みんなのランキング

たけぼうくるくるさんの「児童文学ランキング」

00
更新日: 2020/12/12

ランキング結果

子供の頃に自分が読んで、強く印象に残っている。

楽をするために魔法を使い、自分だけではどうしようもない状況に追い込まれてしまったまほうつかいの弟子の失敗ぶりが面白く感じると同時に「自分ももしかしたら同じことをしてしまうかもしれないな…」と子供ながらに思い、その時ちょうど「自分で!自分で!」となんでも自分でやりたがる時期だったのでなおさら恐ろしくなり、自分の言動に気をつけようと思わされた本です。数年経ったあとでもその時の記憶がよぎるので、たまに読んで背筋を伸ばしています。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる