みんなのランキング

はるさめさんの「ファンタジー小説ランキング」

00
更新日: 2021/01/13

ランキング結果

ファンタジーといったら!

ライトノベルがあまり確立したジャンルではなかった時に本格的だと思えるファンタジー作品だ!と思った作品。熱血主人公、神秘的で少しツンデレなエルフ、悪だと思った悪役にも事情がある。それぞれの理由があって、戦いに赴く。最終的には、ただの村の熱い戦士だった青年が王様になれるくらいの成長を見せる。OVAもサントラもとてもときめきました。

ほんわか可愛く冒険!

冒険者たちが依頼される場所・ギルドという存在を知ったのはこの作品。冒険者になるための試験があって、合格すると冒険者として登録する事が出来、パーティーを組んで自分のレベルに合ったクエストに挑む事が出来る。青年達や女の子、エルフの子供、巨人、子犬にしか見えないホワイトドラゴンの不思議なパーティーが織り成すほっこり冒険譚。トラップが好きです。

天野喜孝の麗しいイラスト

ファイナルファンタジーシリーズでお馴染みの天野喜孝のイラストに惹かれて手に取った作品。アルスラーンの優しさとまっすぐさ。ダリューンのかっこよさ。他のパーティーメンバーもそれぞれ魅力的。9巻でしばらく休止されてたけど、随分と時を経て再開したのがとても嬉しかった!

オッドアイの美しさ

人里離れた山で人ならざる者に育てられた主人公のオッドアイ、そして汚れを知らないまっすぐで優しく賢い人柄が読者も登場人物も惹き付ける。そんな美しい彼と「魂の双子」の王様が登場するのも驚いた。汚れを知らないので何でも信じてしまう主人公を守るために集まる人達がまた魅力的。戦うお姫様や、傭兵でありつつも品があったりする戦士だとか。

5十二国記 魔性の子

十二国記 魔性の子

引用元: Amazon

『十二国記』(じゅうにこくき)は、小野不由美の小説シリーズ。中国風異世界を舞台にしたファンタジー小説である。完結しておらず、シリーズは継続している。アニメやドラマCDなどのメディア展開も行っている。

怖くも「もしかしたら有り得る世界」

基本上下巻で出ているので、上下まとめて読んでおかないと落ち着かない。特に最初の巻は主人公が心身ボロボロになって下巻へ続くので、早く心が報われたくなる。普通だと思っていたものが全く異質なものになる。常識が覆る。この物語の通りの事ではなくても自分に「今までの常識が通じない世界に放り込まれたらどうしよう」と考えさせる。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる