとなっています。

このランキングの投票ルール

このランキングでは、ヨーロッパはもちろん日本・アメリカなどデスメタルアーティストの活動国を問わず、洋楽でも邦楽でもあなたの好きなデスメタルソングに投票が可能です!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

女性とは思えないデス声とメロディアスなギター

このバンドのポイントはボーカルが女性だということです。
男性に引けを取らないデスボイスは聞く人の度肝を抜くことでしょう。ただ、女性というだけあって、少しどことなく柔らかい印象は受けます。
この曲では随所にギターの高速ピッキングが入りカッコイイ仕上がりになっていますが、少しギターがクドいと思ったのでこの順位になりました。
ドラムのツーバスもかっこよく、またセッティングもかなり凝ったセッティングをしているので見ているだけでも楽しいバンドです。
※Nemesisを歌っていたボーカルのアンジェラですが、2014年に脱退しています。

KASUMI

KASUMIさん

4位に評価

報告

とにかくかっこいい

アークエネミーの代表作です。それにしてもこのパワフルなデスボイスが女性とは本当に今でも信じられない程です。こんな声を出せるのがすごすぎます。そしてこの曲はメロディアスで、とにかくかっこいいの一言です。

報告

女性ボーカルとは思えないアリッサのデス声がすごい

ARCH ENEMYの存在を知ったのはこの曲のMVが最初だったのですが、男性顔負けのアリッサのデスボイスのインパクトがすごすぎてすぐにこのバンドに魅了されてしまいました。この曲のドコドコとハイスピードで打ち鳴らされるバスドラの音を聴いているととてもテンションが上ります。そしてアリッサのデス声のインパクトが有りすぎてあまり目立ちませんが、以外とサビの部分の歌メロやギターのフレーズがメロディアスだったりするんですよね。そんなデスメタルの破壊的な演奏とキャッチーなメロディが共存したこの曲の雰囲気が好きです。

報告
コメントをもっと読む

2Wait and Bleed / Slipknot

Wait and Bleed / Slipknot

公式動画: Youtube

アーティストスリップノット(Slipknot)
作詞・作曲コリィ・テイラー(Corey Taylor)、ポール・グレイ(Paul Gray)
リリース1999年6月29日『Slipknot』
収録アルバム『Slipknot』
タイアップ-

もっと見る

デスメタル人生始まりの一曲

『Wait and Bleed』は、私のデスメタル人生の始まりの曲。

「Slipknot」の楽曲は、パワフルで力のある重たい音のなかにも、メロディやパーカッションをしっかり感じ取れる。

ボーカルの「コリィ・テイラー」はデスボイスを出したあとに、スッときれいな声に切り替えて歌う歌唱テクニックが素晴らしい!

彼の歌い方は、私が歌手活動をはじめたときにも大きなインスピレーションを与えてくれました。

レディビアード

プロレスラー・歌手・女装パフォーマー

レディビアードさん

1位に評価

報告

美しくも激しい

ボーカルがアリッサ嬢になってからの名曲ですね。アモット兄弟による超絶技巧なメロディーとアリッサ嬢のデスボイスが織りなすハーモニー!まさにまずこれを聴け!と言える名曲です。元々アリッサ嬢の前のバンドのThe Agonistが好きだったのでクリーンボーカルの封印は残念ではありますがやはり大好きなボーカリストです。

報告

高速のリズムギター

Bメロ終わり直後から流れる高速のリズムギターがこの曲のポイントです。
イントロや伴奏部はそこまで高速演奏をしていないのですが、Bメロが終わったとたんに1つの音を超高速で演奏します。
そのメリハリは表現することが難しく、変に高速演奏するとクドくなってしまったり、その後の演奏が間延びしているように聞こえることがあるのですが、この曲はそれが自然に表現されていました。

KASUMI

KASUMIさん

3位に評価

報告

メロデスの超名曲

20代にバンドマンだった私ですが、現役時代はデスメタルのグロウルを聞くとそれだけで聞くことを躊躇していました。
バンドマンを卒業してふと立ち寄ったディスクユニオンで「あーArch Enemyって最近よく正則先生が言ってるなー」と思い買ってみたのがWages of Sinでした。
ピアノから始まるイントロでザクザク入ってくるギターそしてアンジェラのヴォーカルにぶっ飛びました。
こんな完成された曲があるのかと。
ここで私はグラインドコアまでCDを買いあさることになりました。

報告

バカテク集団がデスメタルをやるとこうなる

最速デスメタルドラマーのFlo Mounierの手数、足数で一聴の価値あり、とにかく早い、ブラスト、グロウル!エクストリームなデスを聞きたいならCryptosyは外せないですね。
ライブに行って首が暴れたいです。

報告

響き渡る長いツーバス

この曲のポイントは何といっても間奏中に流れる長いツーバスです。
ツーバスは曲を通じて1か所でしか出てきませんが、bpm184で30秒以上ツーバスを踏んでいる箇所があります。
この曲を聴いたときは中学生でしたがツーバスというものの存在に衝撃を受けました。
イントロと同じギターフレーズでイントロはクラッシュシンバルのミュートを利用していましたが、間奏ではずっとツーバスをドコドコ踏んでいて、同じメロディなのに表現が異なる部分がおすすめです。

KASUMI

KASUMIさん

1位に評価

報告

メロディアスなギターワークが最高

まずは、ギターのオクターブ奏法を利用したリフがシンプルですが、メロディアスで格好良いと思います。
そして、なんといっても爆裂サウンドの中で叫びまくる女性ヴォーカリストのアンジェラ・ゴッソウの咆哮が素晴らしいです。

報告

スマート

そこまでデスデスはしていないですが最近リメイクしたバージョンは半音下げの、ボーカルもデスボイスが際立っていてかっこよいです。そしてテンポが良く、ヘドバンするには最高です。

報告

分かりやすいデスメタル

メタリカはデスメタルの中では比較的聴きやすいというか分かりやすいと思います。そんなメタリカの中でも一番大衆受けしそうなのがBatteryかなって思います。古き良きデスメタって感じがして、凄くお気に入りの一曲です。

SKR

SKRさん

1位に評価

報告

メタリカ??

なぜメタリカがデスメタル??
デスメタルというジャンルが勘違いされていることが多いと感じるが、いくら何でもメタリカがデスメタルって、メタリカやメタリカが好きな人、あとデスメタルが好きな人に失礼では?
なお、個人的にはデスメタルが好きと言いながら真っ先にメロデスのバンドを挙げるというのもものすごく違和感がある。
両者にはそれほど大きな違いがあると思う。

さん

1位に評価

報告

麗しのアリッサ

アリッサ嬢がARCH ENEMYに加入する前に在籍していたバンド。彼女の歌声を聴いたのはこの曲が初めてでした。え?1人で歌ってるの?と驚くクリーンボーカルとデスボイスとのミックス。そしてキャッチーな曲調。あっという間に虜となりました。

報告

曲を盛り上げるメロディアスなシンセサイザー

デスメタルの王道の一つのチルボドで、各曲にシンセサイザーは入りますが、この曲はシンセサイザーの速弾きが随所に響き渡ります。
しかもビートは通常の8ビートに対して、シンセサイザーは6連符となっており、ドラムは当然のことシンセサイザーのリズムの正確性が求められます。
それを実現するだけのテクニックや敢えてピンポイントでしかシンセサイザーを入れない曲調はチルボドならではです。

KASUMI

KASUMIさん

2位に評価

報告

キャッチ―

メロデスの巨頭と言えばChildren Of Bodomも欠かせません。一気にメジャーになったアルバムの1曲目となります。
いきなりのキラキラなキャッチ―イントロと鳴きまくりのギターそしてAlexiのギリギリデスボイス?のボーカルが乗りこのバンドの中ではやっぱり一番好きな曲。
24時間7日間トンガリまくってるって言う曲名も大好きです。

報告

アレキシ最高

Children of Bodomのタイトルナンバー。メロディーがとても美しくその美旋律はまさにチルボド節である。ボーカルギターのアレキシはほんとにかっこいい。デスボイスより少しシャウトに寄ってはいるが素晴らしい名曲です。

報告

何回もリピートしたくなる

なんと言ってもアレキシがかっこよすぎます。そしていかつすぎます。イケメンです。この曲は特に重く、メロディもスピーディーでリピートしたくなりますね。というかしています(笑)

報告

16Got The Life / Korn

Got The Life / Korn

公式動画: Youtube

アーティストコーン(Korn)
作詞・作曲レジナルド・アーヴィッツ(Reginald Arvizu)、ジョナサン・デイヴィス(Jonathan Davis)、ジェームズ・シェイファー(James Shaffer)、デイヴィッド・シルヴェリア(David Silveria)、ブライアン・ウェルチ(Brian Welch)
リリース1998年11月23日『Got The Life』
収録アルバム『Follow the Leader』
タイアップ-

もっと見る

新しい世界観をつくった一曲

『Got The Life』は、米ビルボードのメインストリーム・ロックチャートで最高15位をマークした名曲。

当時、デスメタルのジャンルでこの順位に食い込むことは快挙でした。

「Korn」はヒップホップのメロディをデスメタルに上手に掛けあわせて、新しい世界観を作ったバンドなんです。

普段あまりデスメタルの曲を聴かないような人達に、デスメタルの世界を知るきっかけを与えた曲ではないでしょうか。

レディビアード

プロレスラー・歌手・女装パフォーマー

レディビアードさん

2位に評価

報告

特にライブバージョンが良い

この曲のリメイク版がデスボイス、デスメタルバージョンになっています。特にライブバージョンは最高で、ヘドバンするにはもってこいですね(笑)京の可能性につくづく驚かされます。

報告

1秒?

メタル好きなら誰もが知っている、だがそうじゃなくてもどこかで聴いたことがあるかもしれない曲。ギネスにも認定されている世界一短い曲。「You〜」ドコドコドコとおよそ1秒ちょい。何が起こったかわからないくらい一瞬の曲。ある意味必聴。

報告

デスメタルの帝王

カンニバルコープスはデスメタル言うジャンルで最も売れているバンド。活動期間も最初期から現在までと、デスメタルシーンの歴史そのものと言って良い。それなのにこの順位は不当の極みだ

トカゲさん

1位に評価

報告

これは外せない

In Flamesでまずはこの曲と言ったら間違いなくこれです。(個人的)
こちらはオーソドックスなスピードメタルにAnders Fridénの圧倒的なボーカル。
来日するときは必ずライブに行くバンドの一つになっています。

報告

21

21位~40位を見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ