みんなのランキング

格安SIM(シム)人気ランキング!MVNOでみんながおすすめするキャリアは?

LINE MOBILEUQ mobileY!mobile楽天モバイルmineo

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数10
投票参加者数20
投票数71

みんなの投票で「格安SIM人気ランキング」を決定!ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリア(MNO)から、モバイル回線を借りて通信サービスを提供する“格安SIM(MVNO)”。月額の利用料が安いだけでなく、大手携帯会社に劣らない回線速度と安定感や、幅広い料金サービス・オプションでも人気を集めています。家族向けの割引プランがある「IIJmio(みおふぉん)」や、動画再生の通信量が節約できる「BIGLOBE(ビッグローブ)モバイル」などをはじめ、注目の格安スマホサービスが大集結!あなたがおすすめする、格安シムを教えてください!

最終更新日: 2020/12/05

ランキングの前に

1分でわかる「格安SIM」

そもそもSIMとは

携帯電話やスマートフォンの普及に伴い、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアよりも月額料金が安い“格安SIM”や“格安スマホ”が注目を浴びています。SIM(Subscriber Identity Module)とはスマホの中に入っている小さなICカードのこと。契約した携帯電話会社から発行され、携帯番号や加入者の情報が記録されています。また、SIMカードのない端末は通話やデータ通信が一切できません。そして格安スマホとは、格安SIMを提供する事業者で購入したSIMカードと端末のセットを指しています。

なぜキャリアよりも安く使えるのか

格安SIMを提供している会社は、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼ばれます。自社の通信網を持たずに、ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリア(MNO)からモバイル回線を借りて通信サービスを提供します。そのため、サービスを提供するのに必要な設備(基地局)を持つ必要がなく格安で利用できるということです。実店舗を持たないところが多く、設備費や人件費がかからないことも安くサービスを提供できる理由となっています。

格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMのメリット

毎月の利用料が安い以外に挙げられる魅力が、料金プランの切り替えが自由自在なこと。都度何GBまで通信できるかの上限を細かく設定し、高速・低速通信を変更することでさらに節約できます。そして、契約期間のしばりも大手携帯会社よりゆるやか。大手キャリアは2年しばりの定期契約が多く、規定の期限以前に解約すると解除料が発生してしまいますが、MVNOのほとんどは6ヵ月から1年という短い“最低利用期間”を設けているのみで、この期間以降は解除料が発生しません。

格安SIMのデメリット

安く使える一方で、デメリットも存在します。回線の混雑に弱く通信速度が遅い、auかんたん決済やd払いなどのキャリア決済が使えない、LINEのID検索ができないなどがあります。また、格安SIMを使うには、SIMロックが解除されている端末もしくはSIMフリーの端末が必要です。初心者のなかには、自分が使っている端末が、どの格安SIMで使えるか判断がつかないという人も多く見られます。

代表的な格安SIMのサービスを紹介

通信速度重視なら「Y!mobile」「UQ mobile」

Y!mobile

Y!mobile
(引用元: Amazon)

大手キャリアと同じくらいの通信速度を求める人からは、「ワイモバイル(Y!mobile)」や「UQ mobile」などが支持されています。「ワイモバイル(Y!mobile)」はソフトバンク回線のすべての周波数を利用することができ、「UQ mobile」は通信速度に定評のあるau回線(KDDI)を利用しているため、速く安定した通信が可能です。

サービスが充実した「mineo」「IIJmio」「BIGLOBEモバイル」

mineo

mineo
(引用元: Amazon)

料金をさらに安くできるサービスやオプションを幅広く展開している格安SIMも大人気です。トリプルキャリア対応で家族・友達とパケットをシェアできるオプションが充実している「mineo(マイネオ)」、ファミリー向けの通話割引きプランがある「IIJmio(みおふぉん)」、YouTubeやAbemaTVといった動画サービスの通信量がカウントされない「BIGLOBE(ビッグローブ)モバイル」などがあります。

関連するおすすめのランキング

携帯キャリアランキングはこちら!

携帯キャリアランキング

人気のスマホメーカーもチェック!

スマホメーカーランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、格安SIM(MVNO)と呼ばれる通信サービスが投票対象です。「mineo(マイネオ)」や「LINEモバイル」のように、あなたがおすすめする格安SIMに投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

安定の回線速度!

格安シムのなかでも特に回線速度は早い!
安定した回線速度なので、少し高くてもいいから通信速度の速さが重要な人におすすめ。

若干他の格安シムサービスよりもお値段高めですが、新規割り(月額¥700引き)、家族割り(¥500)にするとお得に使えます!!
またワイモバイルはソフトバンクグループなので、家のネット回線をソフトバンクのものにすれば、他の格安シムサービスと同じぐらいの値段で使用できますよ〜〜!

金額が一番安く感じた。

Yモバイルは通信速度が安定しているのとスマホベーシックプランMなら、毎月9GB使えて料金は3,680円
また、10分以内の国内通話は全て無料になので電話をたくさん使用する私からするととてもお得!

szk

szkさん

1位に評価

分かりやすさ

格安シムの中でも実店舗があり、対人で接客してくれる為、不安な事もその場で聞く事ができる安心感がある。
あと、ギガを使い切っても通常の動画視聴や、ネットサーフィン等は無理なく行えるところ。

コメントをもっと読む

通信速度が安定している

格安SIMのデメリットとして、通信速度の遅さが挙げられますが、UQモバイルはどの時間帯であっても安定した通信速度です。スマートフォンの利用が増える夜の時間帯であっても、イライラさせられる頻度はかなり少ない印象です。キャリアの方が通信速度が速かったなーと思ったことは、私自身一度もありません。いくら料金が安いとはいえ使えなければ意味がないので、UQモバイルに関しては優秀な格安SIMといえるでしょう。また10分かけ放題が700円で使用でき、月々の料金もかなり安く抑えることが出来るので、ここも魅力です。通話の頻度が少ない方であれば、10分かけ放題で全然良いと思います。長くなりそうなときは、10分毎に切ってかけなおせば良いわけであって…

KIRIN

KIRINさん

1位に評価

auからの切り替えにオススメ

都市部での各時間帯における通信が格安SIMの中でトップクラス。通信が混雑する夕方や夜間でも、問題なく通信できています。auユーザーであれば、端末のロック解除が不要なのでら切り替えの手間も省けます。

れい

れいさん

1位に評価

圧倒的な通信速度

UQモバイルの良いところといえば何といっても「通信速度」だと思います。他社の格安simだと正午過ぎは通信が遅くなりますが、UQモバイルは遅くなることがなく快適です。

コメントをもっと読む

縛りなし

解約金や最低利用期間の縛りがなく、1年間月額料金が無料となるのは大きなメリットかと思います。1年間無料で使えるので、試しに格安SIMに乗り換えてみようかなーという方にも自信をもってオススメできます。また大手キャリアの場合、かけ放題は約2000円ほどのオプションサービスになっておりますが、楽天モバイルでは最初からプラン料金に含まれているのでかなりお得です。楽天のかけ放題を利用するには、Rakuten Linkという専用アプリを使って電話をかける必要がありますので、若干使いにくさはありますが、これを考慮しても契約する価値はあると思います。

KIRIN

KIRINさん

2位に評価

違約金や最低使用期間がない

どの携帯会社にも2年縛りや解約月があるけど
楽天モバイルはいつ辞めても料金がかからない為
自分に合わないと感じたら直ぐに他者に乗り換える事が可能

1年間無料

1年間無料でかつ、料金設定がシンプル。2980円でデータ無制限で使い放題なのも今までの携帯会社にはない感じがする。

コメントをもっと読む

SNSが使い放題

スマホを持っている日本国民ほぼ全員が使っているメッセージアプリ・LINEによる格安シムサービスが、このLINEモバイルです。
本田翼ちゃんが踊っているCMでおなじみですね(可愛すぎて反則、ペナルティッキッスいくよ・・・)。
動画や音楽のストリーミング再生が盛んになった昨今、SNSにも動画による投稿が増えてきているので嬉しいプランです。スマホのデータ通信量の配分を確認してみると、ほとんどの割合をしめているのがSNS。それが無制限なのは神。
お昼や夕方は、若干回線スピードが遅くなりますが、正直それほど気にならない程度です。勤務先や学校、家でWi-Fiが使うことができて、Wi-Fi環境が無い通勤中や外などでYou Tubeを見なければ月3GBのプランでも十分。自分は電話もほとんどLINEなので、月々の使用量¥2700〜3000ぐらいで収まっています。

【特徴】
SNSが使い放題であること。FacebookやTwitter、Instagramのデータ通信量無制限です。コースによっては月額制音楽聴き放題サービスのSpotifyもデータ量を気にせず使うことができます。また、LINEやLINEミュージックといったLINE関連のサービスのデータ通信料も無制限で使えます。

【回線】
ソフトバンクとドコモの回線を使うことができます。地方によって差はありますが、ソフトバンク回線の安定度が近年高まってきています。

【こんな人におすすめ】
・LINE、Facebook、Twitter、Instagram、Spotify、LINE MUSICをよく使う人
・You Tubeは基本Wi-Fi環境で観る人
・電話回線をほとんど使わない人

kenzan

kenzanさん

1位に評価

SNS使いまくる人におすすめ!

LINE系のサービス(LINEやLINE MUSIC)、インスタグラム、フェイスブック、ツイッターがデータ通信量無制限で使えます! SNS使いまくる若者向けのプランかもです!

コミュニケーションフリープラン!

LINEモバイルの良いところはLINE使用時の通信が無制限にできることです。友達からLINEで送られてきた動画を通信容量気にせず見ることができます。

コメントをもっと読む

サポートが充実

サポートが充実している。公式のサポートのほかに、マイネ王という利用者が交流できるサイトがあり、そこでわからないことが質問できるので、たいていのことは解決できてしまうので安心して利用できる

miku

mikuさん

1位に評価

通信速度

ユーザーで通信速度を選択でき、低速の場合は従量カウントされないため、一月500円のプランでもそれほどストレス無くやり繰りできてしまう。

トリプルキャリア対応

大手3社全てに対応しているため、乗り換えも安心できます。

サポート

新プランがでたJ:COMモバイル。1G980円と使いやすく10Gの契約をすると容量オーバーしても1Gbpsの速度で使える。

ミュージックカウントフリー

ミュージックカウントフリーを申し込めば音楽アプリの通信容量を気にする必要がなくなります。

YouTube見放題

動画を沢山見るなら絶対に!
動画はギガ数減るのが早いがBIGLOBEモバイルなら
YouTubeをいくら見ても大丈夫。

オプション

エンタメフリーオプションによる、YouTubeギガカウントフリーはすごい。

意外と知られてないが迷うならこれを選ぶ

IIJmioはあまり知られてないが、ドコモの回線を使っているだけあり繋がりやすいし料金は安いのでおすすめ

シンプル

プランがシンプルなので選びやすいです。

とにかく安い

お値段重視ならこちらのsimかなと思います。イオンで買い物する方ならWAONポイントも貯まりやすいです。通信の安定性は値段に見合った程度ですが。

れい

れいさん

3位に評価

コスパが良い

埋没しがちだが通信プランは結構お得感がある

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

携帯キャリアランキングはこちら!

携帯キャリアランキング

暮らしのサービスに関するこちらもチェック!

日本の銀行ランキング

世界の航空会社ランキング

日本の航空会社ランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ