みんなのランキング

十二国記 魔性の子

十二国記 魔性の子

引用元: Amazon

『十二国記』(じゅうにこくき)は、小野不由美の小説シリーズ。中国風異世界を舞台にしたファンタジー小説である。完結しておらず、シリーズは継続している。アニメやドラマCDなどのメディア展開も行っている。 (引用元: Wikipedia)

感想・レビュー

全 6 件を表示

小説ランキングでの感想・レビュー

子供の頃からの人生のバイブル

去年シリーズの続編が発売され、話題になった十二国記ですが、幼い頃から見てきた大好きな本です。古代中国のような世界観で、実在しない世界の物語です。ファンタジーではダントツナンバー1。様々な人間模様が、描かれています。

キャリー

キャリーさん(女性・30代)

1位に評価

ファンタジー小説ランキングでの感想・レビュー

登場キャラが魅力的。

長く続いている中華風のラノベファンタジー小説だけど、ライトノベルだとは思えない位しっかりとした本格的なファンタジー小説。章毎に色々な主人公の話に変わるけど、その中でも、シリーズ中に登場する主人公の1人、陽子(景国女王)が、ファンタジー小説らしくないとても人間らしい悩みや葛藤する様が共感するキャラクターで、また陽子を取り巻くキャラクター達も個性豊かで面白い。ストーリーにものめり込む要素が豊富で長く続くシリーズなのに飽きない。

ファンタジー小説ランキングでの感想・レビュー

人生

ファンタジーでは珍しいくらい主人公が救われないままストーリーが進むのですが魔法も特技もこれといって持っていなく、悲観的な主人公がどうやって異世界でいろいろな試練があるなかで自分とどう折り合いをつけていくのかどう道を開いていくのか読み進めるなかでどんどん引き込まれていきこまれてしまう。
助けてくれるキャラクターはでてくるのですがそのキャラクターが出てくると一気に道徳的な部分が増えてくる。

つぶあん

つぶあんさん(女性)

1位に評価

異世界小説ランキングでの感想・レビュー

異世界と人の関わり

これも「十二国記」シリーズの一つで人間界がメイン舞台になっている異色作です。ある高校で起こる怪事件を軸に描かれる群像劇でもあり、その中心には神隠しから帰ってきた少年の影があり、主人公の教育実習室は彼の謎を解こうとするのが主な物語です。異世界への移動は最後の最後にあるのですが、そこに至るまでに描かれる現世を厭いながら違う世界に憧れてしまう人間の悲哀が胸を揺さぶります。

Elly

Ellyさん(女性・30代)

3位に評価

ファンタジー小説ランキングでの感想・レビュー

ハードモード異世界召喚!

今流行りの「異世界召喚」モノと思いきや、望まぬ異世界に無理やり連れてこられた上に、ひとりっきりで放置され、騙されるわ敵に襲われるわと散々な目に遭って完全に人間不信になった女子高生が、実は今までは抑制された人生だったんだという事実を見つめ直して、異世界の地で新たに立ち上がる、という、最高にイケメン女子なストーリーで、オススメです!

HxKx

HxKxさん(女性)

1位に評価

ファンタジー小説ランキングでの感想・レビュー

怖くも「もしかしたら有り得る世界」

基本上下巻で出ているので、上下まとめて読んでおかないと落ち着かない。特に最初の巻は主人公が心身ボロボロになって下巻へ続くので、早く心が報われたくなる。普通だと思っていたものが全く異質なものになる。常識が覆る。この物語の通りの事ではなくても自分に「今までの常識が通じない世界に放り込まれたらどうしよう」と考えさせる。

はるさめ

はるさめさん(女性・40代)

5位に評価

関連しているアイテム

似ているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「本・書籍」タグで人気のランキング

図書館戦争(小説)

エンタメ>

小説ランキング

おすすめの小説は?

転生したらスライムだった件 (ライトノベル)

エンタメ>

ライトノベルランキング

おすすめしたいライトノベルは?

十角館の殺人

エンタメ>

サスペンス・ミステリー小説ランキング

おすすめのミステリー・推理小説は?

生きることば あなたへ

エンタメ>

瀬戸内寂聴の本ランキング

あなたがおすすめする瀬戸内寂聴の本は?

容疑者Xの献身(小説)

エンタメ>

東野圭吾の書籍ランキング

おすすめの東野圭吾の書籍は?