みんなのランキング

荻原浩の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

さよなら、そしてこんにちはオロロ畑でつかまえて僕たちの戦争(小説)極小農園日記千年樹

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数0
投票参加者数0
投票数0

みんなの投票で「荻原浩の人気書籍ランキング」を決定!エッセイやミステリー、ユーモア小説など幅広く作品を手がける「荻原浩」。デビュー作となる『オロロ畑でつかまえて』をはじめ、2006年に渡辺謙主演で映画化された『明日の記憶」や、背筋が凍るサイコパス・サスペンス小説『噂』などの人気書籍のなかから見事上位にランクインするのは果たして?あなたがおすすめする荻原浩の作品も教えてください。

最終更新日: 2021/07/09

ランキングの前に

1分でわかる「荻原浩」

コピーライターから小説家に転身した「荻原浩」

1956年、埼玉県出身の荻原浩。「だれにも邪魔されない文章を書いてみたい」という思いからコピーライターとして働きながら、39歳のときに小説を書き始めました。1997年、初めて書いた長編小説『オロロ畑でつかまえて』で第10回小説すばる新人賞を受賞し小説家デビュー。その後、なかなかヒット作を生み出せずにいたところ、若年性アルツハイマーをテーマにした『明日への記憶』(2004年)で第2回本屋大賞第2位を獲得し、映画化がされたことによって彼の名が世間に広まっていくこととなりました。推理小説を得意としている彼ですが、現在では日常を描いた作品も手がけており、幅広い作風が人気です。

「荻原浩」の受賞歴

噂


(引用元: Amazon)

『噂』(2001年)や『あの日にドライブ』(2006年)など、数々の作品を生み出してきた荻原浩には数々の受賞歴があります。1997年に『オロロ畑でつかまえて』で第10回小説すばる新人賞を受賞した他、2005年には『明日への記憶』で第18回山本周五郎賞を受賞。2014年には『二千七百の夏と冬』で第5回山田風太郎賞を、2016年には『海の見える理髪店』で第155回直木三十五賞を受賞しました。

関連するおすすめのランキング

その他人気小説家のランキングはこちら!

太宰治の書籍ランキング

宮部みゆきおすすめ作品

有川浩の書籍ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、荻原浩が手がけたすべての書籍に投票可能!あなたがおすすめする荻原浩の作品に投票してください。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

候補押入れのちよ

押入れのちよ

引用元: Amazon

失業中サラリーマンの恵太が引っ越した先は、家賃3万3千円の超お得な格安アパート。しかし一日目の夜玄関脇の押入れから「出て」きたのは、自称明治39年生れの14歳、推定身長130cm後半の、かわいらしい女の子だった(表題作「押入れのちよ」)。ままならない世の中で、必死に生きざるをえない人間(と幽霊)の可笑しみや哀しみを見事に描いた、全9夜からなる傑作短編集。 (引用元: Amazon)

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ