みんなのランキング

ジャスミンさんの「イタリアといえばランキング」

16 1
更新日: 2020/11/05

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1ヴェネツィア(イタリア)

ヴェネツィア(イタリア)

ヴェネツィア(イタリア語: Venezia ( 音声ファイル))は、イタリア共和国北東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約26万人の基礎自治体(コムーネ)。ヴェネト州の州都、ヴェネツィア県の県都である。ヴの表記によりベネチアと表記されることもある。 中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」・「水の都」などの別名をもつ。英語では「Venice」と呼ばれ、これに由来して日本語でもヴェニス、ベニスと呼ばれることもある。

水の都

街並みもカラフルできれいなので魅力あふれる都市。船に乗って美しい水路の景色の中を移動するのは最高の眺めだと思う。

2ナポリピッツァ

ナポリピッツァ

ナポリピッツァは、イタリア料理のピザの一種。イタリア語では Napoli Pizzaや、Pizza Napoletanaと表記する。 文字通りナポリのピザと言う意味だが、ナポリでは伝統的なピザの材料や製造方法が「真のナポリピッツァ協会(Associazione Verace Pizza Napoletana)」と「ナポリピッツァ職人協会(Associazione Pizzaiuoli Napoletani)」により定められている。日本でもナポリピッツァの専門レストランなどがある。 ナポリピッツァの特徴のひとつに、コルニチョーネがある。コルニチョーネはピザの縁の部分のことで、ナポリピッツァでは厚く、空気が熱で膨張して風船のように膨らむ。

3パスタ

パスタ

パスタ(伊: pasta)はイタリア語でマカロニ、ペンネ、スパゲッティ、ラザニア、などの食品の総称である。イタリア料理の主要な要素のひとつ。主な原料は小麦粉(特にデュラム小麦)で、他に水、塩、鶏卵などが用いられる。 パスタは大きく分けると2種類に分類でき、マカロニに代表される小型のショートパスタとスパゲッティに代表される麺状のロングパスタがある。他に団子状や板状のものもある。 イタリアには地方独特のものも含め650種類ものパスタがあると言われており、毎年のように新しい種類が発表されている。乾燥パスタが多く市販されているが、家庭で生パスタを手打ちすることも出来る。

4トレヴィの泉(イタリア)

トレヴィの泉(イタリア)

トレヴィの泉(トレヴィのいずみ、イタリア語: Fontana di Trevi)は、ローマにある最も巨大なバロック時代の人工の泉(噴水)である。ローマでも有数の観光名所として賑わっている。トレビの泉、トレドの泉とも呼称される。 ポーリ宮殿(Palazzo Poli)の壁と一体となったデザインで、中央に水を司るネプトゥーヌス(ポセイドーン)が立ち、左に豊饒の女神ケレース(デーメーテール)、右に健康の女神サルース(ヒュギエイア)が配置されている。これら池全体の造作はニコラ・サルヴィ (Nicola Salvi) の原案でピエトロ・ブラッチ (Pietro Bracci) が制作した。

5コロッセオ(イタリア)

コロッセオ(イタリア)

コロッセウム(ラテン語: Colosseum, イタリア語: Colosseo コロッセオ)は、ローマ帝政期に造られた円形闘技場。英語で競技場を指す colosseum や、コロシアムの語源ともなっている。建設当時の正式名称はフラウィウス円形闘技場(ラテン語: Amphitheatrum Flavium)。現在ではイタリアの首都ローマを代表する観光地である。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング